So-net無料ブログ作成

進化するタクシーアプリ [タクシー]

mov18.jpg


ジャパンタクシーアプリのTV宣伝は凄いと思ったがこれも凄いよね。
自宅のポストにDeNAの「MOV」というタクシーアプリのチラシが投函されていた。これには少しばかり驚いた。これまでタクシーの宣伝なんて大手のタク会社が視聴率の低い広告料の安い時間帯に流していた自社のための宣伝だけだった。家のポストに入るタクシーのチラシも見たことはない。現代のスマホ社会は、タクシー配車アプリとなれば即需要喚起に繋がる。このチラシだけでもタクシーを利用しようとする人が増えることになるからだ。アプリ配車会社だけではなく、タクシー会社、運転手へとその恩恵が見込まれる。一昔前には考えられない需要喚起の効果が見込まれるではないか。宣伝広告に金を掛けられないタク会社にとっては有難い話だ。DeNAの「MOV」は0円タクシーを運行させて話題になっている。

TVのCMで「何でもポイント、ポイント・・・」とぼやくシーンが印象にある。電子マネー決済、アプリ配車とタクシー運転手のおじさんにはついていけないという人も多いことだろう。東個協でもタブレット端末導入を検討しているという。無線配車に加えてアプリ配車。システムはより効率的に便利に日進月歩で進化しているようだ。

nice!(1)  コメント(7) 

回送で歓楽街を徘徊するタクシー [タクシー]

師走の深夜午前1時過ぎ。
銀座に入ると空車が無くタクシーを拾う人が多くなる。空車で中に突入するが、気を付けなければならないのがタクシー乗り場だ。お客さんが並んでいるので、そこを横目に見て通り過ぎてはいけない。ご存知の通りタクシー乗り場にお客さんが並んでいて、空車がいなければ乗せないと「乗り場無視」の違法行為となる。これでタクセンに挙げられている個タクが結構いる。
あと、気が付いたのは法人タク運転手で平気で回送表示にして徘徊している輩を結構見掛ける。四社の車輛が目立つが恐らく四社のグループだと思う。客の選別をしているのだろう。これもタクセンの指導の対象だ。回送の使用目的を逸脱したいわゆる偽装回送で客選び。タクシー会社できちっと教育、指導がされていない場合が多い。



一般乗用旅客自動車運送事業の事業用自動車の表示等に関する 取扱いについて

「回送」 運転者が食事、休憩、燃料補給等のため運送引受けをすることができない 場合、又は乗務の終了等のため車庫若しくは営業所に回送している場合に、
車外に向けて表示する。

nice!(0)  コメント(6) 

師走の営業日誌 12/21(金) [タクシー]

師走第3週の金曜日。夜の歓楽街は今年最高の人出だっただろう。
私にとっても来週は2日乗って今年は終わりなので山場の夜となった。少しは恩恵にあずかろうと20時半過ぎに出庫。23時くらいまではロスなく細かい仕事を順調にこなし1万円くらい売り上げる。これだけでも、これまでの暇な師走の夜とは違い人出の多さを感じる。大崎でこれから飲み会をやろうという数名のサラリーマンを乗せて五反田駅前まで来たが人の多さにお客様も驚愕する。店に入れないのではと危惧している。
芝から首都高利用で芦花公園8千円。深夜0時前に累計1.8万円。首都高で都心に戻り、新橋から首都高湾岸線磯子経由で久々の横浜市港南区上永谷駅付近1.8万円。この後中距離仕事を1本やって深夜2時過ぎに目標売上を楽々達成。更に数本の中距離仕事をこなした後、八重洲から中央道調布IC経由の国分寺をゲット。1.4万円でとどめを刺す累計が6万円超え。ついでに今年最後だからと累計7万をやろうと2時間の残業を慣行して無事終える。


データ
走行粁331

実車粁177

営業回数22回

乗車人員25人

実車率53%
運送収入7.32万円



nice!(0)  コメント(0) 

路線バス小学生を跳ねる [世間話]

昨日路線バスが小学生を跳ねて死亡事故になったニュースが報じられた。場所は世田谷区深沢の住宅街。私もよく通る地域なので、どういった場所なのかだいたい分かる。このバスの路線は、結構狭い住宅街を網羅している。幅員のある幹線道路よりも見通しの利かない路地も多く危険度がより高く運転手は神経を遣うだろう。
これはあくまでも子供が急に飛び出した場合についての話である。左右見通しのきかない路地から子供が急に飛び出せば、タイミングが合えばパトカーだろうとバスだろうと跳ねてしまうことは十分あり得る。猫の飛び出しと同じなのである。私も昔、タクシー運転中に急に飛び出してきた人を跳ねたことがある。幸いにも事故にも事件にもならなかった。しかし、人を跳ねた感覚は今でも忘れはしない。道路の幅員、スピード等現場の状況により急な飛び出しに回避できないことも分かった。もし、子供の急な飛び出しであったならば気の毒でならない。ただ運が悪いとしか言えない。
解せないのは、人身事故、死亡事故になれば運転手は即容疑者として逮捕されて大々的に実名で報じられることである。これも人権の観点からどうなんだろう?と疑問に思う。運転手が悪質な飲酒や薬物、ひき逃げ、居眠り等重大な過失が認められる場合なら分かるが。いづれにせよこの事故がどういう状況だったのか分からない中では憶測の域を出ない。バス運転手の前方不注意、居眠りだって考えられる。或いは前述のように子供が急に飛び出して間に合わず跳ねてしまったということもあるだろう。
ネットニュースの読者のコメントを見ると、言いたい放題好き勝手なことを書いていることに呆れてしまう。現役のバス運転手さんのコメントにも批判で噛みつく。世間様の意見は様々である。運転手を擁護する意見の人もいれば、車の運転をしたことのない人は辛辣な意見を述べる傾向もあるだろうし。いづれにしてもすべては司法が判断する。私も同じプロドライバーとして他人ごとではない。
お亡くなりになられたお子様のご冥福をお祈りいたします。

nice!(0)  コメント(2) 

師走の営業日誌 12/12(金) [タクシー]

21時半過ぎに出庫。ローカルから都心歓楽街に入る仕事のあと、銀座周辺を流すも細かい仕事ばかりで遠くへ飛べない状況が続く。3千円の仕事さえ拾えない。1千円台ばかりだ。結局終電後の深夜0時過ぎまで数字は伸びなかった。
ちらほらタクシーを拾う人が出てきた午前0時半近く八重洲に入った。外堀通りの一通路地出口に付けた。そこには年配のスーツを着たおじさん2名が立っている。内心「おっ!これはいかにも上客に見える。最高で2万、悪くても1万円だと見積もった。」(笑)私の方を見ていて乗る気配がうかがえた。しかし、話し込んでいるので未だ乗ろうとしない。間違いなく乗るだろう・・・。しかし、その時だった。前方にいた空車が次々と居なくなった。よく見るとOL風の女性が、流してくる個タクや法人タクに無視されてタクシーが来るのを待っている様子だ。そして、拾えないのでこちらに歩いてくるではないか。私は意識して歩いてくる女性に視線を向けず真横の今にも乗りそうなおじさんの方をじっと見つめていた。その時、助手席の窓にその女性の顔が現れ見事に視線が合った。(笑)女性は乗れるかという合図をした。勿論ご乗車いただいた。
「蒲田駅東口にお願いします!」
「かしこまりました。ありがとうございます。」
この女性が乗りこんだ時、立っていたおじさんたちは、乗られてしまったというリアクションが見られた。そして後ろでじっと偽装回送で獲物をうかがっていたうちの組合のタクシー(不適正事業者)がさっと私が出た後に付けたのをルームミラーで確認できた。(笑)
お客様の顔を見て金額など決められるわけがない。どこに行くかなんてまったく分からない。まったくあてにならない見積もりである。少しばかり悔しい思いをしたが、考えてみると蒲田なので悪い仕事ではない。7千円も出たのだから。高望みする自体が間違いなのである。この蒲田のあとが大事なのである。そのあと直ぐに次のいいお客様を乗せられると併せて1万円を超える仕事になる。時間のロスなく効率良くがタクシーの使命。蒲田東口はこの時間お客さんが溢れていた。降車されたお客様のあと、タクシーを出す間もなく次のお客様が来て横浜の日吉まで5千円の仕事だ。中に行きたかったが、外に行かされた。これも仕方がない。
この後、ローカルで1万円と細かい仕事を数本をこなし5時過ぎに上がった。営業回数15回。実車率は60%を超えた。目標売上に達成。大台には乗れず並みの売り上げで終わる。高速利用無し。またしても苦戦を強いられた師走の金曜日だった。


nice!(0)  コメント(0) 

師走の営業日誌 12/11(木) [タクシー]

11日は馴染みのお客様に呼ばれて20時50分に早々と出庫。事前の時間指定が無かったため夕飯も食べられずに向かった。1万円くらいの仕事を終えて一旦飯を食べに営業所に戻ろうと思ったが、帰り道でお客様を拾うと更に営業所とは反対方面に行かされる。3千円くらいの仕事だ。未だ23時前。腹は減っては戦は出来ぬと執念で営業所に戻る。これには事情があった。上さんが特性のとんかつ弁当を買ってきたというので。(笑)
仕切り直して23時半に営業所を再出庫。細かい仕事を1本こなして田町から調布ICを降りる仕事が1.1万円。直ぐに調布ICから乗り、午前1時に新橋に突入。私服の40代くらいの男性を拾うと、川崎大師ICで降りるいい仕事だ。首都高を降りて目的地まで道案内をお願いするが、酔いによる寝こみで起きない。後部ドアを開けて起こしにかかる。住所を聞きだし少し時間を要したが無事完了。7.4千円。川崎大師ICから直ぐに乗り汐留で降りてまた新橋に入る。上野松坂屋まで3千円の仕事をやって、今度は八重洲から首都高で馬込。6.9千円。午前3時少し前この時点で目標金額を超える。次は恵比寿から首都高で板橋本町ICで降りる仕事は6.4千円。あとは細かい仕事を数本やり目標金額プラス1万円超で午前5時前に上がった。営業回数12回。振り返ると、まあまあという仕事だったのではと思います。6万円くらいできれば上出来ですが。

さあ今晩は師走の金曜日。最近の傾向なのだが、できない金曜日を払拭できるか否か。運しだいだよね。



nice!(0)  コメント(0) 

師走の営業日誌 12/10(水) [タクシー]

12月に入ってから朝出しはしていない。お陰様で夜の部だけで目標の売り上げを達成しているからである。早めに出庫していることもあるだろう。昨晩辺りは人出が少なく例年の暇な師走を象徴しているような夜だった。しかし、銀座周辺で乗ってくるお客様は「銀座は人出があり賑わっていましたね。」と仰る。恐らく、週の半ば水曜日なので終電までにほとんどの人が帰宅されるというのが実態だ。新橋でご乗車いただいたこのお客様だが、やっと拾えたというのに、「築地までお願いします。」ということで。(笑)

22時過ぎに出庫して、近所のローカル駅前を空車のまま通過。お客様が立っていないぞ。幹線道路に出て都心に向かう。最初の仕事は無線配車だった。ローカルのホテルに到着後、ドアボーイさんに通す。随分待った。待つこと30分。うちのタクシーが1台来た。追加で呼んだようだ。やっとお客様がお見えになった。忘年会のお開きだろう。チケットをお預かり接待されたお客様がご乗車。船橋までだったので安堵する。待機でメーターが出ていたのでいい金額になった。この後八重洲でサラリーマン3人組を乗せて6千円くらいの仕事。あとは中々いい仕事が拾えず、都心の歓楽街各地を彷徨う。苦戦が続いた後、サラリーマン二人組にご乗車いただき小平市まで行ったので何とか数字をまとめることができた。青タンが切れたが目標まであと4千円。しかし、これはあくまでもネットの数値目標。経費分(帰路高速代金や消費燃料代金)であるグロスの数値やらなければならない。一気にやって早く上がろう。今日は午前7時過ぎに上がり。

nice!(0)  コメント(2) 

危機一髪衝突回避 [タクシー]

本日未明の事だが、恵比寿から町田までのお客様を乗せて首都高から東名町田ICに向かった。
天気予報の通り、昨晩から南岸低気圧の影響で関東全域は雨模様。風雨の影響で視界は悪かった。用賀を過ぎて多摩川辺りだろうか、3車線の一番右、追い越し車線を走行していると、白い乗用車が中央分離帯に衝突して停止しているのが目に入った。咄嗟にハンドルを左に切り危機一髪回避した。視界が悪かったので回避が少し遅れたようだ。安堵したのはいうまでもない。事故を起こした車両の部品も少し散乱していた。幸いにも踏まずに済んだようである。恐らく事故を起こして間もない状況である。視界の悪さに加え、あんな追い越し車線に停止していると突っ込まれる可能性が大である。ドライバーは避難したのであろうか。咄嗟の回避だったので車種などはまったく確認できなかった。
町田市内でお客様降車後、コンビニでトイレ休憩のあと町田ICから東名に乗った。東京ICを過ぎた多摩川当たりで赤色灯が派手に光っているのが見えてきた。事故現場を通過間際に見ると、2~3t車のトラックが停車していたので恐らく突っ込んだものと思われる。間違いないだろう。お気の毒である。事故現場の後続は渋滞になっていた。
とにかく悪天候で視界が悪い時の高速道路は怖い。事故を起こしたドライバーに問いたいのは、スピードの出し過ぎや、車のタイヤの摩耗状態など把握していたのだろうか?追い越し車線の路面には水溜まり状態になっている場合が有り、スピードを出し過ぎた場合タイヤの摩耗が大きいとハンドルを取られたりスピンを起こす。
タクシーも稼ぎ時の師走だけに事故には十分注意して営業しなければならないと、ここで気を引き締めたい。絶対無事故で年内の仕事を無事に終えよう。


nice!(1)  コメント(0) 

お買い物タクシー [タクシー]

今日の深夜の話だが、都心から城西方面の郊外に行った帰りの話である。
もう午前3時を回ろうとしている。環八の外側で無線配車があった。暇な月曜日深夜なので配車を受けてみた。個人宅である。ここから都心まで、或いは羽田空港までだといい仕事になる。期待に胸を膨らませながら配車先に向かった。5分くらいで到着し、インターフォンを押したが返事がない。そのあと無線室から私の携帯に連絡があり、先方様に到着の連絡を携帯電話に入れたそうだが電話に出られないという。10分過ぎた頃であろう。ガチャガチャと玄関ドアが開く音が聞こえた。70代前後のご婦人が上下スウェット姿で立っているのだが、声を発せず直立不動状態で立ったままだ。よく見ると、いわゆる足の不自由な方が使用する歩行器を使っている。私は声を掛けた。「個人タクシーです。お迎えに参りました!」

か細い声でこちらに来てくれという。手に持っていた500円玉を出して私にくれるのだ。チップなのだろうか!?玄関は階段を数段上がる高い位置にある。階段なので歩行器は使えない。私の手を介して何とかご乗車いただいた。歩行器はトランクに積んだ。こんな夜中にどこに行くのだろうか!?病院ではあるまい・・・。
行先はここから200mほど離れた幹線道路にあるコンビニ。ここで酒の具体的な銘柄と本数を告げられ、あとライター3本を買ってくるように頼まれる。(笑)万札を渡された。お安い御用である。用を済ませてご自宅に戻る指示を受ける。降車からご自宅玄関の中までは、上り階段なので少しばかり力の要る介助になった。

最後にお客様に一言言うのを忘れた。ただのお買い物だったら、わざわざ苦労して乗る必要が無かったのに。買い物だけを頼めばいいのにと。乗降に時間が掛かるのでタクシー運賃が余計に出るし、運転手も介助が要らないので助かる。高齢化社会を象徴するエピソードの仕事であった。


nice!(0)  コメント(0) 

客からパワハラを受ける [タクシー]

客を怒らせたには違いないがここまで侮辱されるとは思いもよらなかった。これは私のタクシー人生二十数年でも滅多にない珍しいくらいの暴言の数々で人権侵害されるほどの侮辱を受けた。
先日の話だが、平日の午前中に目黒区のとある住宅街にあるマンションの無線配車を受けた。ジャパンタクシー配車だ。もう上がろうと思っていたが、以前ここの配車で羽田空港に行った記憶があるので、色気を出して配車を受けたのである。ところが、出てきた客はまったく違う人物だった。(笑)仕事を終えて悔いたのは言うまでもない。では、経緯の詳細を以下の通り報告したい。

