So-net無料ブログ作成

個人タクシーに不満!? [タクシー]

出庫して直ぐ、近所のローカル駅前で最初のお客様を拾う。前を走る個タクを止めたが、運転手に何か尋ねてから私の方に乗車の合図があった。スイカ等の電子マネーが使えるタクシーを探していたようだ。
「これ個人タクシーですか?」
「そうです。」
「個人タクシーは電子マネー使えるタクシーが少ないですね。」
・・・私はその説明を簡単にする。そしてお客様は語る。仕事でアメリカに頻繁に行くがウーバーをよく利用するという。便利で非常に助かるというのだ。事前に決済のクレジットカード登録や行先を伝えてあるので運転手と会話のやり取りが無いので良いと言う。ウーバーひいきだ。
「ところで個人タクシーはなぜあんなに横柄な運転手が多いのですか!個人タクシーの資格を取るのに10年掛かるのですか?
遠慮なくストレートに尋ねてくる。色々説明するが・・・結局、運転手の資質という本人の問題に行き着く。個タクの運転手は元々会社勤めの運転手。そこから流れてきて個タクの運転手になる。会社勤め時代は雇用されているから接客や勤怠が悪いと上司から文句を言われ酷いと解雇される。だから我慢している。故に個タクなった途端にそれまでの抑圧されたうっぷんを客に対して解き放たれる。違法行為を平気でやる。そんな分析をお客様と行う。(笑)
政治家の資質という問題と同じく個タク運転手にも資質が問われている。政治家の威張る姿。これは権力があるだけに国民の代表でありながら醜い姿に他ならない。個タクの威張る姿。接客業にあって、まったくもってあり得ない姿である。どちらも人間性が問われる品格の無いちっぽけな人間にしか映らない。

nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

東海個人

そうなんです!抑圧されたうっぷんを客にぶつけて
いる。行先を聞いた途端横柄になったり、何時間も
待ったんだから後ろの法人に乗ってくれとか・・・
普通の神経なら言いませんよね?・・・
そこで私は思うんです、そのような対処をしている
個人の方は、法令試験勉強したことを忘れてしまった
のでしょうか?・・・ いつ休車処分をくらっても
おかしくないことをしているのです・・・
その様な事業者のために、プライドを持って仕事をこなしてる
方が迷惑していることに気付かないのでしょうか・・・
法人時代、人を見て厳しく指導していてベテランには強く
指導できない一貫性がない管理者がいたのですが、
一つだけ良いことを言ったのが印象に残っています。
日本のタクシー運転手は、品格に欠けモラルを重んじていない
者も一部目立つ。 
ロンドンは、タクシー運転手の地位が高く市民に尊敬されている。
新人のあなたたちは、ロンドンタクシーの運転手のようにプロ
ドライバーとして誇りを持って仕事を遂行し、お客様に好かれる
ドライバーになってください。という言葉です。

後々、私は思いました。そのようなドライバーを育成したくば、
ベテランであろうが、新人であろうが、憎まれようが信念を
貫いて指導にあたってほしいものだと・・・(笑)

指導者は一旦おいといて、その言葉をいただいたあと
インターネットなどでロンドンタクシー運転手のことを
色々調べました。ナレッジ試験という世界最難関の試験を
突破しないとBlack Cabを運転することができません。
その試験を突破するために、4年もの時間を費やします。
地理に関して曖昧な答えは許されません。こと細かい
建造物も把握していなければなりません。
ロンドン中心部半径10キロ以内の全ての建物、25000
ほどのストリート、駅、公共施設、一方通行、行き止まり
完全に把握していなければなりません。
ご存知でしたら、すみません。 あまりのレベルの高さに
新規参入や、競合が起きない為、試験に合格できれば
一生安泰といわれているようです。
ここまでレベルが上がってほしいとは望みませんが、
最低限のモラルのある業界になってほしいとは思います。
日本一の激戦区東京でお仕事をされていると、他事業者
のせいで代わりに苦情を受けることもしばしばあるのか
とお察しします。本当にお疲れさまです。

by 東海個人 (2019-01-22 01:22) 

Club-Taxi.com

何度かテレビのドキュメンタリーでロンドンタクシーの模様を観ました。文化の違いもありますが職業に対しての意識が違いますね。職業に貴賎なしといいながら差別のある日本が情けないですね。ドイツでは煙突掃除人はマイスターの称号が与えられる国家資格。
日本の個タクもロンドンタクシー並みに試験を難しくなれば質も上がり社会的地位も上がります。運転手の質が一律に同じで優秀。お客様は安心して利用できます。お金を頂くのですから当たり前です。この辺の考え方が素晴らしいと思います。
by Club-Taxi.com (2019-01-22 18:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント