So-net無料ブログ作成

あおり運転と暴力 [世間話]

TVのニュースで流れた悪質なあおり運転と暴力行為。高速道路の走行車線で車を停止させる事は、完璧な殺人行為だ。むしろ暴力行為よりも悪質だと思う。後ろから来るトラック等の車両に突っ込まれたら即死である。10年以上刑務所に閉じ込める厳罰を求める。

これを観て思い出した。会社勤め時代、同僚から聴いた話だが、私も顔見知りの先輩が深夜の首都高を実車走行中に無理な割り込みをする乗用車にパッシングをしたところ、割り込んだ車は急ブレーキで停車。先輩のタクシーを止めさせて運転席の窓を開けた先輩の顔を殴打。フロントガラスも殴打されてヒビが入るなどの被害を受けたという話だ。警察に被害届を出したのか不明だが、ドライブレコーダーの無い時代である。ナンバープレートを確認していなければ泣き寝入りになっていたかもしれない。おまけにとんだトラブルにご乗車されていたお客様からもお叱りを受ける羽目になったらしい。乱暴な運転をする者は、性格も粗暴である傾向にある。訳の分からない乗用車にはクラクションやパッシングをしてはいけない。ましてやお客様を乗せている実車中はなおさらである。トラブルに巻き込むような事態はプロとしても失格である。しかし、万が一些細なことであのように暴力に巻き込まれたらあなたはどうするだろうか!?私ならやられぱっなしなんてあり得ない。目には目をで、殴り合い取っ組み合いになるかもしれない。(笑)

これも同僚から聴いたエピソードだが、共通の親しい乗務員が、ある日ワイシャツが血だらけ、ボロボロに破れて顔は腫れて朝帰庫したという。何らかの交通トラブルでトラックの運転手と、とことん殴り合いの喧嘩をしたという。普段おとなしい男なのに中々根性のある奴だと。現在は他組合で個タクの運転手をしている。見栄を張って高級車で頑張っているようだ。





nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント