So-net無料ブログ作成

タクシー運転手も社会の縮図 [タクシー]

会社勤めの現役運転手の方から当ブログの記事にコメントが寄せられました。読んでみると、仕事に対する考え方は同じ方向かと思ったがまったく違った。個人タクシーの乗車拒否を容認し、自身も将来個タクになったら客の選別、乗車拒否をやると意気込んでいる。(笑)とんでもない話である。理由は近距離客や態度の悪い客に耐えられないからだと言うのだ。こんな偏った考えの人が個タクの予備軍に居ると思うと恐ろしいではないか。だいぶ病んでおられる。この仕事にはおよそ向いていないと思われる。接客を伴わない仕事に従事されるほうが賢明である。


客の容姿だけで、どうやって悪態を
付く客なのか、近距離の客なのか判断出来るのか?自分の見た目の主観でしかないないだろう。 乗車拒否をされたお客様の気持ちは考えないのだろうか?誠に身勝手な考え方である。そしてタクシーの仕事は近距離のお客様に支えられて成り立っていることも理解していない。ハンドルを握り同じ仕事をしているタクシー運転手同士のはずであるが人それぞれで考え方も主義主張も様々だ。特にタクシー運転手は一般の会社勤めのサラリーマンとはちょっと違う。今では公務員以外は生涯同じ会社勤めという人は珍しいかも知れないが、昔は新卒で同じ会社に生涯勤めるというのが終身雇用で当たり前の時代。会社から教育を受けて忠誠を誓い会社のために尽くす。一方、新卒で生涯タクシー運転手という人はまず稀である。大概異業種からの転職組で占められ、失業者の受け皿的な職業の側面もある。事業に失敗したり、一つの会社に馴染めず職を転々として行き場がなくなった人が来る職業でもある。そしてタクシー会社も転々とする。自己本位であったり我儘といった人も多い。考え方や主義主張も強く正にタクシー運転手も社会の一端であり縮図である。


大手のタクシー会社の方が優良の顧客を数多く抱えているので運転手は稼げて絶対的に有利だ。しかし、それよりも運転手の中には、大手は就業規則や規律が厳しいから規律の緩い小さなタクシー会社がいいと言う。大手のタクシー会社の社員教育や就業規則にしても一般の会社に比べれば標準あるいはそれ以下で緩いだろう。それが勤められないで避けるというのだから自分自身の向上と成長はないし、自分に負けていることになる。営業、接客面だって自己流で通そうとする。
会社も業界も質の良い人材を求めている。そして個人タクシーも法人タクシーから来る質の良い人材を期待している。






nice!(0)  コメント(4) 

雲助発言 [タクシー]

今朝のことである。
ご婦人二人に手を挙げられた。お一人は品の良い80代くらいの高齢者でもう一人は娘さんかもしれない50代くらいだろうか。
「運転手さん個人タクシーにしては若いわね。」とご高齢の婦人から声を掛けられた。
「いや、50代ですから若くはないです。」と返答。
「個人さんはやはりもっと年配者が多いから・・・」
「そうですね。平均年齢は60代です。」
「雲助って知っていますか?昔は会社のタクシーが怖いから個人タクシーを探して乗ったものです。」

品の良いご婦人から思わぬ「雲助」という発言があった。雲助運転手、神風タクシーが台頭していた時代に世論の後押しを受けてタクシー運転手に夢と希望を与える個タクが誕生して業界に新風を巻き起こした。接客で丁寧な言葉遣いや親切さなど模範の神対応の個人タクシーを語る。その時代を懐かしく振り返る正に生き字引のようなご婦人である。よく利用したのは昭和30年代から40年代。50年代も利用しましたと語る。50年代以降はどんどん個タクが認可されて増えると同時に質の劣化も目立つようになり、近年は不祥事三昧で信頼とブランド力が急降下して現在に至る。

夜の歓楽街に群がる個タク。先の記事にも書いたが、客を選別して乗車拒否は平気でやる。不親切で雑な営業に加え、自分さえ儲かればそれでよいという営業。高級車に乗って優雅に見えるが実は借金に追われて余裕がない。だから仕事にも余裕の無さが表れ遠距離を狙った乗車拒否の横行に繋がるのである。これでは中身の実態は乞食個人タクシーである。
近距離でも回数をこなす。それでもちゃんと目標の売り上げは出来る。遠距離が無くても大差はない。個タクは一人力で限度がある。後ろめたい不適正営業をして罰を受けるリスクを背負うなら適正営業でお客様に喜んでもらう方がタクシー運転手冥利に尽きる。

nice!(0)  コメント(13) 

乗車拒否の常習またお前かよ! [タクシー]

16日(金)深夜の新橋歓楽街。
午前1時を回ったところ、日比谷通りから烏森通りに入りレンガ通りを左折した。次の信号手前でうちの組合のタクシーが数人の客に呼び止められて、開いた後部ドアから何やら運転手に言っている。数人の外人さんと日本人である。私はしばし真後ろで待った。ところが前の個タクはドアを閉めて客を乗せずに行ってしまった。ここで私は見逃さなかった。前の個タクは知っている事業者だ。ナンバーを控える必要はない。

何やら行ってしまった個タクのあとに残ったお客様は当然次のタクシーである私の方に来るのが常だ。ドアを開けて確認すると日本人の男性が言った。「品川のインターコンチネンタルホテルにお願いします!」
私は言った。「前のタクシーはどうされましたか?」
「知らないと言って断られました。」
明らかな乗車拒否である。タクシー運転手に知らないは通用しない。知らなければ調べて目的地までお送りするのがタクシー運転手の義務である。そのために地図の搭載が義務付けられている。法令を勉強した個タクが知らないという言い訳は通用しない。近いので行きたくないから断ったというのがこの運転手の本音だろう。男女二人の外人さんが私のタクシーに乗車され目的地に向かった。

私の目の前で乗車拒否をしたこの個タク事業者は、以前にも私に同じようなことをして組合からも厳重注意を受けたはずだ。まったく何も反省をしていない。なぜ私は糞野郎であるこの事業者の尻拭いをしなければならないのか?私は、午前1時を回りここで一発2万円の仕事を狙っていたのに、この糞野郎に邪魔をされたのである。もし、この男の尻拭いで品川に行かなければ2万円の仕事を拾っていたかも知れない。俺にどういう損害補償をしてくれるのか?と尋ねたいよ。遊びでタクシーの仕事をやっているわけではない。こちらは真剣勝負なんだよ。お前に仕事の邪魔をされる筋合いはまったくない。この男にタクシー事業の廃業又は厳罰を求めるだろう。

nice!(0)  コメント(4)