So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

天下のトヨタ車どうした? [タクシー]

友人の個タク事業者が先週の金曜日にタクシー車両が故障してとんでもない事態になっている事が分かった。ブレーキ系統の故障で部品が届くまで1週間は要すると言うのだ。それから修理して営業再開は連休明けになるのではないかという。愛知県にあるトヨタ本社の拠点辺りから取り寄せるらしいのだが、外車の部品を外国から取り寄せるわけじゃあるまいしこれはまったくもって有り得ない話だ。これは部品のストックがない、品切れということであって急遽部品を生産するということではないのか!?
友人の乗っている車両は現行カムリの前の型でHV車。走行距離は10万キロを超えたところ。約4万キロくらいの程度の良い中古車を購入してタクシー仕様にした車。ご承知の通り代わりの車両が認められていない個タクは営業損失になる。天下のトヨタが一体全体どうしたのであろうか!?

友人もこれまで個タク開業からトヨタ車を3台を乗り継いできたがこんな酷い事態は初めてだと言う。私もクラウンを3台新車で購入して1日たりとも営業損失を出さずにきたのが誇りでもあった。友人のカムリHVはかなりの台数が個タクでも導入されている。そういった情報はまったくもって入らなかったという。こういう情報は積極的に収集しないと入らない。情報交換の大切さも必要である。組合がこういった車両のメンテナンス情報等にも関与していただくと組合員は安心して車両を購入できる。友人の同意を得てこの記事を掲載しました。

nice!(0)  コメント(2) 

マイルスを聴け!! [Jazz]

仕事に疲れたらマイルスの演奏が何よりの癒しになる。渋すぎる!

マーカス・ミラーは、マイルスに告白した。マイルスと初めて共演したことをタクシー運転手に自慢したが、運転手は「ヤツはいい歌手だよ!」と言った。マイルスを茶化すマーカス・ミラーが面白い。




nice!(0)  コメント(0) 

厚生労働省から苦情が入る [タクシー]

bat.JPG

苦情の概要は写真でご確認ください。
公道において、自分たちで勝手に暗黙のルールを作りタクシー乗り場にする。近距離だと乗車拒否をする。厚生労働省のここは長距離乗り場で、あそこが近距離乗り場。そんな勝手なルールを厚生労働省の職員さんに強要するのだから呆れたもんである。それも昨日今日の話ではない。長年の慣習になっている。その他総務省からも同様の苦情が入っているという。

私は霞ヶ関には付けない。1~2時間も並んで410円~5千円では採算が取れない、割に合わないからだ。鼻番になって410円のお客様でも乗車拒否は出来ないということです。並んでいる人は、それを覚悟の上で順番を待つ。それが嫌だから私は並ばない。


「改善が見られなければ契約解除を検討せざるを得ない―」ということです。契約解除になれば、少なくとも流している事業者にだって影響が出るわけです。契約しているチケットを持っているお客様が消えるわけですから大きな損失に繋がる。誰が責任を負うのか?これまでチケット改ざんでチケット契約解除もあったでしょう。それでも除名処分で組合を追い出すだけだ。組合の罰則規約に損害賠償も課すべきではないのか?そうでもしないとこういった不適正営業、乗車拒否は根絶しないだろう。例えば不適正営業により顧客から契約解除を通告されたら、組合及び組合員に損失を与えたとして、毎月10万円を10年間に渡り損害賠償を支払う等。



nice!(0)  コメント(4) 

5月14日付東京交通新聞を読んで ② [タクシー]

記事:新経連(新経済連盟)「ライドシェア新法」案 関係省庁に提出
楽天社長三木谷氏が訴えるライドシェアだが、これが認められると地方都市並びに東京特別区も確実にタクシー運転手の収入減という打撃を被るに違いない。タクシー会社、個人タクシーも存亡の危機が懸念される。

三木谷氏が提起する問題点
1.訪日外国人の対応は、東京特別区(23区・武蔵野市・三鷹市)に至っては既存のタクシー台数で足りるのではないか。近年の需要傾向として、深夜から早朝にかけての需要は少ない。稼動時間帯を日中の時間帯中心にシフトさせることにより対応できる。深夜0時から早朝6時までの稼働台数を減らし朝7時~深夜0時までの時間帯に細分化したシフトも組める。個人タクシーも協力する必要があるだろう。

