So-net無料ブログ作成
検索選択

客に胸ぐらを掴まれる [タクシー]

いつも暇な木曜日だが、年度末ともなるとさすがに歓楽街には人出があった。
私は仕上げに赤坂を流そうと、外堀通りを溜池から赤坂見附に向けてタクシーを走らせていた。ベルビー赤坂前には午前4時を過ぎたというのにまだ空車のタクシーが数台並んでいるのが見えた。その並んでいるタクシーの間から一歩道路にはみ出して立っている若い男性を確認した。近づくと乗車の申し込みがあった。
行き先は麹町警察署辺りまでと告げられた。並んでいるタクシーに乗らなかったのは近いから遠慮して流しているタクシーを拾ったのであろう。こういったお客様はたまにいる。

しかし・・・
並んでいるタクシーに対しての不満を私にぶつけだした。酔っ払っていて所々何を言っているのか意味不明でさっぱり分からないのだが、恐らく並んでいるタクシーの途中から乗車を申し込み運転手から先頭はここではない旨言われたのであろう。この男性の傍には数台の個タクが並んでいたので客選びで言われたと推測される。そうであるならばこれは立派な乗車拒否になる。タクシー乗り場はずいぶん先が先頭である。この場合のように「先頭に乗ってください」と言えるのはタクシー乗り場の後ろ数台である。例えば2台、3台、5台までとか乗り場によって待機台数の指定(標識など)が白線枠で引かれている。故にこの指定枠から後ろに並んでいるタクシーは途中からお客様に乗車を申し込まれた場合には乗車拒否はできない。

730円の運賃で目的地の麹町に到着した。麹町警察署の一つ手前の信号である。支払いを済ませ、この男性が降車された。ドアを閉めたが男性は振り返り窓をコンコンと叩いた。ドアを開けると。
「この車を蹴飛ばしていいか!!」 と声を上げた。

私は車から降りて男の方に回った。

「どういうことですか?」

男はいきなり私の胸ぐらを掴みかかり訳の分からない暴言を吐き出した。私も同様に男の胸ぐらを掴み応戦する。

「クソガキ、怪我するぞ!!」

男は酔っ払いでおまけに体格を見ても私の方が俄然有利である。両腕が塞がっているので、それこそ足で蹴飛ばしたいくらいだった。殴りかかってくるならば、かわして直ぐに押さえ込む余裕さえあった。この後私の怒鳴り声の方が圧倒的に大きく男を圧倒し、ひるんだ男は手を離した。とにかく頭を過ぎったのは、流血騒ぎを起こすわけにはいかないこと、警察で無駄な時間を浪費させないことであった。転倒させたりして怪我をすることもある。我々タクシー運転手が手を出すわけにはいかないので防御に徹するしかないだろう。押さえ込むしかないのだ。応戦は最後の最後であろう。(笑) 

なおも暴言を吐き付きまとうので、タクシーに戻り数十メートル先の麴町署にタクシーを走らせた。タクシーを置いて徒歩で行くと車を傷つけられてしまう懸念があったからだ。ちょうど署前の玄関に立っている警備の婦警がこちらの騒動を聴いていたらしく、直ぐに数人の男性署員も駆けつけてきた。
そして、どういうわけか男もこちらの方に走ってきたのだ!?訳の分からない行動である。普通は逃げるのではないのか?この男はまったく罪の意識と大迷惑を運転手に掛けていることさえ分からないのか―。

署員は双方の事情を聴き始めた。こちらの被害等は無かったので警察署内に入ることなく外で簡単に済ますことができた。所要時間10分くらいで済ませられたのはよかった。それにしても、この酔っ払いのガキのせいで午前4時を回った貴重な残り少ない割り増し時間帯を無駄にしたのである。調べてみると、胸ぐらを掴むだけで暴行罪に当たるそうです。書類送検で慰謝料も取れる。気を付けたいものである。社会は甘くはないぞ若者よ―。

今回の件、少なからず要因として考えられるのは、不適正営業を行うタクシー(特に個タク)に対する不満等が私に向けられたものと推測される。

by Club-Taxi.com


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

かみねんど

胸ぐらを掴むだけで暴行罪なんですね、勉強になりました。
えらいとばっちりでしたね。
by かみねんど (2016-04-18 17:56) 

Club-Taxi.com

私も知りませんでした。今度そんな事があれば暴行罪で客を訴えられます。客は逮捕されるんですからね。我々は弱い立場ですからね。下手に手を出せば職を失いかねないし。運転手も客も気を付けたいものです。
by Club-Taxi.com (2016-04-18 19:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: