So-net無料ブログ作成

6月の需要は如何に [タクシー]

月初めはいつも暇な傾向にあるが、これまでにない暇な深夜を経験している感がある。
6月は、3日(月)からスタート。5日まで連日夜の需要は酷い。それもこれまでの暇な時とは違うような気がする。何が違うのかと言われれば、やはり売り上げの数字しかない。1万円位の仕事を1本でも拾えればまだいいが、拾えないと2、3万円やるのも苦労する。昨晩なんかは、21時半に自分のお客さんに呼ばれて1万円の仕事をもらったが、上がり時間には目標の数字に1万円足りない。青タン前に営業、実車しているのにこの有様である。
歓楽街では午前1時のピーク時にも空車のタクシーがお客さんを拾えないので右往左往して溢れ返っている。万収のお客さんを狙うどころではない。近距離のお客さんでさえ拾えないのだ。回数が出来ない・・・これはタクシーにとってはアウトの状況。

西麻布で拾ったご年配の気さくな品の良い男性。飲食店に居たそうだが、「人がいっぱい居たと思ったが22時半になると誰も居なくなった。」と感慨深く語る。そして「総会のシーズンだから終わるまで動きはないね―」とも。 6月は企業の株主総会のシーズンである。これも需要低下要因の一つであろう。そして、政府が打ち出した「働き方改革」による影響が出始めているのだろうか!?

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント