So-net無料ブログ作成

安全運行で苦情の昨今 [タクシー]

組合本部が発行している組合員向けの「東個協ニュース」の紙面に、お客様から届いた「お客様要望カード」の内容を紹介している記事が掲載されている。これはお客様からの「感謝」と「苦情」に分けて掲載している。

よく目にする苦情に、「のろのろ走る、わざとゆっくり走っている・・・」などと苦情が掲載されている。
私は、これはどうなのか!?と思うところがある。恐らく急いでいるお客様からの苦情であると推測される。運転手が制限速度以下で走ることはあまり考えられないからである。制限速度プラス10km以内でも急いでいるお客様には遅いと感じるであろう。一個人のお客様のその時の感情が苦情としてきたのであろう。こういう苦情はあまり掲載するべきではないと私は思う。都内を走るタクシーの実車中のスピードはプラス10km、あるいはそれ以上が常態化しているのは周知の事実。そんな中で制限速度を守っていて苦情になるのだからこれはおかしいだろう。厳密に言えば制限速度40kmであれば41kmでも1kmオーバーの違反である。道路交通法の解釈である。

なぜ実車中のタクシーは早いのか?運転手の心理として、タクシーに乗る客は急いでいるからという思い込みも多いと思う。別にお客さんが急いでくれと言ってもいないのにスピードを出す。無言のプレッシャーと感じているという心理もあるのではないだろうか。私もたまにその事に取り憑かれることがたまにある。

急いでいるお客様ばかりではない。安全運行を望むお客様の方が大多数に決まっている。それが社会の常識だ。以前乗せた中年男性が仰っていた。「競うように急ぐタクシーは嫌いだ。急いでいる客ばかりではない―」と。
うちの無線で霞ヶ関某官庁の配車はスピードの出しすぎに注意と喚起されている。最初は何だこれは!?と思ってしまった。個タクの爺さんが、いい歳こいてバンバン飛ばして苦情になったんだろうね。(笑)




nice!(0)  コメント(2) 

前代未聞の目的地を間違える事態に [タクシー]

先週金曜日深夜の出来事である。東京駅斜向かいの八重洲からサラリーマン男性1名にご乗車いただいたのだが前代未聞の事態に発展した。
目的地は品川区旗の台。ルート確認で、一般道か首都高かを尋ねると早いのなら首都高でお願いしますと確認した。改めて再度確認した。「中原街道の旗の台ですね?」 首都高都心環状線から目黒線に入り荏原出口で降りた。平塚橋を過ぎて目的地に近づくと声を掛けた。「旗の台はどの辺りでしょうか?」

「あれっ!景色が違う。」

「えっ!」

「幡ヶ谷なんですが、ここはどこでしょうか?」
これはタクシー運転手を驚かせる凍りつくような言葉なのである。
「!?」

私は「ここは品川区旗の台です。」

これは私も恐らく始めてのケースかもしれない。私の聞き間違いに加え、お客様も私が再度確認した「中原街道の旗の台ですね?」の問いに「はい!」と承諾を頂いている。その事を言うと、お客様は道路の通り名は知らないからと仰る。(笑)お客様と運転手双方のケアレスミスである。お互い耳が遠いのだろうか!?お客様もお酒を飲んでおられたようですが・・・私の予測で恐らく同じような距離なので、ここで一旦清算して頂き無償でお送りしたのであった。西に向かうべきところを南に向かうという失態。目も当てられないですね。この距離だったから良かったものの、これが長距離でまったく正反対の南、北又は東、西方向だったらと考えると恐ろしいではありませんか。幸いお客様も温厚で理解のある方なので事なきを得ましたが。

運転手が間違いやすい有名な地名を挙げてみよう。五反田に五反野。亀戸に亀有。これに加えて幡ヶ谷に旗の台を要注意の地名として私の頭にインプットしておいた。(笑)

by Clun-Taxi.com

nice!(0)  コメント(2) 

大胆な改革を要望します [タクシー]

東個協の個人タクシーにもこの深い藍色を採用するべきだと思います。

東個協前木村理事長時代に黒塗り車色導入論は、本部理事による反対で否決されました。これはお客様のニーズより内輪の論理を優先させたものです。未だに組合員の中には黒塗り導入を希望している事業者はいることでしょう。先日スモークガラス規定も緩和され純正のスモークガラスは認められました。
事業者数減少の中、他組合では黒塗り車両を認められているのに東個協は駄目だという論理は時代錯誤ではないでしょうか。私の法人会社時代の後輩も数人が他組合に流れていきました。昔ながらの伝統の東個協カラーとこの藍色又は黒塗りの共存でよいではありませんか。

秋田理事長及び本部理事の大胆な改革を要望します。何よりもお客様第一のニーズに応えて欲しいと思います。そして東京オリンピックを盛り上げようではありませんか。

by Club-Taxi.com



nice!(0)  コメント(2) 

客の選別 [タクシー]

昨晩の金曜日深夜は雨のせいもあり人出がありました。
空車のタクシーが少なくなった午前1時過ぎ。東京駅前八重洲の交差点で、空車待ちしていた個人タクシー。私が信号待ちで隣に止まった。右からスーツケースを持った若い女性2人が横断歩道を渡り切るとタクシーに乗る素振りが確認された。乗せると思いきや、行灯が消えている!?直ぐに信号が青になったので私はタクシーを出したが、その個タクのスーパーサイン見ると迎車表示。私はタクシーを先の路地角に付けた。その後ルームミラーを見ると先ほどの個タクが路地を挟んで私の後ろに付けた。今度は、回送表示。


忙しい男だねまったく。客を選別するのもいい加減にせい!と言いたい。乗車拒否の常習犯だろう。そうやって客の身なりだけで選別しているとカスを掴む可能性が大だ。コソコソと泥棒みたいにせこい営業をしないで堂々と空車表示で営業出来ないのか?


タクシー運転手の営業倫理が問われる実態である。もはや精神論から論ずるべきである。公共交通機関としての使命感の欠如。金のためには平気で違法行為を行う。人間性の問題である。努力して、苦労して働きたくないという怠け者の心理である。昨晩あたりは、近いお客様でも回数をこなせば十分目標売り上げに届くほど人出があった。皆さんはどう思われるだろうか?違法行為(悪い事をして)をして稼いだ売り上げより、努力して、苦労して稼いだ売り上げの方が達成感もあるし充実感がある。

by Club-Taxi.com


nice!(0)  コメント(4) 

話題の「JAPAN TAXI 」に乗る [タクシー]

土曜日の夜飲み会があって帰りにタクシーを利用しました。たまたま以前勤めていた古巣のタク会社のジャパンタクシーが直ぐに来ました。初めて乗りましたが良かったですね。やけに前方視界が良いと思ったら、前席より後部座席のほうが高くなっている。それに後部座席の窓も縦横大きいので左右の視界も良好。景色が良く見えるので観光にも良いタクシー向きだ。後ろのスライドドアは、降りるときは、通常のオートドアに比べて開くのが遅く、一呼吸おいてから降りる感じだ。運転手が後方の安全確認をして開けるわけだが、ゆっくり開くのでその方が余裕を持って安全確認ができるので安全のためにも良いかもしれない。

交通新聞に個タクのジャパンタクシー導入を紹介した記事が載っていたが、問題点が提起されていた。うちの組合の事業者だが、タクシー乗り場に並んでいて車椅子のお客様だったが敬遠されたという。セダンのタクシーを選択され、車椅子から降りて座席に乗り車椅子はトランクに入れるという従来の乗り方。事業者の推測だが、ジャパンタクシーの椅子が高いので、セダンタイプの低い座席の方が乗りやすいからではないかと語っている。乗り込み時のステップ高は320mmでコンフォートより52mmも低いというのに。

他に問題点をネットで調べてみると車椅子の乗降に難があるという記事も観た。少々時間が要するらしい。慣れた人で5分。不慣れな人だと10分は掛かるという。体重のある車椅子の方や重い電動車椅子の乗降などだ。スロープから車内に入ってからタクシー進行方向に90度反転させるのが大変らしい。乗務員の腰への負担もあるという。また、スライドドアも両方から乗り込める事も必要であるという。

UDに特化した次世代タクシーのジャパンタクシー。健常者にはあまり問題点は無いようだが車椅子の乗降に関しては、多数改良点を挙げる記事を目にした。

下記はジャパンタクシーの車椅子乗降方法の動画だが、結構大変なようですね。慣れても5分で完了できるのかな!?

by Club-Taxi.com

 



nice!(0)  コメント(0) 

BUSTA新宿 [タクシー]

午前10時頃、新宿でスーツケースを持った2人の中国人女性を乗せたら、行き先が「ブースタ新宿」と言い、中国語のスマホを見せられる。ブースタ新宿!?聞いたことない。地図を拡大すると新宿駅なんだよね。よく英字を見るとBUSTA新宿と書いてある。やっとバスタ新宿と分かりました。(笑)
だいたいバスタ新宿なんて滅多に入らないから、ブースタと言われてもひらめかないんだよね。



nice!(1)  コメント(0) 

怪しいタクシーチケット [タクシー]

JCB.jpg



連日暇な日々が続いている平日の深夜。歓楽街でお客様からご乗車の申し込み。
接待客なのか友人なのか乗車させたいらしい。「JCBのチケット1万円の限度額1枚だけど限度額オーバーでそのまま書いて大丈夫だから。俺社長だから。」3万未満のチケットじゃないと使えませんと断る。「だいぶ遠いけどいいの?」それでもお断り。諦めて後ろから来た中小の法人タクに乗っていかれた。事故扱いのチケットかも知れないし怪しい気配。使えたとしても換金に数ヶ月も要したくない。




nice!(0)  コメント(0) 

個タクを敬遠するお客様 [タクシー]

個タクを敬遠するお客様 。日々流していて個タクの敬遠はよく遭遇するのだが、同じ通りで時間差なく2回も遭遇したので記してみた。これはかなりの確率である。

過日であるが、朝の仕事で千代田区三番町の大妻通りを靖国通りから麹町方面に2回流す機会があった。この通りで、個タクを敬遠するお客様に遭遇した。1回目、2回目と1人ずつ計2人のお客様に敬遠された。1回目は40代くらいの女性。2回目は60代くらいの女性。いづれも後ろの法人タクシーに手を挙げたようである。私としては是非ともご乗車頂きたいのだが、これだけはどうにもならない。あと710円で目標の売り上げに達成だというのに屈辱的な思いに駆られた。この大妻通りで個タクは悪い事でもしたのか!?そんな事はない。間違いないのは過去に個タクに乗車して不快な接客を受けたからである。頭にきて個タクにはもう乗らないとなったのであろう。

不適正営業の事業者に告ぐ、我々の仕事は客商売。お客様に嫌われれば売り上げが下がる。個人タクシーという看板と組合の看板を背負っている意味を深く考えて欲しい。客商売の根本すら分からないのであれば、速やかに事業免許を返納すべきである。



nice!(0)  コメント(0)