So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

メルセデス・ベンツ 新型 Vクラス 試乗 [タクシー]

メルセデス・ベンツ 新型 Vクラス 
V220d AVANTGARDE Extra- long(アバンギャルド ・エクストラロング) を試乗した。


先日、羽田空港構内で友人のハイヤーが信号待ちで横になった。お客様のお迎え後で実車中だ。こちらはお客様降車後。30分後メールが来た。何やらベンツのミニバンを試乗しに来ないかというのだ。

いわゆるミニバンとは室内の座席が3列シートで6人~8人乗りが主流。このベンツV220dは、セカンドシートが2座席で7人乗り。(2・2・3の配置)エンジンの主要諸元は次の通り「BlueTEC」ターボチャージャー付 直列4気筒 DOHC 直噴ディーゼルエンジン/総排気量:2142cc/使用燃料:軽油/最高出力:163ps(120kW)/3800rpm/最大トルク:38.7kg-m(380N・m)/1400-2400rpm

視界は広く運転はしやすい。黒のシートは革張りで豪華。直ぐに感じたのはアクセルペダルが重く感じたことである。クラウンに慣れているからだと思う。友人に言わせると「これでも軽くなった―」と言う。未だ2万数千キロしか走行していない新車であり、このVシリーズに限らずベンツ車に共通しているのだろう。ディーゼルターボだが、ロングボディで車重が重いためか強烈なトルク感は感じなかった。そもそも試乗ではあまりアクセルを踏み込める道路状況ではなかったので。車雑誌のweb版での試乗記ではパワフルだと記述されている。
個人タクシーでこれを使うなら観光がいいだろうね。私のように流し営業には無用の長物である。おまけに、全長5,380mmだからうちの車庫には入らない。

スライドドアを開けると後部座席のセカンドシートは運転席・助手席と同じように独立した2座席が設置されている。それぞれリクライニングが可能な革シートで快適な座り心地である。そしてクラウンなどの乗用車タイプにはない広々とした空間を感じることが出来る。この余裕の空間がミニバンの強みで人気の所以であろう。この快適さを知っているお客様は迷わずミニバンを選択するに違いない。
日本のタクシー車両も定番だったトヨタ・コンフォート、クラウンセダンから次世代車両として“ジャパン・タクシー”が投入される。車室内が高く車椅子に乗ったままでも乗降が出来るUDに特化した車両。日産のNV200もそうだ。このミニバンタイプが主流になりお客様に受け入れられるだろう。セダンタイプは色褪せる時代が到来する。

※参考:http://www.webcg.net/articles/-/34016

B0x.jpg

B1x.jpg

B3x.jpg

IMG_4230x.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

首都高横浜北線を走る [タクシー]

kita.png



先日、今年の3月に開通した首都高横浜北線K7を初めて通りました。銀座でご乗車頂いたのですが、お客様も初めて通るらしく所要時間が早いのではないかというので行ってみることになりました。第三京浜の都築ICで降りて欲しいというので汐留から乗って横羽線下り生麦JCT→港北JCT→都筑ICである。


ネットで調べるとこの横浜北線には通称名が付けられていて“きたせん“というらしい。横羽線下りの生麦JCTには元々湾岸線の入口があるが、その直ぐ手前に入口が作られた。この入口が出来たため、湾岸線に入る時に「どっちが湾岸線入口!?」と一瞬だが迷ったことがある。うっかり間違うと大変なことになりますね。


第三京浜の都築で降りて約1km走り目的地に着くと、お客様はタクシーメーターを見て言った。「結構出ましたね!」

私も「出ますね〜」

運賃は1.5万で高速代金は1270円。合算で1.6万を超えた。これは東戸塚辺りに行った額と同じくらいではないかな。だいぶ遠回りだ。どうだろう、首都高用賀で降りて第三京浜都築ICだと1.2~1.3万くらいではないだろうか。地図を見て検証してみると、横羽線は海側に大きくふくらみ走る。生麦JTCからは内陸部側に戻り港北JTCから都筑ICまでは更に2km戻る。メーターが出るわけである。


この横浜北線、注意しなければならないのは、第三京浜の港北ICでは降りられないこと。新横浜辺りに行くには手前の新横浜出口で降りなければならない。その他出入口として馬場出入口(東横線の菊名駅と妙蓮寺駅の間、綱島街道付近)と生麦出入口がある。

by Club-Taxi.com

安倍首相出席で国会の閉会中審査 [政治]

安倍首相出席で国会の閉会中審査なるものが始まった。
参考人で前文科省事務次官前川氏の答弁に対して和泉首相補佐官は「言っていない」と強調し反論した。結局は言った言わないの堂々巡りで終わるのだろう。証拠もないのだから水掛け論である。

 野党は安倍降ろしのためにメディアと一緒になって結論の出ない政治ワイドショーを意図してやっているだけだ。 いつ迄国会はこの様な情けない事をやっているのであろうか。政治レベルが低過ぎる。元凶は野党とメディアにあると言えまいか。成熟した政治が出来ない情けなさを強く感じる。

安倍内閣の支持率が危険水域に突入したが、本当に安倍首相の首を挿げ替えてよいものか?国民にも問いたいところだ。オリンピックまでやるべきである。今のところ安倍さんに替わる逸材の政治家はいないであろう。国際政治の舞台で対外的にもよくない。またころころ替わる恒例の日本の国家元首ということで、国家としての信用度がガタ落ちである。こんなくだらない首相の意向、忖度が有ったか、無いかで国家元首が降りることになれば笑止千万で世界各国からも馬鹿にされるであろう。我が日本国を憂うばかりだ。




素晴らしい女性ドライバー [タクシー]

・・・唸るほど運転が上手い。

つい先ほど目黒の友人宅で酒池肉林のご馳走になり、運動不足の解消にと歩いて帰ろうと思ったが、夜勤明けでもありこの熱風に耐えられず思わずタクシーを拾った。


ん!気が付いたのは、まだ若いと思われる小さな可愛い女性ドライバーだった。乗車時もさわやかに「こんにちは!」ルートを説明するたびに「かしこまりました!」という返事。運転もハイヤー並の乗り心地。どこの会社かと思ったら小さなタクシー会社。しかもクラウンセダンのまだ新しい車だ。この会社の車はたまに乗るがこんな気持ちのいい運転手さんに巡り会うのは初めてで、このクラウンセダンも初めてである。大概オヤジの運転手ばかりで車両はくたびれたコンフォート。

運転が上手いと思ったのは、ブレーキングもさることながら交差点の右折時も余裕を持って、無理な右折はしない。一時停止でもきちっと停止する。男はどうしても無理をしたり雑な運転になるんだよね。


改めて女性ドライバーの良さを感じたところである。直勤務で4年もやっているというのだから大したもんである。接客良し、運転良し、車内も女性らしい香りでさわやか。恐らくお客様からの評判も良いだろう。これだもいい車に乗せてくれるわけである。

やはり女性は性格的にも受身であり運転も穏やかに走らせる。タク業界は、女性ドライバーをもっと増やすべきである。男性よりも賃金を上げて人材を確保し、運転手の質を高める事も必要ではないだろうか。


いつも飲んで帰る時はタクシーを利用する。同業者なので必ずチップを渡すようにしているが、勿論今日も気持ちが良かった分受け取っていただいた。

by Club-Taxi.com

招かざる客 [タクシー]

午前8時58分。ここは第一京浜(国道15号)上り線品川駅すぐ手前辺り。若い奥さんに手を挙げられた。タクシーを止めると、旦那さんとお子さんがキャリーバッグを引いて現れた。朝のラッシュで人も車も大混雑の品川駅前。後ろから来る車に気を付けてキャリーバッグをトランクに積んで運転席に戻った。

「時間がないのです。飛行機に乗り遅れるかも知れません。15分で羽田空港に行ってください!」

旦那さんに告げられた。落ち着いた口調ながらも切迫した様子で悲壮感さえ伺える。

私は「15分!それはちょっと厳しいですね。」

驚きを隠せず返答した。朝の一番混んでいる時間帯である。

招かざる客のご乗車かも知れない。しかし、私の頭を過ぎるのは金だ。(笑)羽田まで4千円は出る・・・請け負うことに決めた。というより請け負わざるを得ないであろう。トランクに荷物も積み、お客様もどっかりとシートに座っているのだから強制みたいなもんである。出来る限り急いであげよう。最善のルートは青物横丁経由で湾岸R357に入り首都高湾岸線大井南から入り行くことにした。品川駅手前でUターンして向かった。