車が行きかえないほどの狭い一方通行路のマンションの前だ。男性客が乗車して目的地を告げられた。
「浜松町方面に行きます。誘導しますから。」タクシーを出すと。
「突き当りを左で直ぐに右!」
突き当たって狭い路地1本目を右に曲がるとバス通りに出るが、出口に工事車両が停まっていて取りぬけるのがギリギリ。ここで、なぜ1本目を曲がったのか!?という疑問が生じた。あそこは2本目を右に曲がるのが幅員の広い道で楽にバス通りに出られるのだ。この住宅街は以前勤めていたタク会社が近所にあったので周辺の道は熟知しているからだ。
「信号は斜め右!」
元競馬場の信号待ちで車間を開けて停車しているバスがいる。道が狭いから車間を開けて信号待ちしていたのだ。その後ろに一般車両が路上駐車。後方で止まると・・・
「このバスを追い越して直ぐに路地を左!」
おいおい、この狭いクランクの路地を通らせるのかよ。そして目黒通りに出る。もう10時を回っているので道は空いていた。車線の変更まで指示する。どうやら客はスマホのナビで私を誘導しているのだ。運転しにくいのは言うまでもない。ストレスの溜まる客の誘導である。白金台を抜けて清正公交差点に差し掛かると左曲がって右!」
ここで私は、言った。「お客様、個人タクシーなので道は分かります。この後は国道1号から三田慶應を抜けて芝公園の方でしょうか?」
この時客は切れた。
「あー国道100号だよ!」
私は笑みを浮かべて「国道100号ですか!?」
「国道1号なんて知らねーよ。なんだその口の利き方は!お前そんな接客はあるのかよ。俺が誘導しているのに。三田慶應ってどこだ?慶應ったら新宿だろ!おい!」新宿の京王を思い浮かべたらしい。
思いもよらない暴言を受けて唖然とするが、申し訳ございませんとお詫びをした。しかし、暴言は収まらなかった。「お前はどこの大学出ているんだよ!おい!」
「中卒です!」とわざとごまかして言ってみた。
「お前、だからこんな馬鹿な口を利くんだな。」

その他暴言は止まることなく誘導されて目的地に到着した。クレジット決済を終えると。
「お前は日本人か?これは苦情の対象だよ!この馬鹿が。全部録音しているからな。憶えておけよ!」捨てセリフを残して降りていかれた。我ながら切れることなく済んだ。客と喧嘩しては本末転倒である。これも長年の経験で様々な客の対応に慣れているからだと思う。それにしても酷い客だった。恐らく私より年齢は下の客だと思う。たとえ客であろうと、年上の人間に対してあり得ない暴言の数々。日本人としての道徳はないのか?逆に聞きたいくらいだ。甚だしい人権侵害である。この客はそれなりに学歴もあり仕事も出来る方であろう。故にプライドも高い。自尊心が高いから私に口を挟まれて切れたと推測する。こういう場面で人格、人間性が露見したのだ。

録音していると言ったこの客だが、ほとぼり冷めて録音した自分の暴言を改めて聞いた感想は?恐らく自分の暴言に引いてしまったのではないだろうか。人権侵害で訴えられてもおかしくない暴言だということが分かるだろう。日本国憲法には基本的人権が定められている。それらを全く無視する暴挙であることはいうまでもない。
運転手に馬鹿だのチョンだの。馬鹿はどちらでしょうか?まず、タクシーの乗り方を教えてあげないといけない。タクシーに乗車したら、運転手に目的地を告げてカーナビに住所を入れてもらう。あとは黙って座っていればよいのだ。どこの世界にプロのドライバーに対して、ましてや個タクに対して自分のスマホナビで事細かに誘導する客がいるだろうか!?目的地近くで目的地が不明な時に一部誘導してもらうのはまったく構わないが、一部始終だと走りにくくて大迷惑だということを知ってもらいたい。
あとは、私にお前は日本人か?と暴言を吐いたが、自分の顔をよく鏡で見た方がよいだろう。とてもじゃないが日本人には見えなかったよ。(笑)


nice!(0)  コメント(2)