So-net無料ブログ作成
検索選択

今年の事故防止講習会 [タクシー]

先週の日曜日に年2回受けなければならない事故防止講習会に出席した。
今年は、重大事故、不祥事など盛りだくさんの事故防止講習会だったのではないだろうか。

交通共済理事長より28年度東個協の事故発生概要が報告された。
重大事故110件(前年度93件)。うち人身重大事故33件。飲酒運転、ひき逃げ、健康起因などの特殊事案が25件。死亡事故4件は、対歩行者、自動二輪が1件、組合員死亡事案が2件。

実際に重大事故を起こした事業者のドライブレコーダーによる映像で事故概要が説明された。いつものことであるが、人が跳ねられるシーンは何時観ても胸が痛む。ほとんどが夜間の事故で、夜間の歩行者は実に黒く見えるというのが印象である。実際に運転していても、至近距離でもない限り歩行者は黒く見え、街灯があっても黒く見える。夜間の危険性を改めて思うところである。
植え込みのある中央分離帯。人が飛び出してくるとは思えない場所で人が飛び出してくる。被害者が跳ねられた映像である。最善の防御は、スピードを抑えている事と前方注視以外ないであろう。明日はわが身である十分注意したい。

本部組合副理事長から不祥事が報告された。印象に残ったのはチケットの改ざんである。個タク事業者にも関わらず平気で行われる不正。会社勤めの時に、チケットの不正使用で首になった同僚を見たり聞いたりした事はないのだろうか。そもそも法人タクで未収チケットは特に四社に多いので、中小の会社では余り無いかもしれないが。
不正の概要を聞くと、何ともお粗末なバレバレの不正使用である。先方様会社に対して2回(違う事業者)もチケットを改ざんした事実が発覚し、契約取り消しになる懸念が伝えられた。たった1人の事業者によるチケット改ざんで大口の顧客を失うという損失は計り知れない。これはただの除名処分だけでは足りないと思うところだ。損害賠償の請求も視野に入れなければ納得がいかないではないか。

不適正営業も含めて常識に欠ける事業者が余りにも多いことに情けなさを感じる。


by Club-Taxi.com


脳MRI健診について [タクシー]

東京交通新聞6月12日付個人タクシー欄記事に「脳MRI健診」についての特集が掲載されていた。
実は、私も早くこの脳MRI健診を受けなければいけないと思っていたところで、つい先日健診を申し込んだばかりだった。それだけにタイムリーな記事である。脳MRI健診などの脳疾患。我々事業者に国が義務付けている年1回の総合的な健康診断は組合で受診をしているが、脳MRI健診や胃カメラ、大腸内視鏡検査等の特定部位の検査は個人的に受診しなければならない。健康診断だけで十分、大丈夫だろうとついつい思いがちではないだろうか。50代になってあちこち身体にガタを感じるこの頃である。50代になったら、主要な特定部位の検査は受診すべきである。

友人に勧められて大腸内視鏡検査は2年前に行った。ポリープが3箇所ほどあり切除してもらった。ポリープは、放置しておくと癌になる可能性があるという。あと、もう5年くらい前になるが組合の健康診断で胃に影があるというので胃カメラ検査をしたが異常はなかった。そして今回脳MRI健診を受けることになったのである。

記事には、文京支部の支部長さんが、くも膜下出血を発症し、リハビリを経て復帰された体験談が掲載されていた。年齢は53歳。私よりも4歳若いが同じ50代である。この支部長さんは、自身の体験から脳MRI健診の必要性を痛感し、支部で脳MRI健診の助成をすることになったという。

これまで組合の重大事故でも脳疾患による事故は多数報告されている。脳疾患は意識を失うことから重大事故に繋がる危険性が極めて大きい。お客様の生命を預かる職業ドライバーに脳MRI健診が義務付けられていないのがおかしいくらいではないだろうか。

by Club-Taxi.com


個人タクシーの暴走危険運転が投稿される [タクシー]

コメント欄を見ていただくと分かりますが、読者様(恐らく同業事業者)より個人タクシーの暴走危険運転の模様がYouTubeにアップされていると投稿がありました。見てみると、驚いたのはうちの組合所属で事業者名、車両ナンバーも隠す事なく公開されていることです。この動画は危険運転をする個人タクシー事業者の住んでいる地域住民の方からの投稿動画のようです。説明書きには子供たちから「殺人タクシー」と呼ばれているとも書かれています。地域住民を不安に陥れている現状が伺えます。

組合本部でも既に把握をして指導改善に動き出しているようです。YouTubeにはこの動画の他にも個人タクシーの暴走等が車両ナンバー公開で投稿されていました。最近では、こういったドライブレコーダーによる投稿が多くなっています。一般車両に対しての危険行為等は直ぐに警告、通報公開される時代になってきました。注意しなければならないですね。しかしながら違法行為を行ったとはいえ事業者名、車両ナンバーの公開はプライバシーの侵害に該当するのではないでしょうか。投稿者の方は然るべき所(警察や組合本部等関係機関)に苦情相談を入れたのでしょうか?そうでなければ個人的に警告の意味でYouTubeに投稿して自己満足でもしているようにも思えます。投稿動画の説明書きも、事実関係を誇大に書いているかも知れません。組合本部はその辺も詰めて、動画の削除と当該事業者の指導等を行ってもらいたい。

何れにしても、この事業者の危険運転は当組合のみならず個人タクシー全体の信用を失墜させる行為であり看過できない事案です。


車椅子について [タクシー]

朝の仕事で車椅子のお客様(若い女性)に乗車を申し込まれた。タクシーを止めて直ぐにお客様の方に回る。私の介助無しでご乗車頂いた。車椅子をたたみトランクに。車椅子は赤、白、黒とカラフルで軽くてコンパクト。若い方がよく使用されている今時の車椅子である。

コンパクトなのでトランクに楽々積めると思いきや中々入らない。クラウンハイブリッドのトランクはご存知の通りリアシート裏にバッテリーを搭載しているため容量が小さいのが欠点だ。向きをあれこれ変えてやっとトランクが閉められた。目的地に向かう車中、お客様は私が車椅子の積み込みに手間取っていた事について語り始めた。

まず、トランクに積めない車両は法人タクにも一部あるという。以前、法人タク車両でどうしてもトランクに入らず、運転手に「後部座席にお願いします―」と言ったが、シートが汚れるから駄目だといい。何とかトランクに入れようとやっていたが結局入らず運転手は渋々後部座席に積んだという。「シートが汚れるから―」を連発され非常に不愉快であったと言う。こういった場合に備えて、ビニール等の敷物を用意するべきである。汚れの付いている車輪がシートに接触しなければ良いのだ。タオルや新聞紙でも良いだろう。そして、お客様を不愉快にさせる言葉は不適正な接客である。また、運転手に車椅子を傷つけられたことにいても言及された。上記のようにトランクに中々入らず、ガチャガチャと乱暴にやっていたせいで傷を付けたり、高齢者の運転手にいたっては、力が無いからなのか乱暴に積み込まれたこともあったという。足の不自由な方にとって車椅子は身体の一部のように大切にされている方もいるのである。このお客様の車椅子は特注品でお気に入りだと伺った。

それにしても、お客様からこの様に色々指摘されると、先ほど自分が積んだ時に傷を付けなかったか心配になった。目的地に着いて確認をお願いしたが、何も見ず「大丈夫ですよ!」と了承を得たので安堵した。
色々勉強になりました。トランクの容量が小さいタク車両は駄目だね。ゴルフバックも入らんし。お客様優先になっていない車両だ。反省しなければいけない。次期車両はトランクの広い車両にします。

by Club-Taxi.com

またタクシー仕様の白タクか― [タクシー]

昨日うちの支部総会があった。本部副理事長からの話で面白い事案があったのでご紹介したい。

「個人タクシーが白ナンバーで走っている―」という苦情、あるいは問い合わせが多数組合本部に寄せられているという。恐らく問い合わせのほとんどが同業の事業者、法人タク運転手からであろう。この話を聞いてピンと来たのだ。先日私も品川駅前で停車している東個協仕様の白ナンバーを目撃した。思わず通り過ぎてからもルームミラーに目をやり確認したほどだ。頭を巡らせた・・・車両を譲渡した!?いや、行灯が付いているのはおかしい。あれでは白ナンバーも交付されないだろう。うちの東個協仕様で白ナンバー!?またしても頭隠して尻隠さずのタクシー仕様の白タクなのかと。

そして今回の副理事長からの話である。実は、特別仕様ナンバープレートだというものだった。

※国土交通省のHP

「アジア初のラグビーワールドカップが2019年に我が国で開催され、全国12か所で熱い試合が繰り広げられます。 国土交通省では、これを記念し、本年4月3日(月)から我が国初の特別仕様ナンバープレート を交付し、その申込みを 2月13日(月)から開始します。」

このプレートだが、通常事業用ナンバープレートは緑の地に白文字。一般車両はその逆で白地に緑文字。この記念プレートの事業用は白地に緑文字で、プレートの縁部分だけが緑色で事業用を示している。見た目はまるで白ナンバーに見えるのだ。おまけにナンバープレートカバーが付いていると縁の緑色が隠れて、まったく白ナンバーにしか見えなくなる。この特別仕様ナンバープレートを付けた事業者は、パトカー2台に挟まれて職質されたり、警察署で1時間半も拘束され事情を聞かれたという。

これから東京オリンピック記念の特別仕様ナンバープレートも交付されるらしい。


いつもの場所で、いつもの人 [タクシー]

nhashi.jpg


朝の一仕事で、いつもの流す道で拾いたいお客様がいる。狙っているのは、この人だ。この人とは、いつもの場所でご乗車されるいつもの人なのである。何故かこの人と言ってしまう理由がある。かれこれ数ヶ月になるだろうか、もう十数回はご乗車頂いているだろう。多いときは週に2、3回もあった。お互い顔見知りのはずなのに未だに親しい挨拶が何一つ無いからである。

お客様の中には、朝から運転手と親しく話などしたくない方もいるだろう。恐らく私を知っているはずなのに、如何にも初めて乗ったタクシーと言わんばかりに目的地と経路を毎回丁寧にご説明される。だから私もそのお客様の思惑を読んで気を遣い、初めてご乗車頂くお客様の様に毎回振る舞う。私も朝からお客様に気を遣いべらべら会話をしながら走るのも煩わしい。通常であれば大概の方は「あっ!いつもの運転手さんですね。いつもの目的地までお願いします!」と言うのではないかな。お互い他人行儀の知らんふりで、それがまた滑稽に思えるではないか。年齢は私より若い中年男性。他人とあまり関わりたくないという現代人特有の気質を地でいっているようだ。

行き先が環七の外から首都高利用で都心オフィス街までだから5千円くらいになる。いい仕事である。ただ、別にこの人に固執しているわけではない。ストーカーじゃあるまいし。流しのタクシーらしくその日の風の吹くままの営業に変わりはない。


明日から4月 [タクシー]

1yland32.jpg

冬が終え、早いもので3月も今日で終わろうとしている。寒暖の差の激しいこの頃、3月の売り上げも気温と同じように乱高下の月だったのではないだろうか。出来ない日、出来る日と乱高下しながらでも何とか目標を保っていたようである。

年度末ということもあり歓送迎会シーズンたけなわ。異動の時期でもあり深夜の歓楽街ではちらほら送別会の帰りというお客様にもご乗車いただいている。営業を振り返ると20日過ぎからロングのお客様を乗せる機会が増えてきたと感じる。今週は今日(木曜日)まで毎日1、2本の万収があったので、タクシー帰宅を控えていたお客様が出ているのだと検証できる。サラリーマンの皆さんも付き合いがあるので止む無くタクシーで帰宅ということだろう。

さて、本日は今月最後の金曜日で月末。おまけにプレミアムフライデーということで深夜の人出は如何に。


by Club-Taxi.com


籠池問題に一言 [政治]

もういい加減にしてくれというほどテレビをつければ見たくもない籠池理事長の顔が出てくる。
安倍総理夫妻もとんだ災難である。それだけではない。一国家と国民に大迷惑を掛けているとんでもない奴だ。幼稚園を経営しているということだが、これが教育者たる姿と振る舞いであろうか。小学校開設という欲望のために権力にすり寄り、あの手この手で政治家にすがりつく。総理夫人を利用して国有地を安く購入するために役人に忖度を仕掛けたのだろう。認可が降りないとなると手の裏を返して、お世話になったにも関わらず安倍総理夫妻を陥れるのだから史上最低の男である。昭恵夫人も脇が甘いといえる。いい人なんだろうが、やはり総理夫人だから相手を良く調べて行動すべきであっただろう。何たって国家国民を敵にまわす相当胡散臭い男なのだから。教育勅語を唱っているようだが、愛国心が本当にあるのか疑問である。なぜならば、国家国民に迷惑など掛けない。それこそ道徳ではないのか。すべてが自分の私利私欲なのである。こんな非常識な男に国家が振り回されてはならない。


 by Club-Taxi.com


往復仕事に想いを馳せる [タクシー]

apple.jpg

タクシー人生でロングの往復仕事の思い出は私の脳裏からいつまでも消え去ることはない。金目に執着する守銭奴たる所以であろうか。(笑)

都心から他県へ行き、別のお客様が乗車で帰りも実車。こんなぼろい仕事はない。1.5万円行って帰りもあるから倍の3万円。個人的な予約の仕事や無線配車ではない。予約仕事や無線の仕事なら幾らでもいい仕事はあった。拾いだからこそ思い出になり、流しのタクシーの醍醐味を感じるのである。

往復仕事には2つのパターンがある。
1.都内でお客様を拾い他県で降ろして、また別のお客様を現地(他県)で拾い都内まで戻ってくる。
2.都内で拾ったお客様が他県に行ってまた都内に戻ってくる仕事になる。(同一のお客様)

それでは、その醍醐味を振り返ってみたい。

1.の場合
①あれは会社勤め時代。小雨の降る深夜、横浜市旭区の二俣川に行った帰りに人気の無い暗闇の県道を走っていると、傘をさした女性の後ろ姿が目に入った。ベージュのコートにハイヒール。髪の毛はセミロングで金髪。車の気配で振り返った女性は手を挙げた。私は思わずタクシーを止めて助手席の窓を開けて東京のタクシーなので都内しか行けないと告げた。女性は、否男性は「歌舞伎町までいいかしら!」勿論ドアを開けご乗車頂いた。オカマのモナ子さんか!?

②都心から神奈川県海老名市に行った帰りである。お客様を降ろして間もなく国道246の側道を走っていると絶妙なタイミングで左側の路地から人が出て来て、晴海のホテルマリナーズコートまでだった。まさかこんなところで・・・
気持ちが悪いくらいの絶妙なるタイミングなのである。先の仕事とあわせて往復で3万超である。

③埼玉県浦和市の頃、深夜の浦和でお客様を降ろして大宮バイパスに出ようと県道を走っていると男性に手を挙げられた。行き先は池袋。

④深夜の京葉幕張インター入口手前でアベックが手を挙げている。男性だけが乗車して大田区久ヶ原まで。

⑤たしか金曜日の深夜だったと思うが、京葉原木インター手前1キロ辺りで酷く酔っ払ったサラリーマンに手を挙げられた。行き先は大田区六郷土手。

⑥師走の深夜、国立市でお客様を降ろして間もなく国立駅前から新橋まで。驚愕で感極まる。また、新橋でロングが拾える可能性が大だ。

⑦日吉駅前から相模原経由の目黒区鷹番。嬉しいね実車で地元に戻ってこれたのだ。

⑧松戸の帰りに国道6号葛飾区金町付近から首都高経由で大田区鵜の木に。

⑨やはり松戸市の帰りに葛飾区新宿から首都高経由で渋谷区幡ヶ谷に。

2.の場合

①深夜の恵比寿からアベックを乗せて茅ヶ崎経由の浜松町。3万超。

②深夜の目黒からアベックを乗せて首都高、外環、関越所沢利用で入間市経由の大塚駅。3万超。


記憶を辿るとこんなところでしょうか。恐らく皆さんはもっといい仕事をされているに違いない。私のこの仕事なんて序の口であろう。誰しも長年タクシーをやっているといい仕事も平等に巡ってくるものである。往復仕事は自分の事業区域に戻って来れるから嬉しい。特に都心まで戻ると直ぐに次の仕事に取り掛かれる。タクシーの売り上げは効率である。拾いで1万円以上の往復仕事は、年に1、2回有るか無いかではないか。特に最近は不景気なので滅多に巡ってこない。

by Club-Taxi.com








客から運転の指図を受ける [タクシー]

clubtaxi015.jpg


先日の朝のことである。
営業中、生理現象で催してきた。営業所が近かったので一旦戻ることにしたが、緊急ではないので回送にしなかったところ、路地に入るとまさかのお客様。朝だから回送にしないと捕まってしまうのは仕方がない。

ご年配のサラリーマンで、丁寧な道順のあと「急いでください!」と気になる一言が告げられ市ヶ谷まで向かうことになった。駒沢通りを上り、山手通りの交差点手前約150mで左側車線の車が少し詰まっているのが見える。右車線は空いているが、私は右折車両がいるだろうと左車線を走っていると。

「右側から行ってください!」
「右折車がいますからね・・・」と私は言いながら右車線に出た。
遠慮しがちに「そうですか・・・」とお客様。

案の定右折車両がいたが、かろうじて左折車を邪魔することなく交差点をすり抜けた。

急いでくれ!と言われれば極力急いであげるが、我々プロにとって運転の指図は非常に不快なのである。「それじゃお客様、自分で運転しますか?」と言いたくなるくらいだ。そりゃあ勿論運転させるわけにはいかないが。信号が多い都内である。だいたい急いだって5分と違わないだろう。こういった急いでくれという注文は遠慮しがちに気を遣って言ってくれるのならまだよいが、当たり前のように言われたり乱暴口調で言われれば、きっぱり安全運行しか出来ないと言い、違うタクシーに乗り換えるか継続かを迫るだろう。

先日なんかは、若い女性が乗ってきて急いでくれと言われた。極力急いであげたが、目的地に着いてから何のお礼の一言も無く降りていかれた。不機嫌な顔が、より一層ブスに見えた。礼儀さえ知らない無礼者である。

by Club-Taxi.com