So-net無料ブログ作成

まだやっている個人タクシーの違法行為 [タクシー]

 roku.JPG

昨晩の夜で今年も師走の繁忙期が終わった。今年も不景気を象徴している師走だったと言えるだろう。
 目についたのは、久しぶりにタクシーを拾う人が溢れると目にする違法行為である。人が溢れると一部のタクシーは逃げ回る傾向がある。なぜなのか?客選びをしたくなるからである。タクシー乗り場にお客さんが一杯並んでいても無視をして通り過ぎる。これも、乗り場無視の不適正営業である。タクシー乗り場にお客さんが立っているということは、乗車を申し込んでいるということである。乗車拒否に等しいと言えるだろう。
 

 人出があったピークの昨晩、私の目の前で個人タクシーの違法行為は繰り返された。
 午前2時過ぎに首都高霞が関出口を出て内幸町から銀座、新橋界隈に入った。ビルの谷間を抜けてお客さんがいると思われる場所に向かった。前を走るタクシーはうちの組合の事業者だ。行燈の灯りが消えている。「迎車」か「回送」であろう。その事業者は通りに出る一時停止の場所でお客さん2人に乗車を申し込まれた。運転席の窓を開け、お客さんと何か話している。「迎車」であれば「偽装迎車」、回送であれば「偽装回送」となる。話がまとまったのか1人のお客さんはその事業者のタクシーに乗り込んだ。もう1人のお客さんは見送ったあと、後続である私のタクシーに乗ってきた。

 このお客さんと車中、個人タクシーについて色々会話が始まったのである。上記の事柄、乗車方法について等質問されたので、違法行為の実態を詳細に説明申し上げた。先の偽装回送の事業者に乗った連れの方の行き先は横浜だという。 お客さんは手を挙げて乗車の意思を示すと、運転手は窓を開けて「どこまでですか?」と聞くという。いつもあの場所でタクシーに乗車するのだが、違和感を感じていたという。運転手の「服装がだらしない、何となく柄が悪い」というのだ。正に違法行為を働く連中の服装と態度そのものである。お客さんに「どこまで?」と行き先を聞くなどということはありえない話なのである。手を挙げられたら、直ぐにご乗車頂く。それが、原則だ。乗車前に行き先を聞く自体、違法行為である。
 「遠くに帰られるお客様は苦情を入れない―。」運転手が媚びるからだ。違法行為を行う事業者の心理や、一部の不適正営業事業者により個人タクシー全体が迷惑を被っていることもご理解いただいた。まったくもって驚いたのは、未だに居酒屋タクシーをやっている事業者がいるのだという。このお客さんの行き先はさいたま市北区で1万4千円のタクシー運賃が掛かる。以前乗った個人タクシーはビールとおしぼり、名刺が差し出され、また呼んでくれというのだ。初めてのことなので、気が引けて受け取らなかったという。不景気が故のことであろう。未だにやっている事業者がいたのである。

  ※下線を引いた部分の解説
 

 
迎車・回送・偽装迎車・偽装回送
  
  迎車はお客さんをお迎えするための表示である。メーターの操作をしなければ迎車表示はされない。回送表示の取り扱いについては次の通りだ。乗務の終了時に車庫に向かう時、燃料の給油や食事、休憩、故障などの整備等のために回送表示ができる。歓楽街での回送表示は原則禁止されている。客選びのための「偽装回送」防止のためだ。やむを得ず歓楽街を通過走行する場合は問題ないと解釈している。しかしながら、お客さんが溢れているような状況下では、「偽装回送」を疑われてしまうだろう。「偽装迎車」はお客さんのお迎えを装い客選びをするものであり、「偽装回送」と同じ行為である。
 違法行為を行う側からすると、お客さんがタクシーを拾えず、タクシーに乗りたい人が溢れていると、「偽装迎車」、「偽装回送」が効力を発揮するのである。なぜならば「空車」以外の表示では大方のお客さんは乗車できないことを知っているからだ。そして、お客さんの中には、表示灯に関係なくタクシーであれば乗車できると思い声を掛けてくる場合がある。特に歓楽街では酔客が多いので、表示灯のことなど関係なく近寄ってくる。寄ってきたお客さんに「どこまで?」と行き先を尋ねる。行きたくない場所、近い距離だと、なんだかんだ理由を付けて「タクシー乗り場はあそこです」とか「行けない」と返事をするのだ。ロングだと「はい!どうぞ」となる。
 付け加えたい事は、上記違法行為が行われる場所が、法律で定められている「銀座乗車禁止地区」の境界の場所(乗車できる場所)で行われていることだ。お客さんはその境界がどこなのか分からず、乗れるかどうか運転手に尋ねるので、それを逆手に利用した違法行為が行われるのである。

 根絶したと思われる居酒屋タクシーにはまったくもって驚いた。組合本部の指導は、どうなっているのであろうか。指導強化に本腰を入れないと本当に個人タクシーは淘汰されるだろう。しっかりやって欲しい。

 by Club-Taxi.com

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0