So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

個人タクシー質の悪さがいまだに目立つ [タクシー]

書き入れ時の昨晩午前2時過ぎ

東京駅八重洲口外堀通り。降り続いた雨は一時的に止んだ。

道端で立ち話をしていたOLさん1人に乗車を申し込まれた。

「中野富士見町にお願いします!」

「はい!かしこまりました。」

「えっ、運転手さん、よく知っていますね。」

「そうですか!?個人タクシーですから・・・」

「この辺で乗るタクシーの運転手さんは、皆さん知らないのですよ。エリア外なんですかね。」

「そんなことありません。会社のタクシーですか?」

「いいえ、いつもあそこから乗る時は個人タクシーばかりです。」

「そんなはずありません。個人タクシーで中野富士見町を知らない運転手はもぐりですよ。知らないはずはありません。」

このあと、私はタクシー運転手の営業実態や諸事情諸々を滔々と語ることになった。


「こう言ってはお客様に失礼になりますが、行きたくない場所だから知らないと言うのです。女性だからってなめていますね。」


客を差別的に見てなめた口をきく雲助個人タクシーの実態である。外堀通りに付けていたのだが、このお客様が来られる前に目撃したのは、東個協所属の個人タクシーの乗車拒否である。私の前方数台先に付けていたその個人タクシーにTシャツ姿の若者が乗車を申し込み乗り込んだが、どうゆう訳か閉めたドアが開いてお客様が降りてきて、真後ろにいた提灯の個人タクシーに乗車された。乗車拒否をした東個協の個人タクシーは罰が悪いのか逃げるように走り去った。情けない光景をまた目にしてしまった。こんな連中のどこが優秀な個人タクシーなのだろうか。余りにも質が悪過ぎる。人間性が問われる問題である。質の悪い法人タクシーの運転手が個人タクシーに流れてくる。この悪しき流れを遮断しなくては一向に質が改善されない。東個協も組合加入時において、面談を行うなど不適正営業について厳しく釘を刺し、誓約書に一筆署名させるなどの措置を講じてもらいたい。



nice!(0)  コメント(0) 

先日乗ったタクシー [タクシー]

先日乗ったタクシーだが、これはまずいなと思った。
タクシーを止めて乗り込むとラジオの音が聴こえる。
よく見ると車外品のカーナビにテレビがつけっぱなし。運転手は一向に消す気配は無い。

私は目的地を告げなかったが、曲がるポイントに近づくと「そこを左折、右折」などと指示を出した。たまに「二つ目の信号が目黒通りなので、そこを左折して次の信号を右折してください」と告げる。運転手は「分かりました」と返事をする。しかし、それが頭に入っていなかったのか、曲がるポイントに差し掛かると「どっちですか?」と訊いてくる。おいおい、ついさっき説明したはずだが・・・。テレビの音を聴いていて忘れたのか!?そう思わざるを得ないまずい接客である。


テレビなんかつけているから、そう思われて苦情に発展する。マイナスイメージが増長するのである。タクシーはお客様が乗り込んで来たときの最初の挨拶で運転手の印象が決まる。その印象が悪いとちょっとしたミスをした場合などで苦情に発展してしまう場合がある。だいたいラジオならまだ分かるが、テレビはまずいだろう。運転しながら、テレビを観ていると思われてもしかたがない。ラジオだって駄目である。実車中は、お客様につけてくださいと言われる以外は車内を無音に保つのが基本。街の中華屋じゃないからね。


個人タクシーの苦情にも同じようにテレビをつけていたとかラジオの音などで苦情が入った例を聞いている。運転手はこのくらい大丈夫だろうとやっているのだろうが、お客様の中には静かにタクシーに乗りたいという人もいるのでやはり車内で音を出すのはご法度だ。タクシー会社の中には社員教育、管理の緩い会社もあり自分本意のいい加減な接客をしていた乗務員が個人タクシーに流れてくる。結果的に長年の自己流の接客で苦情になるわけである。

by Club-Taxi.com

nice!(0)  コメント(2) 