2.人手不足については前回の記事の通りで、まったく需要に対して運転手は不足していない。

3.プラットフォームの責任について【無届けドライバーの仲介禁止、犯罪歴・重大事故歴の人の排除、1日当たりの運転上限時間の設定。重大事故時の諸官庁への報告、ドライバーの利用停止措置。事故被害者からの直接請求に応じる。】無届けドライバーの仲介禁止とあるが、具体的な予防策が示されていない。本人に入れ替わる等様々な違法行為が予測できる。そして一般人のドライバーの運転技量に当然ばらつきが有り、まったく不明な点。タクシーと同じ営業行為なので第二種普通自動車免許取得は必須である。また、一般人のマイカーの整備状態、自賠責保険、任意保険加入の有無等も不明。相乗りは既存のタクシーで出来る。以上のことから、まったく安心・安全が担保できず犯罪の温床となる懸念が十分ある。

歓楽街には白タクが横行している。そして飲食店が一般人のマイカーに報酬を払い店の女の子を家まで送らせる。“送り”と言われる行為がある。また、中国人による中国人観光客のための白タク行為もある。このような白タク及び類似行為が横行している中でライドシェアなど認めると大変ことになるであろう。三木谷氏はタク業界に首を突っ込み儲けようとしている。正に利己主義。利己主義とは、自己の利益を重視し、他者の利益を軽視、無視する考え方。私は個人的にネットショッピングは昔からアマゾンで楽天は幸いにも一切利用しない。これからも永遠に利用はしないだろう。




nice!(0)  コメント(12) 

5月14日付東京交通新聞を読んで ① [タクシー]

見出し一面の記事は、新経連(新経済連盟)「ライドシェア新法」案 関係省庁に提出である。新経済連盟は、三木谷浩史 楽天社長が代表理事の経済団体。

以下ウイッキペディアによると【インターネットを利用したコンテンツ産業を行う企業群が参加する経済団体。「eビジネス、ITビジネスをはじめとした様々な新産業の発展を通じ、国政の健全な運営、地域社会の健全な発展に資すること」、「新産業の公正かつ自由な経済活動の確保、促進及びその活性化による国民生活の安定向上に寄与すること」を目的とする】とある。 その他『超観光立国』の実現に向けてと具体的に持論を展開している。その中にホームシェア、ライドシェアがある。

以下東京交通新聞記事『新経連はライドシェアの必要性について訪日外国人の増加とタクシー業界の人手不足を挙げて「シェアリングエコノミー(共有型経済)によって課題を解決することが求められている。プラットフォーム、ドライバー双方に責任を課す制度設計で安全性の担保は可能』としている。『ライドシェアプラットフォームの責任として、無届けドライバーの仲介禁止、犯罪歴・重大事故歴の人の排除、1日当たりの運転上限時間の設定。重大事故時の諸官庁への報告、ドライバーの利用停止措置。事故被害者からの直接請求に応じる。』などとしている。

読んで違和感を覚えたのは、まずタクシードライバーの人手不足というところである。これはタクシー会社が長年訴え続けている愚痴にも似た言い訳で、実態とは乖離している。これが新経連に付け入る隙を与えた要因でもあろう。タクシー会社は今も昔も増車意欲が旺盛だ。台数が多ければ多いほど利益も多くなる。大手タク会社のブランド力を活かしたグループ化も良い例である。タク業界は近年様々な営業戦略を打ち出してきたが、運転手の収入はパイ(需要の総体量)の分け合いで収入は微増という程度で中々上がらない。突出した需要が上がらない限り運転手の大幅な収入増とはならないだろう。パイがさほど変わらない現状で我々運転手の収入がいったいどれだけ上がったのかと問いたい。認可を受けた台数に対してドライバーが少ない、集まらないのであれば適正な台数に戻す。未だまだタクシーの台数は多すぎると感じる。運転手の収入を上げるには台数の削減が最も効果を上げる方策である。陽気が良くなったGW明けの需要は惨たんたるものである。一昨日の深夜(5月14日)辺りは、リーマンショック時、東日本大震災時を思わせるほど人出が無かった。
長くなるのでこの新経済連盟の問題点は次回に述べたい。




nice!(1)  コメント(0) 

BMW 740Li Excellence(車両価格¥15,700,000)に試乗 [タクシー]

BM120.jpg


BMWの最上位7シリーズセダンに試乗する機会があった。
ハイヤー乗務員の友人から連絡があり自宅まで来てくれた。現行型の大型高級セダンは果たしてどんな車なのか。

外見の印象は、車幅があり平べったい低重心のフォルムは街で見掛ける新型BMW7シリーズそのものである。ロングボディだけあって後部ドア幅は長い。まずは後部座席にVIPになったつもりで乗り込む。ロングだけあって足元の前席との間隔はやけに広い。クラウンの比ではない。応接間のソファーに座っている感覚と言ってもよいだろう。センターコンソールに上面には液晶タッチパネルで、オーディオコントローラー、エアコンなど操作が出来るようになっている。センターコンソール側面にはリアリクライニング調整スイッチも付いている。エンジンを掛けると3ℓ直列6気筒DOHCターボ(326ps/5,500rpm)の重低音が響く。しばし自宅周辺を走行してもらった。

私が過去に運転したことがあるドイツ車は、楕円形のヘッドライトが特徴のベンツE400(W210)や乗せてもらったことがあるベンツS500(W220)くらいである。初めて乗るこのBMWも、やはりベンツに酷似しているサスの効いた足回りを感じる。乗り心地は決してゴツゴツした硬さではない。適度にしっかりと凸凹を吸収していて快適な乗り心地である。私の30万キロ近く走ったクラウンHVの減たったサスと比べるとはっきり分かる。Fサスは未だ交換していないため足回りがバタついているのだ。このBMWは未だスタッドレスタイヤを履いているがタイヤの走行音が少ないのは床周りの遮音性が効いているものと思われる。友人によるとこのスタッドレスタイヤの走行音は少ないとのこと。右ハンドルだがウインカーとワイパーの位置は国産車と左右反対で、ウインカーを動かそうとすると、どうしてもワイパーを動かしてしまう。これはベンツも同じ。外車に乗り慣れていない者のコメントになる。高速走行が出来ないのが残念だが、クラウンと比べるとやはり低速走行でも若干の重さは感じる。ボディ構造は「カーボン・コア」を採用することにより従来比最大130 kgの軽量化が図られているというのだが、やはり2トンを越える車重は見た目もそうだが、重厚さ故に重く感じる。トランクのラゲージスペースは奥行きがかなりある。燃料タンクはトランク下部に設けられているのだろう。

はっきり言ってBMW 740Li Excellenceこんな車、タクシーとして使えるわけがない。ただの金喰いの車である。いつかは俺もBMWやベンツで個タクをやりたいと思う人もいるかもしれない。軽く1千万を越える外車も数年経てば中古車市場では半値になっているので手を出す事業者もいるようですが、よく調べて購入しないと痛い目に遭うことになる。金持ちなら問題はないだろうが、タクシー運転手という身分なのである。消耗部品類や故障による維持費が高額になる。走れば走るほど金が掛かる。結局は手放す羽目になり借金だけが残る、多重債務ということにならないように車両選びはくれぐれも慎重にしたい。個タクではレクサスの中古車も多いようだが、これだってエアサスの交換を4本やると60万円掛かると言われている。クラウンで20万円ちょっと。重量車なので足回りの負荷も掛かる。部品もクラウンより高額。これでタクシー事業としての採算が取れるのでしょうか!?一生懸命働いたとしてクラウンが上限ではないでしょうか。もっと労働力を落としたいならプリウスにする。これが現実であり実態なのです。高級車の見栄は一時の妄想の如く終わるのである。






BMW2120.jpg


BMW0315.jpg
BM0015.jpg
BM520.jpg

BM720.jpg

BM15.jpg


nice!(0)  コメント(4) 

安全運行で苦情の昨今 [タクシー]

組合本部が発行している組合員向けの「東個協ニュース」の紙面に、お客様から届いた「お客様要望カード」の内容を紹介している記事が掲載されている。これはお客様からの「感謝」と「苦情」に分けて掲載している。

よく目にする苦情に、「のろのろ走る、わざとゆっくり走っている・・・」などと苦情が掲載されている。
私は、これはどうなのか!?と思うところがある。恐らく急いでいるお客様からの苦情であると推測される。運転手が制限速度以下で走ることはあまり考えられないからである。制限速度プラス10km以内でも急いでいるお客様には遅いと感じるであろう。一個人のお客様のその時の感情が苦情としてきたのであろう。こういう苦情はあまり掲載するべきではないと私は思う。都内を走るタクシーの実車中のスピードはプラス10km、あるいはそれ以上が常態化しているのは周知の事実。そんな中で制限速度を守っていて苦情になるのだからこれはおかしいだろう。厳密に言えば制限速度40kmであれば41kmでも1kmオーバーの違反である。道路交通法の解釈である。

なぜ実車中のタクシーは早いのか?運転手の心理として、タクシーに乗る客は急いでいるからという思い込みも多いと思う。別にお客さんが急いでくれと言ってもいないのにスピードを出す。無言のプレッシャーと感じているという心理もあるのではないだろうか。私もたまにその事に取り憑かれることがたまにある。

急いでいるお客様ばかりではない。安全運行を望むお客様の方が大多数に決まっている。それが社会の常識だ。以前乗せた中年男性が仰っていた。「競うように急ぐタクシーは嫌いだ。急いでいる客ばかりではない―」と。
うちの無線で霞ヶ関某官庁の配車はスピードの出しすぎに注意と喚起されている。最初は何だこれは!?と思ってしまった。個タクの爺さんが、いい歳こいてバンバン飛ばして苦情になったんだろうね。(笑)




nice!(0)  コメント(2) 

前代未聞の目的地を間違える事態に [タクシー]

先週金曜日深夜の出来事である。東京駅斜向かいの八重洲からサラリーマン男性1名にご乗車いただいたのだが前代未聞の事態に発展した。
目的地は品川区旗の台。ルート確認で、一般道か首都高かを尋ねると早いのなら首都高でお願いしますと確認した。改めて再度確認した。「中原街道の旗の台ですね?」 首都高都心環状線から目黒線に入り荏原出口で降りた。平塚橋を過ぎて目的地に近づくと声を掛けた。「旗の台はどの辺りでしょうか?」

「あれっ!景色が違う。」

「えっ!」

「幡ヶ谷なんですが、ここはどこでしょうか?」
これはタクシー運転手を驚かせる凍りつくような言葉なのである。
「!?」

私は「ここは品川区旗の台です。」

これは私も恐らく始めてのケースかもしれない。私の聞き間違いに加え、お客様も私が再度確認した「中原街道の旗の台ですね?」の問いに「はい!」と承諾を頂いている。その事を言うと、お客様は道路の通り名は知らないからと仰る。(笑)お客様と運転手双方のケアレスミスである。お互い耳が遠いのだろうか!?お客様もお酒を飲んでおられたようですが・・・私の予測で恐らく同じような距離なので、ここで一旦清算して頂き無償でお送りしたのであった。西に向かうべきところを南に向かうという失態。目も当てられないですね。この距離だったから良かったものの、これが長距離でまったく正反対の南、北又は東、西方向だったらと考えると恐ろしいではありませんか。幸いお客様も温厚で理解のある方なので事なきを得ましたが。

運転手が間違いやすい有名な地名を挙げてみよう。五反田に五反野。亀戸に亀有。これに加えて幡ヶ谷に旗の台を要注意の地名として私の頭にインプットしておいた。(笑)

by Clun-Taxi.com

nice!(0)  コメント(4) 

大胆な改革を要望します [タクシー]

東個協の個人タクシーにもこの深い藍色を採用するべきだと思います。

東個協前木村理事長時代に黒塗り車色導入論は、本部理事による反対で否決されました。これはお客様のニーズより内輪の論理を優先させたものです。未だに組合員の中には黒塗り導入を希望している事業者はいることでしょう。先日スモークガラス規定も緩和され純正のスモークガラスは認められました。
事業者数減少の中、他組合では黒塗り車両を認められているのに東個協は駄目だという論理は時代錯誤ではないでしょうか。私の法人会社時代の後輩も数人が他組合に流れていきました。昔ながらの伝統の東個協カラーとこの藍色又は黒塗りの共存でよいではありませんか。

秋田理事長及び本部理事の大胆な改革を要望します。何よりもお客様第一のニーズに応えて欲しいと思います。そして東京オリンピックを盛り上げようではありませんか。

by Club-Taxi.com



nice!(0)  コメント(3) 

客の選別 [タクシー]

昨晩の金曜日深夜は雨のせいもあり人出がありました。
空車のタクシーが少なくなった午前1時過ぎ。東京駅前八重洲の交差点で、空車待ちしていた個人タクシー。私が信号待ちで隣に止まった。右からスーツケースを持った若い女性2人が横断歩道を渡り切るとタクシーに乗る素振りが確認された。乗せると思いきや、行灯が消えている!?直ぐに信号が青になったので私はタクシーを出したが、その個タクのスーパーサイン見ると迎車表示。私はタクシーを先の路地角に付けた。その後ルームミラーを見ると先ほどの個タクが路地を挟んで私の後ろに付けた。今度は、回送表示。


忙しい男だねまったく。客を選別するのもいい加減にせい!と言いたい。乗車拒否の常習犯だろう。そうやって客の身なりだけで選別しているとカスを掴む可能性が大だ。コソコソと泥棒みたいにせこい営業をしないで堂々と空車表示で営業出来ないのか?


タクシー運転手の営業倫理が問われる実態である。もはや精神論から論ずるべきである。公共交通機関としての使命感の欠如。金のためには平気で違法行為を行う。人間性の問題である。努力して、苦労して働きたくないという怠け者の心理である。昨晩あたりは、近いお客様でも回数をこなせば十分目標売り上げに届くほど人出があった。皆さんはどう思われるだろうか?違法行為(悪い事をして)をして稼いだ売り上げより、努力して、苦労して稼いだ売り上げの方が達成感もあるし充実感がある。

by Club-Taxi.com


nice!(0)  コメント(4) 
前の10件 | -