So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

JPNタクシー車椅子を乗車拒否 [タクシー]

jpn.jpg
jpn.jpg2.jpg


トヨタのJPNタクシー(ジャパンタクシー)が車椅子の女性を乗車拒否したというニュースが大々的にNHKニュース7で報じられた。
UDタクシーとしての機能を備えて新開発されたトヨタの次期タクシー車両としてタクシー会社各社及び個人タクシーに現在販売されている。ニュースでは乗車拒否の要因については社員教育にあり、乗務員の社員教育に触れて大手タクシー会社の研修風景を報道したが、車両の欠点についてはまったく触れていなかった。
国の補助金まで得て開発されたトヨタのUDタクシーだが、運転手が乗車拒否をする要因の一つであるトヨタの設計上のミスが指摘されていない。車椅子に乗ったままの乗車に時間が掛かる。手間が掛かるということである。今回の乗車拒否に遭ったお客様のコメントで、運転手が「研修を受けていなかった―」という言葉が印象的でもある。この車両が容易には車椅子に乗ったお客様を乗せられないことを如実に表しているとも言えるだろう。頑なに乗車拒否をした運転手にはそういったことも背景にはあったのではないだろうか。いづれにしても車椅子のお客様をお断りすること自体が、会社の社員教育に問題があることに変わりない。

トヨタの設計上の問題点は現役のドライバーから聴いている。サイドドアからの乗降に一番の問題点が指摘されている。サイドからだと乗降時のスロープを作るためのラダーの設置場所が限られる。狭い道路では使用できない。なぜ後部から乗降できるような設計にできなかったのかという指摘である。これは現場の声を聴かなかったトヨタの設計ミスであるのは明らかである。また、車椅子を乗せるのに時間が掛かるという設計上の問題。車椅子のお客様を乗せるまで10分、15分も掛かるのはおかしいだろう。掛かっても5分くらいで乗せられないといけないと思う。巷の福祉車両で車椅子を乗せるのに10分以上掛かることはないだろう。これではUDタクシーとは名ばかりで実用性に疑問が生じる。

追記
JPNタクシー車両開発及び導入経緯についての詳細なコメントが寄せられました。トヨタは次期タクシー車両JPNタクシー開発のため大手タク会社の一角から声を聞いたようですが、タクシー会社は補助金目当ての格安で車両を購入したいという意欲が強く、UDタクシー導入は見せかけのようなもので実用性が二の次だったということが見えてきました。車椅子の乗降には熟慮せずに設計した結果であると。

nice!(0)  コメント(5) 

タクシーにまつわる臭いについて [タクシー]

このところ、なぜかお客様の匂いが気になる。
加齢により匂いに敏感になったのだろうか!?自身の微妙な体調の変化を感じるこの頃である。
お客様に匂うとか臭いとか言うのは大変失礼な話なのだが・・・
通常はタクシーの車内の臭いというのは結構お客様により苦情に発展する場合があるが、これは運転手の私が客に対して臭うという逆の話になる。
夏場だと汗臭い男性客、女性の過剰な香水の匂い、時には蒸れた足の臭いも感じる。人により衣類から発せられる匂いも違う。家の匂いも付いている場合もあるようだ。夜になれば酒を飲んでいるので酒の臭いが充満する場合もある。高齢者の加齢臭もある。とにかく人間は様々な臭いを発し、密室のタクシー車内に充満するのだ。


タクシー車内の場合は、清掃が行き届いていなかったり、芳香剤がきつかったり、車両が古くなり経年劣化により臭いが染み込んでいる場合もある。それから何よりも一番の臭いの発生源が運転手にある場合も多い。高齢運転手の個タクに乗ったご婦人から苦情を承ったことがある。「あれは風呂に入っていないよ!」というご指摘である。お客様も乗車いただくと直ぐに「この車は新車の匂いがする―」とか匂いを敏感にコメントされる。

私の長年乗ったタクシー車両も臭いが発せられていた。汗臭い臭いの元が運転席から発せられていたが、原因究明に努めて判明したのはハンドルからの臭いであったのだ。当初は革調カバーのシートからの臭いかと思っていたら違った。古くなると毎日握るハンドルは手汗で染み込み臭くなる。故にハンドルを交換して解決した次第である。以前、同僚にも中古で同業者から格安で購入したタクシー車両でもハンドルが臭いからと新品に交換した話を聞いたことがあった。この様に時には自分の臭いが染みついて発せられる場合もある。

密室のタクシー車内。清掃を十分して臭いの無いようにする。そして運転手の我々は毎日風呂に入り身体を清潔に保ち、清潔な着衣を着て営業に努めなければならない。最近常々思うのは、タクシー車両がくたびれて外観がこ汚い個タク車両が走っているのを目にする。ぶつけた跡を修理せずステッカーで隠したり、塗装も自分で塗った汚い跡もある。そのままの状態で営業する。車内の臭いも気になるところだ。見ていて本当にみっともないと思う。自分は良かれとそのままにしているのだろうが、見ている人は見ている。やはりそこには常識というものがある。車両は古くても外観、内装を清潔に保てばまったく問題ないだろう。恐らく自分の商売道具であるタクシー車両を綺麗に管理できていない人は、車内の清掃はもちろん自身の身なりも清潔に保たれているとは思えない。案の定そういう車両に乗っている運転手が車から降りているのを見たことがあるが、ワイシャツ、スラックスはヨレヨレで運転手用のサンダル。やはりこれじゃ駄目だよね。運転手は座りっぱなしではない。お客様の荷物をトランクに積むのに乗降もするわけだから、その時お客様以外の他人にも見られる。やはり四社の運転手のように身なりはきちっとしていなければならない。印象がぜんぜん違う。


nice!(0)  コメント(0)