So-net無料ブログ作成

恐るべしGPSの精度 [タクシー]

先日の大雪だった仕事明け、午後から寝たのだが、枕元で寝込みを襲う携帯が鳴った。組合本部の忘れ物係からだった。何でもお客様が私のタクシー車内に携帯を忘れたと言うのだ。更にお客様がGPSで調べると私のタクシーの中にあるらしいと。

朝方学大駅前から横浜市旭区迄のお客様が頭に浮かんだ。「お忘れ物御座いませんか?」と声を掛けても忘れるんだよね。まったく。しかし、最後に乗せたのは、次のお客様である。田園調布本町の中原街道から広尾迄のお客様。確か車内で電話をしていた。果たしてどちらのお客様か!?

車庫に行って運転席後ろの後部ドアを開けると床に落ちているではないか。拾い上げドアを閉めると、男女のアベックがタクシーの前に立っている。「あっ!どうも」直ぐに横浜市旭区迄のお客様だと分かった。そのまま手渡した。彼の片手にはiPadらしき端末。GPSで確認して私の家まで来たのだった。恐るべしGPSの精度である。警察に届ける手間が省けたので助かった。それにしても、あの最期のお客様はお二人だったので、気が付いてもよさそうに思うのだが。既に落ちていた携帯に気が付かず踏みつけていたものと推測される。(笑)

以前、本部理事から注意事項として聞いた話。同じように個タク車内に携帯を忘れたお客様がGPSで突き止めたのだが、直ぐに取りに行けなかったらしい。この事業者は数日間警察に届ける事をせず放置していたとして苦情に発展した話である。お客様の忘れ物は速やかに届けないといけない。

by Club-Taxi.com

nice!(0)  コメント(0) 

見たくない事故を目撃してしまった [タクシー]

それはタクシーの事故である。それも私の直ぐ目の前で。おまけに同じ組合の事業者。 

一昨日朝のことである。私は実車でとある幹線道路の上り線で、山手通りを五反田方面に行くため、先頭から2台目で右折信号待ちをしていた。右側に視線をやると、うちの個タクが五反田方面から来て左折を掛けているのが分かった。ここは常時左折可能である。視線を前方に戻した時、「ガシャン!」という音が聞こえ、再び右側に視線をやると、自転車に乗った若い婦人が個タク車両の真正面下で自転車ごと横たわっていた。横断歩道上である。婦人は赤ちゃんを胸に抱えたままだった。付近を歩いていた人々に助けられ起き上がった。幸い頭は打っていないようだった。赤ちゃんもお母さんの胸に抱えられているため無事のようだった。 

ここは常時左折可能な交差点だが、右側に歩行者が信号待ちで待機できるように安全地帯が設けられているため、左折時は横断歩道手前で歩行者の左右の横断確認と、右側から来る車両の確認が必要になり注意が必要な場所である。特に朝などは人通りや自転車の往来が多いので神経を使う。残念ながら、事故を起こした事業者は左側から来る自転車の存在が確認出来なかったわけだ。同業者だけに本当に無念である。思わず私も実車中の車内で声を上げてしまった。しかし、乗車している女性のお客様はスマホに夢中になっていて意に介さない様子だ。横断歩道上での対歩行者及び自転車との事故は過失が大きい。 この様な同業者の事故を目撃するという事は、意味があると思う。あなたも気を付けなさいという事だと捉え、日々の安全運行に努めなければいけない。 



nice!(1)  コメント(0) 

正月連休明けの営業は― [タクシー]

sky.jpg


連休明けの今週は、新年会もちらほら見受けられ、私の営業も何とか目標売り上げをキープ。昨晩金曜日は、仕事の内容も久しぶりに好調で、1日の売り上げとしては昨年末の最高売り上げより良かったという結果に安堵しました。しかし、来週からは、巷の新年会も終焉を迎え、また暇な夜が続く可能性は大でしょうね。 週明けは確定申告の書類提出期限日。3か月分溜まった月報も未提出に加え、今週の稼ぎの換金など明日の休みは事務仕事で半日を費やすであろう。




nice!(0)  コメント(0) 

新年早々タクシーの事故違反を目撃する [タクシー]

xxx.jpg

正月と連休も終わり本格始動した9日深夜。新年早々タクシーの事故、違反を目撃する。

目黒駅西口そば、目黒通り下り線の権之助坂。法人タク2台が追突した形でめり込むように衝突している。ただの追突事故ではないだろう。一体全体どうなっているのか!?前向いて運転していてなぜこうなるのか・・・それが事故である。歩行者等を巻き込むような人身事故じゃないとよいのだが。

赤坂通りでうちの個タクが警察官から職質!? これが何なのか流していて判明した。違反の取締である。田町通りをベルビー赤坂方面からくると赤坂通りは曜日指定で終日右折禁止である。私もこの目撃の後、流しながらここに来て右折方向を確認すると、チャリンコのお巡りさんが居るではないか。(笑)ここは、タクシーが標識を確認せずに右折するので取り締まりのポイントになっている。以前は、この赤坂通りを越えた先で、パトカーが消灯して張り込み取締りを行っていた。 明日は我が身というのがありますが、事故、違反にはくれぐれも注意しなければなりません。少ない稼ぎですからその損失は大きいです。




nice!(1)  コメント(0) 

リア・ショックアブソーバー交換、ステアリング交換済!! [タクシー]

real15.jpg


先日の3ヶ月点検によりショックアブソーバーのオイル漏れが確認され、本日交換してみました。来月に先延ばししなくてよかったと思いました。オイル漏れは滲み程度ではなく漏れでしたからね。営業中にお客様が乗車され、走行中に凸凹でリア左側の足廻り付近から、ショックがボトムしたような異音が出だしたからです。恐らくオイル漏れで減衰力が低下しているのでしょう。交換後は、やはりいいですね。明らかに乗り心地が良くなりました。

ステアリング交換ですが、新車時から使用していた純正のステアリングは、表面が磨り減り、自分の手垢で臭いも感じられるようになり交換に踏み切りました。何せあと2年くらいは乗るでしょうから。トヨタの純正はダサいので、車外品「REAL」のピアノブラックにしてみました。見た目もカッコいいし、握りも太くていいですね。純正は細過ぎ。

ついでに最新式レーダー探知機も付けました。セルスター製です。生活道路等の移動オービス対応です。
これで準備万端、仕事も楽しくなりますね!(笑)




nice!(0)  コメント(4) 

師走の忙しさなんて昔の話だよ [タクシー]

タクシー運転手の口癖はいつも「暇」である。師走はタクシーにとって繁忙期のはずだが・・・
師走も月半ばになろうとしている13日(水)までは何時もの月と変わらぬ暇な日々が続いていた。14日木曜日は若干だが師走らしい人出があり、15日金曜日はさすがに今シーズン一番の人出だった。

親しい後輩に師走の暇な状況をぼやくと「師走の忙しさなんて昔の話だよ。日中は忙しいが、夜は月半ばまで暇。期待するのがおかしい。」と一蹴された。確かにそうである。少なくともここ10年以上は例年変わらぬ暇な師走を経験してきた。しかし、私はいつも昔を思い出して期待してしまう。あの昔の忙しさを経験すると何時までもその幻想に取り付かれているだろう。近年タクシー運転手になられた人はこれが当たり前だと思うだろう。経験していないのだから当然である。ぼやきが口癖のタクシー運転手。これからは良い時も悪いときも一喜一憂せず過ごしたいものだ。

今年も早半月を切った。売り上げも頑張らなくてはならないが、何よりも無事故で2017年を締めくくりたい。

by Club-Taxi.com




nice!(0)  コメント(0) 

飲酒運転撲滅に動き出した!? [タクシー]

al1.jpg

組合事務所に伺うと見慣れない人が居た。

普段午前中は、まず顔を合わせることが無い支部長だった。組合本部からの指示により、12月から事務所に出入りするすべての組合員(事業者)にアルコールチェッカーによる検査を行うというのだ。月初めの換金の締切日も近いことから多くの組合員が事務所にやってくる。その度に支部長が声を掛けて検査をお願いしている。車を運転して来ない組合員についても対象で、普段からアルコールチェックすることを心掛ける、習慣付けて欲しいという趣旨もあるという。

止まらない度重なる個人タクシーの飲酒運転による不祥事。運輸局からの厳重注意を受けて、再発防止の対策に乗り出したのである。書面やポスターで啓発しても効き目は無かった。果たして効果は如何に。

支部長に聞くと、中にはアルコール検査を拒否する組合員もいるという。理由は分からないが、会社じゃないので強制は出来ないという。協力できないというのは、問題意識がまったく無いのだろう。大丈夫かね!?相変わらず変人が多いね個タク事業者は。




nice!(0)  コメント(0) 

タクシー運転手の窃盗 [タクシー]

waru.jpg


上記写真は、組合事務所で見た警察からの捜査協力依頼書である。
読んでいただきたいと思うが、簡単な概要は、タクシーに乗ったお客様がコンビ二に寄るためタクシーを待たせておいたところ、お客様が戻ってくると、後部座席に置いていた荷物(バッグ)ごとそのタクシーはいなくなっていたというもの。

お客様はタクシーの後部座席に荷物(バッグ)を置いていたので窃盗事件となっている。 あまりにも酷い悪質な犯罪行為である。この運転手は自分のやっていることが、どれだけ卑劣な犯罪行為であるかを分かっているのだろうか。 これを見て、以前NHK職員が個人タクシーに乗り、同じように待たせておいたところ、荷物ごといなくなったという事案を思い出した。以前から同様の「待たせておいたのにいなくなる」という事案は何度か起きている。 どうにも、こんな大胆な事をやるのは悪の個タクがやっているのではないかという疑念を抱くのである。タクシーメーターの扱いが法人と個人では違うからだ。あくまでも憶測ではあるが。繁忙時間帯になると、行きたくない目的地だと平気でとんずらするのではないか。だいたい、荷物があるのにそのままいなくなれば窃盗になることくらい分からないのだろうか?それだけではない、道路運送法違反にも問われる。運送の引受義務違反である。 お客様の信頼を裏切る悪質な違法行為だ。最近は防犯カメラから犯人検挙に繋がるケースは多い。恐らく車種等が特定され、犯人逮捕は時間の問題ではないだろうか。悪質なタクシー運転手である。是非とも逮捕していただきたい。



nice!(0)  コメント(5) 

ショックアブソーバー交換必要 [クラウン]

一昨日トヨペットさんで法定3ヶ月点検を受けた。

リアのショックアブソーバからオイル漏れが確認されたという。提示された見積書は13万少々。走行距離は27万7千キロなので持った方ではないかな。漏れの度合いは滲む程度なのか尋ねると、そうではないという。次期3ヶ月点検迄は持つのは厳しいかも知れないとの事。来月辺りにも交換しようと思う。リアはメインバッテリーの搭載に加え、常に後部座席にお客様を乗せるし、駆動輪でもあるため負荷が掛かるので仕方がないだろう。



nice!(0)  コメント(6) 

国会議員が因縁付ける!? [タクシー]

つい先日のことだが午前1時過ぎ、空車が少なかったので赤坂通りの田町通り出入り口に付けてみた。
後部座席の窓をコンコンと叩いて乗車を申し込まれたのは、スーツネクタイ姿のサラリーマン風男性。年齢は40代くらいだろうか。
乗ってきて最初に発した言葉は、「パスモ!」と言ったらしいのだ。 私は「!?」何を言ったのかはっきり聞こえず直ぐに返答は出来なかった。間を置いたあと、客は「パスモ使えるのか?」と語気荒く横柄に言い放った。

「ご利用になれます。どちらまで参りましょうか?」

「麹町!弁慶橋渡って突き当たり右!」

この言葉にも何か険のある語気荒い言い方だった。おかしな客だと思いルームミラーで客の顔を見ると、
「睨んでいるのか?」と言う。
私は「後方の確認をしています。」と、とぼけた。

益々おかしい客だ。憶測だが目的地が近距離なのでタクシーに対してトラウマがあるのだろうと思った。それも個タクに対してではないのか。ここから麹町なので数百円で行ける距離である。個タク運転手の態度に日頃から頭にきているのではないか!?だから恨みでもあるかのようにあえて個タクに乗る。そして横柄な態度を無理に装っているように感じるのだ。 弁慶橋を渡り突き当たりを右折して数十メートルくらいでタクシーを止めた。 パスモで支払いを済ませたその客は、参議院の麹町宿舎に消えて行った。

胸にバッジは付けていなかったが、恐らく参議院議員であろう。先日全国ニュースで報じられた札幌のタクシー車内で暴れた弁護士と重なるのである。天下の国会議員の先生が、タクシーに乗る時のマナーも分からないのだろうか?立場をよく考えて欲しい。よくマスコミが取り上げる国会議員の資質が問われている実態を垣間見た思いがする。 私は、その男の顔をしっかりと記憶に焼き付けた。どこの党の何という議員なのか確認してみたいと思う。

by ClubTaxi.com

nice!(0)  コメント(5)