タクシーの走らせ方については、ここでは控えておこう。久しぶりに韋駄天で行くことになるからである。いかんなくクラウンハイブリッドのパワーを活かせるだろう。急かされて、大きなリスクを負ってまで急がなくてもいいのだが、楽しい家族旅行のようである。何とか間に合うようにとどうしても心情的になり人情が働く。制限速度で走っても苦情にはならないだろうが、そうもいくまい。これは自分の器量をわきまえた上での判断である。


旦那さんは航空会社に遅れる旨の電話をしている。搭乗20分前を切るのはやむを得ない。

この旦那さん中々しっかりしている。入念に最良の一番近い搭乗出入り口等を確認している。

「運転手さん、エントランスはCに着けてください!」


無事指定時間15分で到着した。

「間に合います。ありがとうございます!」の言葉に安堵した。奥さんが、他のタクシーだったら間に合わなかったかも知れないと仰ってくださったのが何よりで嬉しかった。タクシー運転手冥利に尽きる。しかし、これが毎度の事であれば身が持たない。よくあるお寝坊のための出勤等で急かさせれても抑えて走る。今回は招かざるお客様に情が動かされてしまった。

by Club-Taxi.com

はんかくさい運転 [タクシー]

「はんかくさい」とは北海道弁で人を叱責したり罵倒する方言です。

先日早朝、営業中に南青山の根津美術館から表参道方面に走行し、表参道交差点で信号待ち停車(先頭で)しました。交差点右斜め前方を見ると四社のタクシーが右折レーン(原宿方面)で停止しているのが見えました。(外苑方面から来て表参道を右折)
ところが・・・突然、ハンドルを左に目いっぱい切り三車線を跨いで交差点左側にいたお客さんを拾ったのでした。信じられない光景を目にした。右折レーンにいたのに三車線を跨いで横断歩道沿いに横断したわけです。交差点の向こうには交番もあるというのに。いくら早朝とはいえ、その無謀さには呆れてしまいました。交通違反と事故の危険を冒してまで客を拾う必要があるのか!?

これは朝の出勤時間帯です。玉川通り(246号)を渋谷駅方面から来て「神泉」交差点手前で左折ウインカーを出して前方左折一般車3台の後ろにいました。信号機が青なので横断歩道は出勤する人々が行き交っています。ところが、先頭左折一般車の少し後ろで二重左折をかましている法人タクシーが見えました。
「何だあいつは?実車で道でも間違ったのか!?」
そう思っていたら、歩行者用信号が赤に変わり先頭車両が左折を始めました。そして二重左折でかましているタクシーが無理矢理2台目の前に入り停車しました。よく見るとそこにはキャリーバックを持った女性のお客さんがいたのです。いやはや、その強引さには呆れてしまいました。それに、そのお客さんは本来であれば、私が拾うことになるであろうお客さんです。(笑) これも交通違反は当たり前ですが、場所と時間をわきまえよと言いたい。朝のラッシュ時で交通量の多い人々が行き交うあの交差点で、これも、そこまで危険を冒してお客さんを拾う必要があるのかである。交差点で直進レーンにいながら、一般車に二重左折をかます勇気はないな。根性すわっとるよ。ここは白バイも多いところだからね。

個タクもはんかくさいのが多いが、最近は法人タクのはんかくさい運転が多く目に付きます。




新手の詐欺か― [タクシー]

営業中、釣り銭箱を整理していると100円玉の新硬貨が・・・
新しい100円硬貨かと思いきや、外国の硬貨が。
朝鮮人乗せたかな!?(笑)


韓国の方ですね。100ウォン。間違えて日本の100円硬貨と一緒に出したのだろう。為替レートは日本円で10円。90円徴収出来ず詐欺にあったようなもんだ。(笑)
確認しない私が悪いですね。表は何となく日本硬貨に見えてしまう。日本硬貨の100円玉と比べると外径が少しばかり大きい。


赤坂辺りで韓国の方にご乗車頂いたら、お釣りで受け取ってもらおうかな。(笑)

IMG_3848.JPG



IMG_3850.JPG




by Club-Taxi.com


安倍政権が窮地に [政治]

都議会議員選挙は自民党の惨敗で終わった。
都民ファーストが圧勝し、自民党が順当に大敗するのは予測できたのではないだろうか。豊洲市場の盛り土問題で都議会自民が責任を問われたようなもんだが、馴れ合いでやってきた都議会公明が自民と袂を分かち、都民ファースト側に付いたのには驚いた。その風見鶏ぶりには呆れてしまう。責任逃れに見えてならない。盛り土問題での移転延期で莫大な都税が無駄になっている。この責任は都と都議会にあるが、それが有耶無耶に消され忘れ去られるだけなのか。会社であれば大変なことであろう。個人が責任を問われ会社も存亡の危機だ。それが公務員、政治家ともなると責任を取らない。有耶無耶にして終わるだけである。

とにかく先の国会は、酷かったの一言である。森友学園、加計学園問題で野党の追及ばかりで実りある議論は皆無だった。森友学園問題で終わると思ったら加計学園問題。これは安倍総理の意向に決まっているではないか。評論家の田原総一郎さんは、あの元小泉首相を引き合いに出し、最初から総理の意向だと言えば良かったのではないかと。隠すから、こうなったと。いずれにしても安倍さんの驕り、身から出た錆とも言える。
私も陰ながら安倍さんを支持してきたが、支持率逆転で暗雲が立ち込めてきたようだ。しかし、自民党に替わる政権担える政党が見当たらないのが現状だ。




脳MRI健診の診断が出る [タクシー]

MRI12.jpg

先日、脳ドックいわゆる脳MRI健診を受けた診断が出た。
健診から1週間も経たずに結果が自宅に郵送されてきたのは非常にスピーディである。幸いにも異常は診られなかった。健診当日、院内の掲示板には過去に個人タクシー事業者が受診して4件の異常箇所を発見して予防したという記事が貼られていた。お客様の生命を預かるプロとして、これはやはり受けておかなければならない健診であると思った。万が一営業中、運転中に意識を失えば、重大な事故に繋がる危険性がある。プロドライバーの健康起因による重大事故が問題になっている昨今である。人様に迷惑を掛けないためにも、これだけは肝に銘じておきたいところだ。それが個人タクシーの自己管理でもある。

診断書のコメント欄に「年齢に差はありますが1~3年毎の脳ドック検査をお勧めします。」と記述されている。また時期が来たら受診しようと思います。


以下は脳MRI健診の概要です。

・頭部MRI(頭部全体を5.5~6.0mm間隔で19スライス撮影)

 全方位的に脳腫瘍、脳梗塞などの病変の場所、形や広がりを特定できます。
 主に脳腫瘍、脳梗塞の発見に役立ちます。


・頭部MRA(ウィリス動脈輪中心に0.6mm幅で約150スライス撮影した画像を再構成)
 血管のみを立体的に抽出する検査で、血管の様子がわかる立体画像を表示することが可能です。
 血管のみを抽出することで、血管の狭窄や梗塞などによる血流異常、くも膜下出血の原因となる
 脳動脈瘤の有無などが一層わかりやすくなります。
 主に、くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤など脳内血管障害の発見に用いられます。


by Club-Taxi.com

お客様の予見 [タクシー]

深夜の歓楽街。
ほろ酔い加減の中年男性2人が乗り込んできた。風俗店に行ってきたらしい。オッパイパブというところに行ってきた話をしている。何でも時間制限で女の子のオッパイをモミモミできるらしい。
いい歳こいてよくそんな店に行くなと感心する。若い頃は私も友人に連れられて行った記憶があるかな!?(笑)
エロ話に聞き耳を立てながら真面目な顔をして運転していると・・・
「運転手さん!オッパイ好きですか?」と問われた。
大きな声で「はい!大好きです!」と応えた。(笑)
「そうだよなぁ~」うける。

連れの男性が降りた後、豊洲市場を横目にお客様と景気の話になった。東京オリンピックが終わると必ず景気が悪化すると予見された。これは、これまで各国で開催されたオリンピックで実証済だ。日本も同じになるという見込みの予見だ。「日本はもう構造的に無理なんだよね―」人口減少、少子高齢化、労働者不足、社会保障制度問題、etc。これらの構造的な問題を解決しない限り景気の好循環は厳しいという見解である。なるほど頷ける内容である。

目的地に着いた。ここは相当な金持ちが利用する会員制高級ホテルだ。オッパイパブとこのギャップ、更に景気の予見にただならぬ人物と私は観た。(笑)




前の10件 | -