So-net無料ブログ作成
検索選択

ついにクラウンHVバッテリー交換へ [クラウン]

crownH23.jpg



愛車クラウン・ハイブリッド(GRS200系)のHVバッテリーがついに寿命を迎え交換することになった。

休日に買い物に出かけようとエンジンを始動させたところ、メーターパネル内に“ハイブリッドシステムチェック”の表示とコーションマークが表示された。直ぐにトヨペットに連絡を入れると来店してくれというので伺った。TaSCANなるもので診断するとHVバッテリーが寿命になり交換が必要だという診断と共に概算見積書を見せられる。工賃込みで33万円也!!目の玉が飛び出る。まぁ以前から聞いていた事なので覚悟はしていたが大きな出費である。

どうりで・・・、最近メーターパネル内に表示される平均燃費が約1km悪くなっていることが気になっていた。平均燃費が9.8~10kmくらいであったのが現在は9.0kmにまで下がっている。この平均燃費が悪くなった原因は、やはり駆動用のHVバッテリーの劣化によるものなのだろう。景気が悪くて一般道ばかり走行しているからなのかとも思ったが、そうではなかったようだ。

24年登録でもう直ぐ丸4年。21万キロ走行。NAエンジンとHVエンジンのメンテナンス費用の差はどうなのだろうか。HVエンジンには燃費の良さとブレーキパット交換頻度が少ないといったメリットがある。どちらがどうなのか計算してみないと分からないのだが・・・以前乗っていた2.5LのNAエンジンの燃費を比較計算をしてみると僅か2.3km平均燃費が違うだけでも月々1.8万円違い年間で21万円も違う。いかに燃費の良さというのが経費節減に大きく繋がるということが分かった。燃費の良さ等のメリット、高い車両価格とバッテリー交換等のデメリット等、トータルで比較すると距離を多く走る、長く乗る事でHV車両のエコカーという恩恵に預かる事は出来るとみた。

by Club-Taxi.com


nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 10

クラウンHV自家用車

以前にエンジンオイルの事で書かさせて頂いたJ〇の社員です。
私の自家用車のクラウンHVも13万キロでハイブリッドシステムチェックと
VSCチェックが点灯し、ディーラー診断の結果、駆動バッテリー交換を勧められ、26万円で交換しました(東京トヨペットのスマパス会員だから若干安くなっています)。その後、16万キロでミッションが滑っている感じがして90万で載せ替え、今は快調です。
ついでに、もう一台購入し、そちらは現行クラウンの3500ccのガソリン車です。現行で3500ccのガソリン車は、あまり見かけません。
このように2台所有してますが、結局はクラウンHVの方が、圧倒的に静かで、且つ、燃費が良く、また速いので、クラウンHVへ乗る時間が殆どです。
バッテリーもミッションも載せ替えたので、目指せ30万キロで乗り続けます。
現行は微妙に狭いのと、吸音材や遮音材をコストダウンで減らしているのか、理由は分かりませんが、タイヤハウスからの侵入音、高速での風切り音が酷いので、半年後に売却を決めています。
by クラウンHV自家用車 (2016-07-05 21:45) 

Club-Taxi.com

その節は色々勉強になるコメントありがとうございました!
ミッションは90万!!ちょっとこちらも驚きですね。GRS200系のNAエンジン3.0Lに乗っている同僚がミッション交換で60万掛かったと言っていましたが、90万だと中古車買える額ですね。

現行型も所有されているということで、さすが上場企業の社員さんは違いますね。外車に乗らずクラウンという選択は賢明です。

マイカーで30万キロ目指すとは凄いですね。私もあと2年乗って30万キロになる予定で、乗り換えるか、もう少し乗るかという選択を迫られそうです。その前に上記のミッション交換となれば悩んでしまいますね。
by Club-Taxi.com (2016-07-06 12:05) 

お名前(必須)

ミッション交換の話にはオチがありまして、加速しない原因は燃料ポンプを予防のために15万キロで交換したのですが、この交換の作業が悪く
配線の取り回しが良くなかったため、燃料の残量が少なくなると(残り20Lくらい)で燃料が供給されなくなるのが原因でした。
200系のクラウンの燃料ポンプの交換は、特に配線の取り回しには注意するよう、トヨタ本体から指示が出ています。これを無視して交換したのですね(施工は東京トヨペット渋谷)。結局、いつもお世話になっている東京トヨペット江戸川でミッションが原因ではなく、燃料ポンプが原因と判明し、ミッション交換の90万が無駄になりました。
燃料ポンプの再交換は、交換後1年以内ですので保証交換でした。
知り合いのクラウンHVの個人タクシーさんは、40万キロ走ってますが、
ミッション交換はしていないとのことでしたので、交換しなくても40万キロは、もちそうですね。その方は30万キロで燃料ポンプを交換しただけだそうです。かなりの耐久性があるようですが、個体差があるので、一概には言えませが。
ミッション交換の場合、コンピューターも一緒に交換となるので、高額になりますね。

by お名前(必須) (2016-07-06 22:59) 

