So-net無料ブログ作成

GW10連休どうする!? [タクシー]

今TVでも、前例のない10連休どう過ごす?とニュースで街の人々にインタビューをしている。この番組の中でのアンケート調査によると7割超が家でゆっくり過ごし、その他は国内旅行、海外旅行などと答えている。
月給制のサラリーマンは収入を確保できるが、仕事に出なければ収入ゼロの個タクや自営業者は収入確保に悩むところだ。会社勤めのタクシー運転手も歩合給なので休めば給料激減。おまけにGWは1年を通してタクシー需要が一番減る時期。さあどうするか!?とりあえず今晩は出る。(笑)あとはどうするか!?暦を見ても答えは出ない。日雇い労働者と同じ我々は出面(でづら)で稼ぐしかないのだ。
自宅で過ごす人が大半以上なので、夜は近所で友人と飲食するという人もいるだろう。ローカルで回数を重ねる営業だよね。

nice!(1)  コメント(0) 

GW10連休前の仕事は― [タクシー]

GW突入前今週の需要は、木曜日まで普通に推移。さすがに金曜日は人出がありました。
木曜日の夜は目標売り上げに少し届かず金曜日朝の残業を要することなった。そして、午前8時前に目標達成して上がろうと思ったら、反対車線に立っていた女の子に手を挙げられ停車すると・・・。50m前方からもOLさんが走ってくる。反対車線にいる女の子は車が行き交うので中々こちらに来れない。タッチの差で女の子は早かった。万が一OLさんが先に来ても女の子が先なのでお断りする。乗車してきた女の子。「急いで埼玉県の桶川市までお願いします!」(えっ!!)上がりは昼だと覚悟を決めて向かった。こういうパターンも慣れたものだ。連休前の収入確保は必須だ。
首都高を走りながら尋ねた。「電車よりタクシーのほうが早いですか?」
「調べたら車のほうが早いようだったのです。」なるほど。
首都高与野で降りてからは所々渋滞があったが1時20間分くらいで桶川駅前に到着して一旦精算する。更にメーターを入れなおし、8kmほど走り目的地に到着した。無事任務完了である。帰りは来た道は渋滞が激しいので、圏央道桶川北本ICから関越練馬ICで降りて昼前に帰庫した。初めて圏央道桶川北本ICから乗ったがこれは有効に使える別ルートで早かった。


夜は22時過ぎに出庫。1本目はローカルから一般道で横浜市鶴見区までと幸先のいい出だし。そしてローカルで数本こなした後と都心近くの駅前で新横浜経由の東戸塚で数字を伸ばす。最後は山手線の駅タクシー乗り場から小平市で早々と目標達成。帰り道、三鷹市での無線配車で横浜市港北区まで。目標プラス1万円超と私としては営業回数の少ない7回で終える。

nice!(0)  コメント(0)