心打たれる行動 [世間話]

cosmo.jpg


早朝のことである。
実車で第三京浜道路の川崎ICに向かっていた。多摩川を渡るとカーブに差し掛かるが走行車線にタンクローリーがハザード上げて停車しているではないか。こんなカーブの場所で危ないではないかと目を凝らすとタンクローリーの直ぐ前に帽子を被った老人が歩いているではないか。故障でもしたのか、事故か!?タンクローリーの前には車がいない。タンクローリーの運転手は乗車していてトロトロとローリーを動かしている。

はてな!?頭を巡らせてみた・・・ 分かった。推測だが恐らく痴呆症の老人が第三京浜道路を歩いているのである。理解出来た。タンクローリーの運転手が歩行している老人を後ろから大きな車体で保護しているのだ。後ろから来る車に轢かれないように。

私のタクシーにご乗車のお客様は川崎ICを降りて直ぐのところで降車された。帰り道、川崎ICから上り線に入ると反対車線には先ほどのタンクローリーとその前方に老人が悠々とまだ歩いているのが見えた。やはりそうだったか。間違いない。そして、後方からパトカーではなく事故係のワンポツクスカーの警察車両が赤色灯を回して来ているのがわかった。その後には道路公団の黄色のパトカーも来ている。

タンクローリーの運転手さんが110番通報したのだろう。老人は路側帯を歩行しているが、ここは自動車専用道路で制限速度も80㎞なので高速道路と何ら変わりはない。人が歩行するのは極めて危険である。パトカーが来るまで老人の命を守り保護をしたタンクローリーの運転手さんの取った行動に感動した次第である。素晴らしいの一言。心温まるシーンを目撃しました。コスモ石油のタンクローリーでした。 タンクローリーの運転手さんはもちろん業務中でしょうが、やはり空荷にではないのかと考えてしまいました。もし、積荷を積載しているとガソリン等の危険物ですから追突されると大変な事になる。この様な行為はしないかも知れない。




nice!(0)  コメント(0) 

都心かローカルか― [タクシー]

私鉄沿線のローカル駅で営業をしている後輩(個タク)がいる。タクシー乗り場が無い駅である。ローカルといってもJR山手線等の大きな駅と比較して小さいという意味と都心から離れた地域を指す。 JRであれ私鉄であれ地域によって乗降客数の多さで駅の規模も様々であり、そこには歓楽街が必ず在る。後輩が営業しているその駅周辺には閑静な高級住宅街も在ることから富裕層も多く家賃も高い地域である。歓楽街の規模は大きくはないが、飲食店は多い。

先日、後輩はここから群馬県の高崎に行ったと驚きの表情で私に語った。高速料金込みで4.3万円だという。また、ここで同じく営業をしている他の個タクも高崎に行ったという。後輩も他の個タクも車はコテコテの年季が入ったセドリックLPGにコンフォートである。ここの個タク連中は一晩で幾らの売り上げをやっているのかは知らないが4万もやれば極上の出来ではないのか!?(笑)それでは私もその恩恵に預かろうとなるが、そんな気は毛頭無い。ここに居座って営業していれば売り上げが伸びない懸念がある。しかし、そうとも限らない。都心の歓楽街は多くの利用客がいるが、それにも増してタクシーの数も桁外れだ。競争が激しくお客様を拾うのに苦労する。

会社勤めの時は土日祭日でも平日と同じくらいやっていた事を思い起こす。土日祭日の走り方はローカル駅周辺歓楽街で回数をこなす営業である。ローカルからローカルへのはしごをやる。横に走る。もちろん縦にも走る。縦横無尽の営業である。ローカルだって少ないがロングだってたまには出る。平日の都心歓楽街では空車の大渋滞にはまりながら時間を浪費して結局はロングを拾えない事は多々ある。それならばコツコツと細かい仕事をこなす。回数、実車率を上げる。これこそがタクシー営業の基本ではあるまいか。しかし、平日都心歓楽街が閑散としている時は、ローカルもそれに輪をかけて閑散としているのも現実である。




nice!(0)  コメント(2) 

メルセデス・ベンツ 新型 Vクラス 試乗 [タクシー]

メルセデス・ベンツ 新型 Vクラス 
V220d AVANTGARDE Extra- long(アバンギャルド ・エクストラロング) を試乗した。


先日、羽田空港構内で友人のハイヤーが信号待ちで横になった。お客様のお迎え後で実車中だ。こちらはお客様降車後。30分後メールが来た。何やらベンツのミニバンを試乗しに来ないかというのだ。

いわゆるミニバンとは室内の座席が3列シートで6人~8人乗りが主流。このベンツV220dは、セカンドシートが2座席で7人乗り。(2・2・3の配置)エンジンの主要諸元は次の通り「BlueTEC」ターボチャージャー付 直列4気筒 DOHC 直噴ディーゼルエンジン/総排気量:2142cc/使用燃料:軽油/最高出力:163ps(120kW)/3800rpm/最大トルク:38.7kg-m(380N・m)/1400-2400rpm

視界は広く運転はしやすい。黒のシートは革張りで豪華。直ぐに感じたのはアクセルペダルが重く感じたことである。クラウンに慣れているからだと思う。友人に言わせると「これでも軽くなった―」と言う。未だ2万数千キロしか走行していない新車であり、このVシリーズに限らずベンツ車に共通しているのだろう。ディーゼルターボだが、ロングボディで車重が重いためか強烈なトルク感は感じなかった。そもそも試乗ではあまりアクセルを踏み込める道路状況ではなかったので。車雑誌のweb版での試乗記ではパワフルだと記述されている。
個人タクシーでこれを使うなら観光がいいだろうね。私のように流し営業には無用の長物である。おまけに、全長5,380mmだからうちの車庫には入らない。

スライドドアを開けると後部座席のセカンドシートは運転席・助手席と同じように独立した2座席が設置されている。それぞれリクライニングが可能な革シートで快適な座り心地である。そしてクラウンなどの乗用車タイプにはない広々とした空間を感じることが出来る。この余裕の空間がミニバンの強みで人気の所以であろう。この快適さを知っているお客様は迷わずミニバンを選択するに違いない。
日本のタクシー車両も定番だったトヨタ・コンフォート、クラウンセダンから次世代車両として“ジャパン・タクシー”が投入される。車室内が高く車椅子に乗ったままでも乗降が出来るUDに特化した車両。日産のNV200もそうだ。このミニバンタイプが主流になりお客様に受け入れられるだろう。セダンタイプは色褪せる時代が到来する。

※参考:http://www.webcg.net/articles/-/34016

B0x.jpg

B1x.jpg

B3x.jpg

M135.jpg

M436.jpg

M335.jpg


IMG_4230x.jpg


IMG_4225x.jpg

IMG_4226x.jpg



nice!(0)  コメント(0) 

首都高横浜北線を走る [タクシー]

kita.png



先日、今年の3月に開通した首都高横浜北線K7を初めて通りました。銀座でご乗車頂いたのですが、お客様も初めて通るらしく所要時間が早いのではないかというので行ってみることになりました。第三京浜の都築ICで降りて欲しいというので汐留から乗って横羽線下り生麦JCT→港北JCT→都筑ICである。


ネットで調べるとこの横浜北線には通称名が付けられていて“きたせん“というらしい。横羽線下りの生麦JCTには元々湾岸線の入口があるが、その直ぐ手前に入口が作られた。この入口が出来たため、湾岸線に入る時に「どっちが湾岸線入口!?」と一瞬だが迷ったことがある。うっかり間違うと大変なことになりますね。


第三京浜の都築で降りて約1km走り目的地に着くと、お客様はタクシーメーターを見て言った。「結構出ましたね!」

私も「出ますね〜」

運賃は1.5万で高速代金は1270円。合算で1.6万を超えた。これは東戸塚辺りに行った額と同じくらいではないかな。だいぶ遠回りだ。どうだろう、首都高用賀で降りて第三京浜都築ICだと1.2~1.3万くらいではないだろうか。地図を見て検証してみると、横羽線は海側に大きくふくらみ走る。生麦JTCからは内陸部側に戻り港北JTCから都筑ICまでは更に2km戻る。メーターが出るわけである。


この横浜北線、注意しなければならないのは、第三京浜の港北ICでは降りられないこと。新横浜辺りに行くには手前の新横浜出口で降りなければならない。その他出入口として馬場出入口(東横線の菊名駅と妙蓮寺駅の間、綱島街道付近)と生麦出入口がある。

by Club-Taxi.com

安倍首相出席で国会の閉会中審査 [政治]

安倍首相出席で国会の閉会中審査なるものが始まった。
参考人で前文科省事務次官前川氏の答弁に対して和泉首相補佐官は「言っていない」と強調し反論した。結局は言った言わないの堂々巡りで終わるのだろう。証拠もないのだから水掛け論である。

 野党は安倍降ろしのためにメディアと一緒になって結論の出ない政治ワイドショーを意図してやっているだけだ。 いつ迄国会はこの様な情けない事をやっているのであろうか。政治レベルが低過ぎる。元凶は野党とメディアにあると言えまいか。成熟した政治が出来ない情けなさを強く感じる。

安倍内閣の支持率が危険水域に突入したが、本当に安倍首相の首を挿げ替えてよいものか?国民にも問いたいところだ。オリンピックまでやるべきである。今のところ安倍さんに替わる逸材の政治家はいないであろう。国際政治の舞台で対外的にもよくない。またころころ替わる恒例の日本の国家元首ということで、国家としての信用度がガタ落ちである。こんなくだらない首相の意向、忖度が有ったか、無いかで国家元首が降りることになれば笑止千万で世界各国からも馬鹿にされるであろう。我が日本国を憂うばかりだ。




素晴らしい女性ドライバー [タクシー]

・・・唸るほど運転が上手い。

つい先ほど目黒の友人宅で酒池肉林のご馳走になり、運動不足の解消にと歩いて帰ろうと思ったが、夜勤明けでもありこの熱風に耐えられず思わずタクシーを拾った。


ん!気が付いたのは、まだ若いと思われる小さな可愛い女性ドライバーだった。乗車時もさわやかに「こんにちは!」ルートを説明するたびに「かしこまりました!」という返事。運転もハイヤー並の乗り心地。どこの会社かと思ったら小さなタクシー会社。しかもクラウンセダンのまだ新しい車だ。この会社の車はたまに乗るがこんな気持ちのいい運転手さんに巡り会うのは初めてで、このクラウンセダンも初めてである。大概オヤジの運転手ばかりで車両はくたびれたコンフォート。

運転が上手いと思ったのは、ブレーキングもさることながら交差点の右折時も余裕を持って、無理な右折はしない。一時停止でもきちっと停止する。男はどうしても無理をしたり雑な運転になるんだよね。


改めて女性ドライバーの良さを感じたところである。直勤務で4年もやっているというのだから大したもんである。接客良し、運転良し、車内も女性らしい香りでさわやか。恐らくお客様からの評判も良いだろう。これだもいい車に乗せてくれるわけである。

やはり女性は性格的にも受身であり運転も穏やかに走らせる。タク業界は、女性ドライバーをもっと増やすべきである。男性よりも賃金を上げて人材を確保し、運転手の質を高める事も必要ではないだろうか。


いつも飲んで帰る時はタクシーを利用する。同業者なので必ずチップを渡すようにしているが、勿論今日も気持ちが良かった分受け取っていただいた。

by Club-Taxi.com

招かざる客 [タクシー]

午前8時58分。ここは第一京浜(国道15号)上り線品川駅すぐ手前辺り。若い奥さんに手を挙げられた。タクシーを止めると、旦那さんとお子さんがキャリーバッグを引いて現れた。朝のラッシュで人も車も大混雑の品川駅前。後ろから来る車に気を付けてキャリーバッグをトランクに積んで運転席に戻った。

「時間がないのです。飛行機に乗り遅れるかも知れません。15分で羽田空港に行ってください!」

旦那さんに告げられた。落ち着いた口調ながらも切迫した様子で悲壮感さえ伺える。

私は「15分!それはちょっと厳しいですね。」

驚きを隠せず返答した。朝の一番混んでいる時間帯である。

招かざる客のご乗車かも知れない。しかし、私の頭を過ぎるのは金だ。(笑)羽田まで4千円は出る・・・請け負うことに決めた。というより請け負わざるを得ないであろう。トランクに荷物も積み、お客様もどっかりとシートに座っているのだから強制みたいなもんである。出来る限り急いであげよう。最善のルートは青物横丁経由で湾岸R357に入り首都高湾岸線大井南から入り行くことにした。品川駅手前でUターンして向かった。

タクシーの走らせ方については、ここでは控えておこう。久しぶりに韋駄天で行くことになるからである。いかんなくクラウンハイブリッドのパワーを活かせるだろう。急かされて、大きなリスクを負ってまで急がなくてもいいのだが、楽しい家族旅行のようである。何とか間に合うようにとどうしても心情的になり人情が働く。制限速度で走っても苦情にはならないだろうが、そうもいくまい。これは自分の器量をわきまえた上での判断である。


旦那さんは航空会社に遅れる旨の電話をしている。搭乗20分前を切るのはやむを得ない。

この旦那さん中々しっかりしている。入念に最良の一番近い搭乗出入り口等を確認している。

「運転手さん、エントランスはCに着けてください!」


無事指定時間15分で到着した。

「間に合います。ありがとうございます!」の言葉に安堵した。奥さんが、他のタクシーだったら間に合わなかったかも知れないと仰ってくださったのが何よりで嬉しかった。タクシー運転手冥利に尽きる。しかし、これが毎度の事であれば身が持たない。よくあるお寝坊のための出勤等で急かさせれても抑えて走る。今回は招かざるお客様に情が動かされてしまった。

by Club-Taxi.com

はんかくさい運転 [タクシー]

「はんかくさい」とは北海道弁で人を叱責したり罵倒する方言です。

先日早朝、営業中に南青山の根津美術館から表参道方面に走行し、表参道交差点で信号待ち停車(先頭で)しました。交差点右斜め前方を見ると四社のタクシーが右折レーン(原宿方面)で停止しているのが見えました。(外苑方面から来て表参道を右折)
ところが・・・突然、ハンドルを左に目いっぱい切り三車線を跨いで交差点左側にいたお客さんを拾ったのでした。信じられない光景を目にした。右折レーンにいたのに三車線を跨いで横断歩道沿いに横断したわけです。交差点の向こうには交番もあるというのに。いくら早朝とはいえ、その無謀さには呆れてしまいました。交通違反と事故の危険を冒してまで客を拾う必要があるのか!?

これは朝の出勤時間帯です。玉川通り(246号)を渋谷駅方面から来て「神泉」交差点手前で左折ウインカーを出して前方左折一般車3台の後ろにいました。信号機が青なので横断歩道は出勤する人々が行き交っています。ところが、先頭左折一般車の少し後ろで二重左折をかましている法人タクシーが見えました。
「何だあいつは?実車で道でも間違ったのか!?」
そう思っていたら、歩行者用信号が赤に変わり先頭車両が左折を始めました。そして二重左折でかましているタクシーが無理矢理2台目の前に入り停車しました。よく見るとそこにはキャリーバックを持った女性のお客さんがいたのです。いやはや、その強引さには呆れてしまいました。それに、そのお客さんは本来であれば、私が拾うことになるであろうお客さんです。(笑) これも交通違反は当たり前ですが、場所と時間をわきまえよと言いたい。朝のラッシュ時で交通量の多い人々が行き交うあの交差点で、これも、そこまで危険を冒してお客さんを拾う必要があるのかである。交差点で直進レーンにいながら、一般車に二重左折をかます勇気はないな。根性すわっとるよ。ここは白バイも多いところだからね。

個タクもはんかくさいのが多いが、最近は法人タクのはんかくさい運転が多く目に付きます。




前の10件 | -