So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

安全運行で苦情の昨今 [タクシー]

組合本部が発行している組合員向けの「東個協ニュース」の紙面に、お客様から届いた「お客様要望カード」の内容を紹介している記事が掲載されている。これはお客様からの「感謝」と「苦情」に分けて掲載している。

よく目にする苦情に、「のろのろ走る、わざとゆっくり走っている・・・」などと苦情が掲載されている。
私は、これはどうなのか!?と思うところがある。恐らく急いでいるお客様からの苦情であると推測される。運転手が制限速度以下で走ることはあまり考えられないからである。制限速度プラス10km以内でも急いでいるお客様には遅いと感じるであろう。一個人のお客様のその時の感情が苦情としてきたのであろう。こういう苦情はあまり掲載するべきではないと私は思う。都内を走るタクシーの実車中のスピードはプラス10km、あるいはそれ以上が常態化しているのは周知の事実。そんな中で制限速度を守っていて苦情になるのだからこれはおかしいだろう。厳密に言えば制限速度40kmであれば41kmでも1kmオーバーの違反である。道路交通法の解釈である。

なぜ実車中のタクシーは早いのか?運転手の心理として、タクシーに乗る客は急いでいるからという思い込みも多いと思う。別にお客さんが急いでくれと言ってもいないのにスピードを出す。無言のプレッシャーと感じているという心理もあるのではないだろうか。私もたまにその事に取り憑かれることがたまにある。

急いでいるお客様ばかりではない。安全運行を望むお客様の方が大多数に決まっている。それが社会の常識だ。以前乗せた中年男性が仰っていた。「競うように急ぐタクシーは嫌いだ。急いでいる客ばかりではない―」と。
うちの無線で霞ヶ関某官庁の配車はスピードの出しすぎに注意と喚起されている。最初は何だこれは!?と思ってしまった。個タクの爺さんが、いい歳こいてバンバン飛ばして苦情になったんだろうね。(笑)




nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

東海個人

私も急いでいるお客様の理論だと思います。
一番困る状況が、50キロ規制の道路を
法人運転手が75キロくらいで抜いていく
状況で私が60から65キロという状態です。
それを見て、お客様も横のタクシーに
抜かれてるよ?と仰る方もいます。
私はお客様に、安全運転重視で運行
させて頂いております。
見ていてください。さっき抜いていった
タクシー次の信号で引っかかるから追いつき
ますよ。
実際追いつきます。それを見てお客様も
釈然とはしませんが、あ~ほんとだねぇ。
と仰ってくださいます。
by 東海個人 (2018-03-24 11:10) 

Club-Taxi.com

信号の多い市街地では、急いだって大した変わらないです。私もたまに、行けるのに信号で止まったと言われれば、「大丈夫です、先の信号も赤ですから」と言います。運転手は常に冷静に対応するべきですね。
by Club-Taxi.com (2018-03-24 22:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント