So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

JPNタクシー車椅子を乗車拒否 [タクシー]

jpn.jpg
jpn.jpg2.jpg


トヨタのJPNタクシー(ジャパンタクシー)が車椅子の女性を乗車拒否したというニュースが大々的にNHKニュース7で報じられた。
UDタクシーとしての機能を備えて新開発されたトヨタの次期タクシー車両としてタクシー会社各社及び個人タクシーに現在販売されている。ニュースでは乗車拒否の要因については社員教育にあり、乗務員の社員教育に触れて大手タクシー会社の研修風景を報道したが、車両の欠点についてはまったく触れていなかった。
国の補助金まで得て開発されたトヨタのUDタクシーだが、運転手が乗車拒否をする要因の一つであるトヨタの設計上のミスが指摘されていない。車椅子に乗ったままの乗車に時間が掛かる。手間が掛かるということである。今回の乗車拒否に遭ったお客様のコメントで、運転手が「研修を受けていなかった―」という言葉が印象的でもある。この車両が容易には車椅子に乗ったお客様を乗せられないことを如実に表しているとも言えるだろう。頑なに乗車拒否をした運転手にはそういったことも背景にはあったのではないだろうか。いづれにしても車椅子のお客様をお断りすること自体が、会社の社員教育に問題があることに変わりない。

トヨタの設計上の問題点は現役のドライバーから聴いている。サイドドアからの乗降に一番の問題点が指摘されている。サイドからだと乗降時のスロープを作るためのラダーの設置場所が限られる。狭い道路では使用できない。なぜ後部から乗降できるような設計にできなかったのかという指摘である。これは現場の声を聴かなかったトヨタの設計ミスであるのは明らかである。また、車椅子を乗せるのに時間が掛かるという設計上の問題。車椅子のお客様を乗せるまで10分、15分も掛かるのはおかしいだろう。掛かっても5分くらいで乗せられないといけないと思う。巷の福祉車両で車椅子を乗せるのに10分以上掛かることはないだろう。これではUDタクシーとは名ばかりで実用性に疑問が生じる。

追記
JPNタクシー車両開発及び導入経緯についての詳細なコメントが寄せられました。トヨタは次期タクシー車両JPNタクシー開発のため大手タク会社の一角から声を聞いたようですが、タクシー会社は補助金目当ての格安で車両を購入したいという意欲が強く、UDタクシー導入は見せかけのようなもので実用性が二の次だったということが見えてきました。車椅子の乗降には熟慮せずに設計した結果であると。

nice!(0)  コメント(3) 

nice! 0

コメント 3

HUMMER

トヨタがJPNタクシー開発で現場意見を求めた先は東京大手のN交通です。このことはネットで調べれば簡単にヒットします。ご存じかと存じますがこれまでトヨタがタクシー車両開発に現場意見を聞いていたのはK自動車の五反田営業所でした。K自動車は外観がクラウンセダンでコンフォートのLPG4気筒エンジンを載せろ(クラウンセダンのLPGエンジンは元々6気筒)と注文したところ、コンフォートをバージョンアップしたに車体の上、車体価格も50万円以上も上がってしまったために1年間トヨタから車は買わないと喧嘩します。そこでN交通となったわけですが、N社K社長はなんでも補助金にガメツイという話です。本来UD車両になるベース車両でもないのに補助金欲しさにトヨタに補助金が出るUD車両としての付加価値機能の追加を要求、その為にこの有様になってしまったのです。JPNタクシーがダメなのはトヨタがK社長の意見を尊重しすぎたからですよ。(笑)後席の背もたれが寝過ぎているのもK社長の意見、これはネットで調べればわかることです。他にも外国人との会話のやり取りに使うモバイルを導入するから補助金を出してくれだとか折衝したとかいう噂もあります。K社長は私と違って開発センスがないんですよね。(笑)そもそも全国タクシーアプリも私の提案のパクリから来ていることですしね。そしてパクっては後に黒タク導入の老舗は我が社だとか(老舗はMK、四社ではK自動車、この嘘には赤津さんが怒っていました。)配車アプリはピザの宅配アプリからヒントを得たとか(N交通の2chでしっかり私のレスがコピペされて載ってましたけどもね)嘘を並び立てては誤魔化してばかりいます。

社長が車両価格をなるべく引き上げないでUD化を希望したのは完成車を見れば容易に想像できると思います。NV200はハッチバックから車いすを乗車させます。そもそもシエンタベースの小型車シャーシで実用性を兼ねたUD化はかなり無理があります。あくまで実用性よりも補助金欲しさが優先されている造りだというのが完成車から伝わってきます。

NV200にしてもJPNタクシーにしても電動化にすれば良いことで、それだと車両価格がドカンと跳ね上がってしまって、せっかく補助金を貰っても車両価格の上昇は補助金だけではカバーできない。ネットで調べればわかりますが確か補助金の金額は60万円前後ですので、こんな手動式UDに60万円のコストかかっているわけがありません。補助金で本来は自分が出費するべき車両導入経費を少しでも安くというのがK社長の考えなのだと思います。

助成金のページがありました。https://www.tokyo-co2down.jp/company/subsidy/taxi/index.html
by HUMMER (2018-10-21 08:53) 

東海個人

私の地域でも問題が発生しています。
Japanタクシーの補助金を受ける条件
として、車椅子のお客様がスムーズに乗車
頂けるように講習会を受ける事が義務
になっております。
私達個人事業者は、直接講習を受ける
のですが、法人はおそらく代表者が
受けているのではないかと思います。
法人のJapan運転手さんに聞いてみたら
、講習会など受けていないし管理者から
指導もなかったといっていました。
by 東海個人 (2018-10-29 22:04) 

Club-Taxi.com

JPNタクシー乗務の運転手は全て車椅子を乗せられるように指導及び講習を受けさせないといけないですよね。それを怠れば会社の責任ですね。補助金詐欺にならないように。(笑)
by Club-Taxi.com (2018-10-31 12:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント