So-net無料ブログ作成

前代未聞の目的地を間違える事態に [タクシー]

先週金曜日深夜の出来事である。東京駅斜向かいの八重洲からサラリーマン男性1名にご乗車いただいたのだが前代未聞の事態に発展した。
目的地は品川区旗の台。ルート確認で、一般道か首都高かを尋ねると早いのなら首都高でお願いしますと確認した。改めて再度確認した。「中原街道の旗の台ですね?」 首都高都心環状線から目黒線に入り荏原出口で降りた。平塚橋を過ぎて目的地に近づくと声を掛けた。「旗の台はどの辺りでしょうか?」

「あれっ!景色が違う。」

「えっ!」

「幡ヶ谷なんですが、ここはどこでしょうか?」
これはタクシー運転手を驚かせる凍りつくような言葉なのである。
「!?」

私は「ここは品川区旗の台です。」

これは私も恐らく始めてのケースかもしれない。私の聞き間違いに加え、お客様も私が再度確認した「中原街道の旗の台ですね?」の問いに「はい!」と承諾を頂いている。その事を言うと、お客様は道路の通り名は知らないからと仰る。(笑)お客様と運転手双方のケアレスミスである。お互い耳が遠いのだろうか!?お客様もお酒を飲んでおられたようですが・・・私の予測で恐らく同じような距離なので、ここで一旦清算して頂き無償でお送りしたのであった。西に向かうべきところを南に向かうという失態。目も当てられないですね。この距離だったから良かったものの、これが長距離でまったく正反対の南、北又は東、西方向だったらと考えると恐ろしいではありませんか。幸いお客様も温厚で理解のある方なので事なきを得ましたが。

運転手が間違いやすい有名な地名を挙げてみよう。五反田に五反野。亀戸に亀有。これに加えて幡ヶ谷に旗の台を要注意の地名として私の頭にインプットしておいた。(笑)

by Clun-Taxi.com

nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

東海個人

この手の間違い、私もありました。
顔が青ざめてしまいます。 汗
私も先輩と同様の対応をしましたが
、降りるまでの間ずっとお金じゃないんだ!
急いでいるんだ!とまくし立てられ
降車時には気が済んだのか、
私も言い過ぎた、すまなかったと
仰っておりていかれました 苦笑
by 東海個人 (2018-03-24 10:51) 

Club-Taxi.com

今回の反省点として、区名も言って尋ねれば間違いはなかったと思います。
ほんと、ここはどこだ、違うと言われると凍りつきますよね。
by Club-Taxi.com (2018-03-24 22:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント