So-net無料ブログ作成

首都高横浜北線を走る [タクシー]

kita.png



先日、今年の3月に開通した首都高横浜北線K7を初めて通りました。銀座でご乗車頂いたのですが、お客様も初めて通るらしく所要時間が早いのではないかというので行ってみることになりました。第三京浜の都築ICで降りて欲しいというので汐留から乗って横羽線下り生麦JCT→港北JCT→都筑ICである。


ネットで調べるとこの横浜北線には通称名が付けられていて“きたせん“というらしい。横羽線下りの生麦JCTには元々湾岸線の入口があるが、その直ぐ手前に入口が作られた。この入口が出来たため、湾岸線に入る時に「どっちが湾岸線入口!?」と一瞬だが迷ったことがある。うっかり間違うと大変なことになりますね。


第三京浜の都築で降りて約1km走り目的地に着くと、お客様はタクシーメーターを見て言った。「結構出ましたね!」

私も「出ますね〜」

運賃は1.5万で高速代金は1270円。合算で1.6万を超えた。これは東戸塚辺りに行った額と同じくらいではないかな。だいぶ遠回りだ。どうだろう、首都高用賀で降りて第三京浜都築ICだと1.2~1.3万くらいではないだろうか。地図を見て検証してみると、横羽線は海側に大きくふくらみ走る。生麦JTCからは内陸部側に戻り港北JTCから都筑ICまでは更に2km戻る。メーターが出るわけである。


この横浜北線、注意しなければならないのは、第三京浜の港北ICでは降りられないこと。新横浜辺りに行くには手前の新横浜出口で降りなければならない。その他出入口として馬場出入口(東横線の菊名駅と妙蓮寺駅の間、綱島街道付近)と生麦出入口がある。

by Club-Taxi.com

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0