So-net無料ブログ作成

企業内個人タクシーへの危機 [タクシー]

過日であるが、東京交通新聞の掲載記事で国際自動車が「km提携個人タクシー制度」を発表したとあった。
これは、kmとの提携により個人タクシー事業者がkmのタクシーチケット、無線、スタンド、表示灯などを使用できるシステムだという。

これに対し、先日の東京交通新聞掲載記事では、事前試験制度が認められたことで試験合格後に譲渡者を探すことが可能になり、個人タクシー協会を通さずに譲渡を成立させることも容易で、企業内個人タクシーも成立可能になる。個人タクシー協会はこのような動きに警戒を強め、譲渡価格の検討も含めた想定される対策を講じる模様だという。

最初にこの記事を読んだ時、私は非常に興味深くかつ、魅力的に感じた。
今日も支部に行ってきたが、会報には不祥事に対する理事長の緊急告知という見出しが。この絶えない“不祥事続きの個人タクシー” は真面目に営業している事業者にとっては、迷惑千万な問題なのである。政治家の不祥事みたいにいつまで続けているのかという話である。
組合組織がいつまでも改革ができないのであれば、こういった企業内個人という流れもやむを得ないということになるのではないだろうか。

相手は大手のハイ・タク事業者で、優良顧客の多さ、顧客からの信頼度に至るまで申し分ない。

   by Club-Taxi.com


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

提灯行列

お疲れ様です。

この話は、kmの労組側から出されたのですね。私は当初、ドライバーの囲い混み(特に若年層)を狙った会社側の発案によるものだと思っておりました。何れにしても双方の利益が一致した結果ですね。

行灯もkmを付けての営業となる様ですね。会社側の発表では「企業内個人タクシーではない」としていますが、今後の流れを注視していきたいと思います。

今後、個人タクシーの新規免許凍結が解除されない限りは、事業者の減少は免れませんから組織力の低下が懸念されますね。

いずれ、東個協と日個連も合体する時がくると思っております。
by 提灯行列 (2015-03-10 16:20) 

Club-Taxi.com

そもそも企業内個人タクシーと称する概念がよくわかりませんが、我々の協同組合の組織形態に代わって企業が営業面から車両のサポートまで行うといったことでしょう。問題は中身(縛り)の問題で我々が所属組合加入時の出資金等や月々の支部費にあたるものがどうなのかでしょう。あと、どの様に事業者を募るかではないですか。新たな人材で始めるのか。個人を目指すkmを卒業しようとする乗務員が事前試験に合格しても譲渡人探しが難攻するのではないでしょうか。会社が高額な譲渡価格を提示すればそれに乗る事業者もいるでしょうが。手っ取り早いのは、既存の組合所属事業者がkmのブランドに魅力を感じ既存の組合を脱会してkmのブランドに鞍替えすることではないでしょうか。
kmがどの様な内容で始めるのか注視したいですね。
by Club-Taxi.com (2015-03-11 14:15) 

北村高男

日個連の個人タクシーです。関心を持ってます。日個連は今はチケットもほとんどなく、電子マネー対応に四十数万円かかります。黒いロイヤルサルーンを買って、kmの企業内個人も、アリかな!
僕もkm出身だし.
日個連は本部も50億円のビルを建てて、借金。
足立支部も4500万円の使途不明な借金。
早速、問い合わせしてみるべ。
by 北村高男 (2017-07-08 12:40) 

Club-Taxi.com

km個人タク第1号が出てから、その後話は聞きませんね。やはり現状の新規許可がない状況では厳しいという事ですね。
今既存の組合に所属していて、km出身だから組合を脱退するのでやらせろと言っても、引き抜きに見られてしまい業界の和を乱す事になるから無理でしょう。組合無所属の個タクからの譲渡しかないわけです。

また、今所属している組合には、試験の合格から、車両購入資金の貸付等、様々な手厚い支援を受けて事業を営んできたわけです。一人間として、そういったお世話になったという感謝、恩義が無ければいけないと思います。それらを無視して他に移籍するというのは人間性が問われます。また、自身が廃業の時はお世話になった所属組合に譲渡を出すのが筋です。

プロ野球選手のように移籍に関するルールがあれば話は別で面白いかもしれないですね。世話した既存の組合は金でも貰わないと損ですから。ただでさえ組合員減少に歯止めが効かない現状があるし。最後は金という事になる。
by Club-Taxi.com (2017-07-09 06:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0