So-net無料ブログ作成
検索選択

景気の話 [タクシー]

連休前の先週末。
付け待ちをしていると・・・
その先の首都高入り口からどこかに飛びたいところだったが、中年男性が「六本木までいいでしょうか?」と笑顔で乗ってきた。

「景気の方はいかがですか?」と尋ねられたので、「貯蓄する人が多いようで個人消費が低迷しているようです―」等返答する。

「貯蓄なんかして、どうするんでしょう!?いつどうなるか分からないというのに。」

「そうですね!世の中お金が回っていないですね。」

「私なんか使いまくっていますよ。」

これから六本木のクラブにでもいくのだろうか。

なんでもこのお客様は、昨年は自身の事業が年商24億円だと語った。エンジニアだが独立して一人で稼いだというのだ。驚きである。稼いでいる人、持っている人は持っているのである。こっちはロングを狙っていて六本木と言われて意気消沈したというのに。あまりの格差に嘆くのを通り過ぎて驚嘆してしまった。このお客様は生き生きとしていて表情も明るく福運に満ちた顔をしているではないか―。(笑)
話をしているうちにもう目的地に着いてしまった。具体的にどんな事業をされているのかもう少し話を聴きたいところだったが残念である。名刺でも渡しておけばよかったと後悔する。こういう福のある人と縁することも勉強である。

この後、歓楽街を流すもお客様が中々拾えない。流れに流れて日本橋で反対側に年配のご婦人がタクシーを待っていたので転回して拾った。

「今晩は人出が少ないようですね」 ご婦人

「少ないです。連休前なのでがっかりしました。」

「うちも今日はお客さんの入りがいつもの半分でした。」 ご婦人

ご商売をやっているようである。

景気の話になり。千葉で民家に泥棒が入ったニュースをご婦人は語り始める。2億数千万円と金の延べ棒が盗難に遭った事件である。

「あるところにはあるのよね~」

「銀行に預けないで家にそんなにあるのはどうなっているのでしょうか!?」

タンス預金が増えているという。これもタンス預金なのだろう。日本のタンス預金は30兆円から80兆円あるだろうと言われているという。これも金が回らない一因なのだろうか。



by Club-Taxi.com
nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 8

ディーゼル好き

前に書いたかどうか、私は学生時代にタクシー会社で配車係のバイトをしていたのでこの業界には親しみを感じます。それはそうと、米国にいる息子がウーバーというネットで合法的に白タクを呼ぶシステムを使っています。シャトル(乗り合いタクシー)よりずっと便利で、タクシーより少し安い。ただ、タクシーと敵対するかというとそうでもなくて、ウーバーでもタクシーが来ることもあるとか。よくこういうシステムを認可したものだと驚きます(ボロ車が来るんではないそうです)。これでタクシー会社がつぶれたらどうするんでしょうか。ただ、どこでも営業しているのでもなさそうで、ワシントンDCのダレス国際空港は成田くらい田舎にありますが、電車がなくてバスは頼りにならないという日本ではあり得ない環境なのでタクシーなどに依存しないと客がはけないのです。そういう背景も考えると日本ではあまり広がらないようにも感じますがいかがでしょうか。プロの目からすると。
by ディーゼル好き (2017-01-15 02:09) 

Club-Taxi.com

ライドシェア問題はタクシー業界を揺るがす大きな問題になっています。許せば死活問題ですから法人個人、業界は断固反対を叫んで決起しております。ウーバーは東京に乗り込んで個タクも巻き込んで配車をやっていたようですが、現在は一部ハイヤーを使っての配車業務だけに留まっているようです。白ナンバーを使っての営業は運輸局から認められておりません。過疎地域では採算が取れない電車の廃線、タクシー会社の撤退があり、高齢者の移動手段に懸念が出ています。政府や有識者にも賛成、容認派もいることから業界は戦々恐々としています。過疎地域の足を確保しなければ、限定的に認めざるを得ない状況もあるでしょう。ですから、都市部では認められず過疎地域では一部認められるという状況になるかも知れないですね。
by Club-Taxi.com (2017-01-15 17:26) 

ケンジ@東海個タク

早速の他の記事での私へのコメントありがとうございました。
ライドシェア問題、AIの発達、業界を揺るがすような事が
浮上する昨今です。私は、他業種に参入されそうになっている
一因に業界が既得権益に守られ過ぎだったのではないかと
思います。しかしながら、私もそれらがあったお陰で会社が
倒産せず経験を積むことができ開業できたのですから完全
否定はできませんが、世界一高い初乗り料金と攻め、そこを
突破口にしライドシェアやAIの技術進化を促しているように
思えてなりません。今の法人タクシー会社の賃金体系で一番
多いのが累進歩合制型だと思うのですが、(地域差はあります)
低営収なら、それなりの取り分、それなりの還元しかして
もらえないシステムです。しかも、足切に達しないと3万円
ほど給与に影響があるなんてところもあります。これで、
本当に赤字なのは人が集められないところなのだろうと
思います。個人になって一台の経費勘定をして、それを
ベースに法人だと×50台+社会保険費なんて考えると
法人社長が経営に行き詰まる計算にはならないんですよね。
私の出身会社は、タクシー収益を使って他のビジネスを
起こし経営が傾きかけていましたが、普通にやっていれば
求人の確保さえできていれば赤字にはならないと思って
しまったんです。
by ケンジ@東海個タク (2017-01-18 16:52) 

Club-Taxi.com

タクシー会社の倒産は地方ではあるかもしれませんが、東京のタクシー会社で、タクシー専業でやっていて倒産した会社は、よほど放漫経営をしない限り無いと思います。売り掛けのチケットで引っかかることはあるかもしれませんが、タクシーは現金収益が強みですから。

個タクも現金収益があるからやっていけるという事業者も多いと思います。何せ金が無くなったらタクシーを走らせれば現金が入り直接自分の懐に入り管理できる。こんなボロイ商売はない。

しかし、現実はそんな甘いもんじゃない。と付け加えておきます。(笑)
by Club-Taxi.com (2017-01-20 13:10) 

ケンジ@東海個タク

さすが主様ですね、誠におっしゃる通り。タクシー
会社は現金収入ですし、放漫経営をしない限りあり
えません。なぜなら一台の車に昼夜二人勤務する
事が可能だからです。どう考えても経費や人件費
を差し引いても赤字は考えにくいのです。考えら
れるとしたら多数の運転手が最低賃金保証のレベル
にまで売上が落ちる現在より酷い不況でしょう。
私は、法人入社して数年後の初めての運賃改定説明
会で会社は運転手を守る気はないと悟りました。
80円の値上げは建前は世論と同じ運転手の生活向上
や救済でした。しかし、改定に伴い給与体系を変えて
来ました。それは、およそ値上げ分会社が吸収する
システムでした。そのときおぼろげに個人の二文字が
頭に浮かびました。最初は諸先輩に反対されましたが
主様のブログと出会いいける!と確信めいたものに
変わりました。 本当に、ありがとうございました。
半分愚痴のようなコメントになって申し訳ありません(汗)
今後とも、よろしくお願いいたします。
by ケンジ@東海個タク (2017-01-20 17:08) 

Club-Taxi.com

法人タクシー事業者は、事業者間で運転手の給与体系を決めていると思います。恐らく自分たちの事業を守るためにカルテル(事業者間協定)を結んでいるのではないでしょうか。

私の居た法人タクは業界大手ですが、中小のタクシー会社を吸収したりグループ化をして勢力を拡大しております。勤務していた頃、無線を取ったらグループ会社の社長宅でしたか、一等地に豪邸、最高級ベンツを社長が洗車していましたよ。あんな下町の70台くらいの小さなタクシー会社でもやはり儲かるんだなと思いましたよ。

個タクはやっぱりいいに決まっています。とにかく開業良かったですね。末長く無事故で頑張って下さい。

by Club-Taxi.com (2017-01-21 12:49)
by Club-Taxi.com (2017-01-21 20:24) 

カン太

初めまして! たまにロムしています。
同じ組合の同業者です。 宜しく!

いよいよ料金改定。 我われにとって何もいい材料がありませんが、
仕事が修行の場と決めて、実証を示していきたいと思っています。

どうぞ、健康、無事故で。
by カン太 (2017-01-23 22:00) 

Club-Taxi.com

激励のコメントありがとうございます!
厳しい日々が続きますが今年も無事故で乗り越えましょう。
by Club-Taxi.com (2017-01-23 22:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: