So-net無料ブログ作成

心打たれる行動 [世間話]

cosmo.jpg


早朝のことである。
実車で第三京浜道路の川崎ICに向かっていた。多摩川を渡るとカーブに差し掛かるが走行車線にタンクローリーがハザード上げて停車しているではないか。こんなカーブの場所で危ないではないかと目を凝らすとタンクローリーの直ぐ前に帽子を被った老人が歩いているではないか。故障でもしたのか、事故か!?タンクローリーの前には車がいない。タンクローリーの運転手は乗車していてトロトロとローリーを動かしている。

はてな!?頭を巡らせてみた・・・ 分かった。推測だが恐らく痴呆症の老人が第三京浜道路を歩いているのである。理解出来た。タンクローリーの運転手が歩行している老人を後ろから大きな車体で保護しているのだ。後ろから来る車に轢かれないように。

私のタクシーにご乗車のお客様は川崎ICを降りて直ぐのところで降車された。帰り道、川崎ICから上り線に入ると反対車線には先ほどのタンクローリーとその前方に老人が悠々とまだ歩いているのが見えた。やはりそうだったか。間違いない。そして、後方からパトカーではなく事故係のワンポツクスカーの警察車両が赤色灯を回して来ているのがわかった。その後には道路公団の黄色のパトカーも来ている。

タンクローリーの運転手さんが110番通報したのだろう。老人は路側帯を歩行しているが、ここは自動車専用道路で制限速度も80㎞なので高速道路と何ら変わりはない。人が歩行するのは極めて危険である。パトカーが来るまで老人の命を守り保護をしたタンクローリーの運転手さんの取った行動に感動した次第である。素晴らしいの一言。心温まるシーンを目撃しました。コスモ石油のタンクローリーでした。 タンクローリーの運転手さんはもちろん業務中でしょうが、やはり空荷にではないのかと考えてしまいました。もし、積荷を積載しているとガソリン等の危険物ですから追突されると大変な事になる。この様な行為はしないかも知れない。




nice!(0)  コメント(1) 

都心かローカルか― [タクシー]

私鉄沿線のローカル駅で営業をしている後輩(個タク)がいる。タクシー乗り場が無い駅である。ローカルといってもJR山手線等の大きな駅と比較して小さいという意味と都心から離れた地域を指す。 JRであれ私鉄であれ地域によって乗降客数の多さで駅の規模も様々であり、そこには歓楽街が必ず在る。後輩が営業しているその駅周辺には閑静な高級住宅街も在ることから富裕層も多く家賃も高い地域である。歓楽街の規模は大きくはないが、飲食店は多い。

先日、後輩はここから群馬県の高崎に行ったと驚きの表情で私に語った。高速料金込みで4.3万円だという。また、ここで同じく営業をしている他の個タクも高崎に行ったという。後輩も他の個タクも車はコテコテの年季が入ったセドリックLPGにコンフォートである。ここの個タク連中は一晩で幾らの売り上げをやっているのかは知らないが4万もやれば極上の出来ではないのか!?(笑)それでは私もその恩恵に預かろうとなるが、そんな気は毛頭無い。ここに居座って営業していれば売り上げが伸びない懸念がある。しかし、そうとも限らない。都心の歓楽街は多くの利用客がいるが、それにも増してタクシーの数も桁外れだ。競争が激しくお客様を拾うのに苦労する。

会社勤めの時は土日祭日でも平日と同じくらいやっていた事を思い起こす。土日祭日の走り方はローカル駅周辺歓楽街で回数をこなす営業である。ローカルからローカルへのはしごをやる。横に走る。もちろん縦にも走る。縦横無尽の営業である。ローカルだって少ないがロングだってたまには出る。平日の都心歓楽街では空車の大渋滞にはまりながら時間を浪費して結局はロングを拾えない事は多々ある。それならばコツコツと細かい仕事をこなす。回数、実車率を上げる。これこそがタクシー営業の基本ではあるまいか。しかし、平日都心歓楽街が閑散としている時は、ローカルもそれに輪をかけて閑散としているのも現実である。




nice!(0)  コメント(2) 

メルセデス・ベンツ 新型 Vクラス 試乗 [タクシー]

メルセデス・ベンツ 新型 Vクラス 
V220d AVANTGARDE Extra- long(アバンギャルド ・エクストラロング) を試乗した。


先日、羽田空港構内で友人のハイヤーが信号待ちで横になった。お客様のお迎え後で実車中だ。こちらはお客様降車後。30分後メールが来た。何やらベンツのミニバンを試乗しに来ないかというのだ。

いわゆるミニバンとは室内の座席が3列シートで6人~8人乗りが主流。このベンツV220dは、セカンドシートが2座席で7人乗り。(2・2・3の配置)エンジンの主要諸元は次の通り「BlueTEC」ターボチャージャー付 直列4気筒 DOHC 直噴ディーゼルエンジン/総排気量:2142cc/使用燃料:軽油/最高出力:163ps(120kW)/3800rpm/最大トルク:38.7kg-m(380N・m)/1400-2400rpm

視界は広く運転はしやすい。黒のシートは革張りで豪華。直ぐに感じたのはアクセルペダルが重く感じたことである。クラウンに慣れているからだと思う。友人に言わせると「これでも軽くなった―」と言う。未だ2万数千キロしか走行していない新車であり、このVシリーズに限らずベンツ車に共通しているのだろう。ディーゼルターボだが、ロングボディで車重が重いためか強烈なトルク感は感じなかった。そもそも試乗ではあまりアクセルを踏み込める道路状況ではなかったので。車雑誌のweb版での試乗記ではパワフルだと記述されている。
個人タクシーでこれを使うなら観光がいいだろうね。私のように流し営業には無用の長物である。おまけに、全長5,380mmだからうちの車庫には入らない。

スライドドアを開けると後部座席のセカンドシートは運転席・助手席と同じように独立した2座席が設置されている。それぞれリクライニングが可能な革シートで快適な座り心地である。そしてクラウンなどの乗用車タイプにはない広々とした空間を感じることが出来る。この余裕の空間がミニバンの強みで人気の所以であろう。この快適さを知っているお客様は迷わずミニバンを選択するに違いない。
日本のタクシー車両も定番だったトヨタ・コンフォート、クラウンセダンから次世代車両として“ジャパン・タクシー”が投入される。車室内が高く車椅子に乗ったままでも乗降が出来るUDに特化した車両。日産のNV200もそうだ。このミニバンタイプが主流になりお客様に受け入れられるだろう。セダンタイプは色褪せる時代が到来する。

※参考:http://www.webcg.net/articles/-/34016

B0x.jpg

B1x.jpg

B3x.jpg

M135.jpg

M436.jpg

M335.jpg


IMG_4230x.jpg


IMG_4225x.jpg

IMG_4226x.jpg



nice!(0)  コメント(0)