So-net無料ブログ作成

昨日の営業日誌3週目は― [タクシー]

あまりにも需要が落ち込んでいるのでこのところ実施している営業戦略。暇な木曜日夜は休業して金曜日に直で乗るという営業。6月はこれで3週連続になる。
午前7時前に出庫。曇り空で蒸し暑さが少しある朝だ。住宅街を流すが容易にはお客様を拾えない。結局7時半近くまで拾えなかった。環七外から六本木までの仕事をやって、あとは山手通りの内側だけで細かい仕事をこなす。いつもの金曜日より時間当たりの売り上げは悪い。昼を前に1万円ちょっとしかない。先が思いやられる。昼時、腹も減ってきたところだが、比較的空いていた外資系ホテルに付けてみた。十数分で鼻番になった。女性の外人さんがスーツケースを引いてエントランスから出てきたところでドアボーイさんに呼ばれた。エントランスに付けると「成田空港第1ターミナル北にお願いします」ということだ。ここのホテルで成田は数年ぶりになる。5年ぶりくらいになるだろうか、以前はこのホテルから月に3回くらいは成田空港に行ったことがあったので、年間を通しても相当な回数行ったことがあった。それを考えると本当に久しぶりである。なぜ行かなくなったのか!?恐らく羽田空港の国際線拡充やタク・ハイ業者がホテルに営業を掛けたのであろう。車中、お客様が車酔いで嘔吐するというアクシデントがあったが、無事お客様をお送りする。午前中出来なかったので起死回生のアシストだ。帰り道、首都高の渋滞で箱崎で降りる。都心でうちの無線配車を受けて外資系ホテルに付ける。珍しく羽田空港国際線に行く。このホテルも午前中は近くに行った際に無線配車を受けるようにしているが、このところは丸内や大手町といった近場ばかりだったが今日は冴えていた。これで一気に4万円をオーバーしたところで営業所に戻り休憩に入る。多めの休憩を取り夜の部をスタート。夜は7千円台の仕事が最高で万収無しの惨憺たる結果に終わる。大台に-1.073万円足りない。これでは成田に行った意味がなくなる。会社勤めの運転手に例えるならば、成田空港に行った仕事のしない乗務員が安心していつもの営業所平均の売り上げで上がるようなものである。(笑)


データ

走行距離:460km


実車キロ:224km


実車率:48.6%


営業回数:33回


乗車人員:45人


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント