So-net無料ブログ作成

今年の事故防止講習会 [タクシー]

先週の日曜日に年2回受けなければならない事故防止講習会に出席した。
今年は、重大事故、不祥事など盛りだくさんの事故防止講習会だったのではないだろうか。

交通共済理事長より28年度東個協の事故発生概要が報告された。
重大事故110件(前年度93件)。うち人身重大事故33件。飲酒運転、ひき逃げ、健康起因などの特殊事案が25件。死亡事故4件は、対歩行者、自動二輪が1件、組合員死亡事案が2件。

実際に重大事故を起こした事業者のドライブレコーダーによる映像で事故概要が説明された。いつものことであるが、人が跳ねられるシーンは何時観ても胸が痛む。ほとんどが夜間の事故で、夜間の歩行者は実に黒く見えるというのが印象である。実際に運転していても、至近距離でもない限り歩行者は黒く見え、街灯があっても黒く見える。夜間の危険性を改めて思うところである。
植え込みのある中央分離帯。人が飛び出してくるとは思えない場所で人が飛び出してくる。被害者が跳ねられた映像である。最善の防御は、スピードを抑えている事と前方注視以外ないであろう。明日はわが身である十分注意したい。

本部組合副理事長から不祥事が報告された。印象に残ったのはチケットの改ざんである。個タク事業者にも関わらず平気で行われる不正。会社勤めの時に、チケットの不正使用で首になった同僚を見たり聞いたりした事はないのだろうか。そもそも法人タクで未収チケットは特に四社に多いので、中小の会社では余り無いかもしれないが。
不正の概要を聞くと、何ともお粗末なバレバレの不正使用である。先方様会社に対して2回(違う事業者)もチケットを改ざんした事実が発覚し、契約取り消しになる懸念が伝えられた。たった1人の事業者によるチケット改ざんで大口の顧客を失うという損失は計り知れない。これはただの除名処分だけでは足りないと思うところだ。損害賠償の請求も視野に入れなければ納得がいかないではないか。

不適正営業も含めて常識に欠ける事業者が余りにも多いことに情けなさを感じる。


by Club-Taxi.com


脳MRI健診について [タクシー]

東京交通新聞6月12日付個人タクシー欄記事に「脳MRI健診」についての特集が掲載されていた。
実は、私も早くこの脳MRI健診を受けなければいけないと思っていたところで、つい先日健診を申し込んだばかりだった。それだけにタイムリーな記事である。脳MRI健診などの脳疾患。我々事業者に国が義務付けている年1回の総合的な健康診断は組合で受診をしているが、脳MRI健診や胃カメラ、大腸内視鏡検査等の特定部位の検査は個人的に受診しなければならない。健康診断だけで十分、大丈夫だろうとついつい思いがちではないだろうか。50代になってあちこち身体にガタを感じるこの頃である。50代になったら、主要な特定部位の検査は受診すべきである。

友人に勧められて大腸内視鏡検査は2年前に行った。ポリープが3箇所ほどあり切除してもらった。ポリープは、放置しておくと癌になる可能性があるという。あと、もう5年くらい前になるが組合の健康診断で胃に影があるというので胃カメラ検査をしたが異常はなかった。そして今回脳MRI健診を受けることになったのである。

記事には、文京支部の支部長さんが、くも膜下出血を発症し、リハビリを経て復帰された体験談が掲載されていた。年齢は53歳。私よりも4歳若いが同じ50代である。この支部長さんは、自身の体験から脳MRI健診の必要性を痛感し、支部で脳MRI健診の助成をすることになったという。

これまで組合の重大事故でも脳疾患による事故は多数報告されている。脳疾患は意識を失うことから重大事故に繋がる危険性が極めて大きい。お客様の生命を預かる職業ドライバーに脳MRI健診が義務付けられていないのがおかしいくらいではないだろうか。

by Club-Taxi.com


個人タクシーの暴走危険運転が投稿される [タクシー]

コメント欄を見ていただくと分かりますが、読者様(恐らく同業事業者)より個人タクシーの暴走危険運転の模様がYouTubeにアップされていると投稿がありました。見てみると、驚いたのはうちの組合所属で事業者名、車両ナンバーも隠す事なく公開されていることです。この動画は危険運転をする個人タクシー事業者の住んでいる地域住民の方からの投稿動画のようです。説明書きには子供たちから「殺人タクシー」と呼ばれているとも書かれています。地域住民を不安に陥れている現状が伺えます。

組合本部でも既に把握をして指導改善に動き出しているようです。YouTubeにはこの動画の他にも個人タクシーの暴走等が車両ナンバー公開で投稿されていました。最近では、こういったドライブレコーダーによる投稿が多くなっています。一般車両に対しての危険行為等は直ぐに警告、通報公開される時代になってきました。注意しなければならないですね。しかしながら違法行為を行ったとはいえ事業者名、車両ナンバーの公開はプライバシーの侵害に該当するのではないでしょうか。投稿者の方は然るべき所(警察や組合本部等関係機関)に苦情相談を入れたのでしょうか?そうでなければ個人的に警告の意味でYouTubeに投稿して自己満足でもしているようにも思えます。投稿動画の説明書きも、事実関係を誇大に書いているかも知れません。組合本部はその辺も詰めて、動画の削除と当該事業者の指導等を行ってもらいたい。

何れにしても、この事業者の危険運転は当組合のみならず個人タクシー全体の信用を失墜させる行為であり看過できない事案です。