So-net無料ブログ作成

脳MRI健診について [タクシー]

東京交通新聞6月12日付個人タクシー欄記事に「脳MRI健診」についての特集が掲載されていた。
実は、私も早くこの脳MRI健診を受けなければいけないと思っていたところで、つい先日健診を申し込んだばかりだった。それだけにタイムリーな記事である。脳MRI健診などの脳疾患。我々事業者に国が義務付けている年1回の総合的な健康診断は組合で受診をしているが、脳MRI健診や胃カメラ、大腸内視鏡検査等の特定部位の検査は個人的に受診しなければならない。健康診断だけで十分、大丈夫だろうとついつい思いがちではないだろうか。50代になってあちこち身体にガタを感じるこの頃である。50代になったら、主要な特定部位の検査は受診すべきである。

友人に勧められて大腸内視鏡検査は2年前に行った。ポリープが3箇所ほどあり切除してもらった。ポリープは、放置しておくと癌になる可能性があるという。あと、もう5年くらい前になるが組合の健康診断で胃に影があるというので胃カメラ検査をしたが異常はなかった。そして今回脳MRI健診を受けることになったのである。

記事には、文京支部の支部長さんが、くも膜下出血を発症し、リハビリを経て復帰された体験談が掲載されていた。年齢は53歳。私よりも4歳若いが同じ50代である。この支部長さんは、自身の体験から脳MRI健診の必要性を痛感し、支部で脳MRI健診の助成をすることになったという。

これまで組合の重大事故でも脳疾患による事故は多数報告されている。脳疾患は意識を失うことから重大事故に繋がる危険性が極めて大きい。お客様の生命を預かる職業ドライバーに脳MRI健診が義務付けられていないのがおかしいくらいではないだろうか。

by Club-Taxi.com


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0