Club-Taxi.com

なるほど。燃料ポンプもそろそろと考えておりましたので参考になりました。ミッションは何とかもってもらいたいものです。今回も色々教えてくださりありがとうございました!!
by Club-Taxi.com (2016-07-07 05:56) 

ディーゼル好き

非常に貴重なデータをいただいています。当方はディーゼル好きで、320d、アテンザ、メルセデスCDIなどで探していましたが、日本の道に合わないサイズ(アテンザ)、修理代がいくらかかるかわからない不安(CDI)、貧乏育ちで外車はどうも、などから、クラウンロイヤルの13年以降のハイブリッド(中古)を考えています。ただ、気になるのは、路面からのフィードバックがないステアリング(現有はアコードユーロR)、ふかふかのシート(現有、レカロ)、などです。しかし、一方でハイブリッドは前後重量比がよいという声もあります。それでアドバイスをいただきたいのですが、(1)手応えのないステアリングは慣れますか、(2)黒のボディーは社用車などで一般に大事に乗られているかと思うので、そういう意味で黒を探そうかと思いますが、こういう選択に正当性はありますでしょうか、(3)そちらがお乗りのハイブリッドは満足しておられますか、燃費以外は、やはり、15くらい走る現行のハイブリッドが正解でしょうか、などについてアドバイスをいただけたらさいわです。
by ディーゼル好き (2016-10-13 03:16) 

Club-Taxi.com

210系の現行クラウンハイブリッドを検討されているとのことですが、パワーに関しては、やはり3.5ハイブリッドには劣るもののスポーティーさを求めなければ必要かつ十分なパワートレインだと同僚は言っております。あくまでもタクシーにはです。四気筒エンジンを回せばそれなりにうるさいと言っておりました。
ご質問の1
ハンドリング等ですが、210系に乗ったことがないので私の200系3.5の感想しか述べられません。標準的なFRのハンドリングでサスがいいのでバランスは良いと思います。FFと比較すると駆動輪ではないので路面から伝わるフィードバックという感覚は無いでしょうね。

ご質問の2
車色の黒を選択されるという事で個タク開業か乗り替えですか?社用車は程度が良いのが多いと思いますね。だいたい黒の中古車は社用車が一番多いと思います。白に比べてキズが目立つのは仕方のないところ。遠目には目立たないですが、近くで見ると意外と目立つのが黒。マメな手入れも必要になるでしょう。あと、車色としての黒は、白やグレーより見た目に重厚感がありいいと思います。好みですね。

ご質問の3
もう20万キロ走りましたが、満足しています。やはりパワーがあるので運転が楽です。燃費は9キロ台ですが排気量とパワー、クラウンということを勘案すると上出来。高速で伸びない燃費は残念です。現行のクラウンハイブリッドは燃費が良いのでいいと思います。タクシーにに適していると思います。
タイトな首都高でスポーティーな走りをするとやはり重さを感じます。ある程度はタイヤの銘柄サイズ等でカバーできるでしょうが。

by Club-Taxi.com (2016-10-13 17:52) 

yoku401

クラウンHVのオーナーです。
12万kmで、私の車もバッテリー交換サインが出ています。
トヨタさんの見積もりは28万ですが、さらに安くて交換してくれる所があればいいのですが・・・
by yoku401 (2017-04-16 07:16) 

Club-Taxi.com

ディラー以外なら安いと思いますよ。交換実績のある整備工場を当たってみては如何ですか?
by Club-Taxi.com (2017-04-17 06:46) 

お名前(必須)

クラウンHV、乗ってます。HV初めて、というかクラウンはじめてです。どっしりしてます。パトカーに乗ってる気分で妙にいい感じです。日本の警察もパトカー選考時にしっかりと作ってあるので、どうしてもクラウンになるとか、あとトヨタもクラウンだけは本気で作るとか、クラウン愛好家の知り合いに色々聞きましたが……4年前に中古 98000kmで買いました。200系です。買ってから半年後くらいから、バッテリーの警告灯が点き出して、トヨタ店でリセットボタン?を押してもらって、警告灯を消してもらってました。1週間ほどは調子いいのですが、また警告灯が点き出して、回生ブレーキが効かずHV車でなくて、普通のガソリン車になりました。そんな事を4~5回繰り返して、やはり寿命ということでHVメインバッテリー交換を決めて、28万位で交換しました。35万の他のトヨタ店のところもありました。新品のバッテリーはトヨタ店でないと入手出来ない、部品が入らないとの事でした。今は快調です。燃費は10~11キロ/Lくらい、タイヤも転がり抵抗AAAのに交換で1kmくらい伸びます。3500ccで車重2t級で燃費10以上、車検も安いし、ハイオク炊いてもこれはエコカーと考えてます。いいです。
by お名前(必須) (2017-06-03 17:43) 

Club-Taxi.com

3.5Lでこの燃費なら十分立派なエコカーです。
今年の8月車検で丸5年になります。25万超えました。今回の車検では燃料ポンプ交換を予定。あと、3年は乗ろうかと思っています。


by Club-Taxi.com (2017-06-04 13:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: