So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

時代の流れにぼやくお婆さん [タクシー]

午前中、青山通りの南青山で押し車のカートを携えたお婆さんにご乗車いただいた。
乗車されると、「家を出て青山通りに出るまでに煙草の吸い殻3本も拾ったわよ!」と仰る。品の良い感じのお婆さん。愚痴を言ってすいませんと言い話し始めた。何でもここ南青山に住んで68年になるという。戦後間もない昭和25年からになる。昔は煙草の吸い殻なんか落ちていなかったという。それは周辺が住宅ばかりだからマナーの悪い人は居なかったという。近年オフィスビルができて人の出入りがあるため、煙草の吸い殻のポイ捨てが横行しているという。それが、従来の紙巻たばこではなく電子タバコの吸い殻だというのだ。人ばかりでなく煙草さえも時代を反映しているということか。お婆さんのお住まいになる南青山の地域は、そんなに広くはないし住居よりオフィスビル等商用の建物が多いのではないだろうか。それに一等地なので高くて一般庶民は住めない。故に治安は良いだろう。




nice!(0)  コメント(0) 

遠回りを指摘するお客様 [タクシー]

金曜日の夜、高田馬場で無線配車を受けた。
目的地は川崎市の武蔵小杉。ルート確認をするとお任せすると言われたが、前回は遠回りだったと仰られた。なんでも東名川崎ICで降りて随分遠回りで失敗だったとこぼされていた。個タク指名なので恐らくうちの事業者だと思うが、それはいくらなんでもあまりにも酷いあり得ないルートではないだろうか。地図を確認してみると、目的地の方角から西の方へ離れていき、降りた東名川崎ICと武蔵小杉との距離は、山手通りの大崎郵便局から武蔵小杉の距離より長いことが分かった。それだけ余計に走ったわけだ。私の提案したルートは、出発地が高田馬場駅前からの通りと諏訪通り交差点だったため、大久保通りに出て山手通りから首都高山手トンネル初台南入口から乗って五反田出口を出て中原街道を下った。運賃は9,410円首都高代金は350円。東名川崎で降りると1.5万円くらいは出るのではないかだろうか!?お客様もお仕事の残業帰りで自腹ではないようだが、あまりにも酷い遠回りだ。自腹のお客様なら苦情の対象であろう。お客様が道を知らないことをいいことに故意に遠回りをした行為は明らかである。個人タクシーの信用を失う行為である。

nice!(0)  コメント(9) 

対応の異なるタクシー無線 [タクシー]

hibiya20.jpg


タクシーを呼ぶとき、タクシー会社により無線配車の対応は異なる。概ね同じ対応だと思うが会社により若干の違いはあるだろう。先日のことである。
大田区にある友人宅を訪問。お酒を飲んだので帰りはタクシーで帰ることにした。
前回お願いした大田区・世田谷区界隈を中心に営業している荏原交通さんに電話した。午後2時過ぎにも関わらず何度電話しても繋がらない。仕方なくKmタクシーさんに電話すると一発で繋がった。女性のオペレーターさんが出た。住所とマンション名を告げ、到着したらマンションのインターフォンを鳴らして欲しいと注文すると、道路上の駐車待機であればそれは出来ないと断られた。では、到着したら電話を頂けませんか?と言うとそれも出来ないという。到着する頃に外に出ていかなければならないということだ。別にそれでもよかったのだが、荏原交通さんはインターフォンを鳴らして到着の旨の伝えてくれたので、同じように対応をしてくれると思ったのだ。電話の横でやり取りを聞いていた友人は「そんなことも出来ない会社は断れ!」と激怒している。(笑)
車寄せのない路上駐車であれば交通違反になるのでkmさんの対応は間違っていない。客が到着の電話をくれないかという我儘な注文。これには経費が掛かる。故にお断り。正当な理由であろう。友人が激怒し、ことごとく我儘な注文は断られたので断ることにした。そして再度荏原交通さんに電話すると、「荏原交通でございます!〇〇様でございますね?・・・」と女性オペレーターさんが愛想良く出た。前回の注文を私の携帯でお願いしたので苗字で尋ねられた。お迎え場所も前回の記録から確認できている。7,8分ほどでインターフォンが鳴り到着を告げてくれた。前回と同じように違う人だがお爺ちゃん運転手が私を迎えてくれた。(笑)

対応の違いは、融通の利く荏原交通さんに対して、四角四面にきっちとしているkmさんの対応というところであろうか。路上駐車でのインターフォンの鳴らす鳴らさないは、ケースバイケースではないだろうか。鳴らしに行くにも、ものの1分も掛かることはないだろう。個人タクシー無線でも指示がある場合は対応している。

地元密着で多くの顧客を抱える荏原交通さん。思い起こせばバブル期でも空車で都心には向かわず空車で唯一幹線道路を下るタクシーだったのが印象に残っている。現在も同じだろう。1乗務で何本くらい無線取るか尋ねると、だいたい6~8本だと言う。これは多いよね。

友人曰く荏原交通さんは、3.11東日本大震災の時に社長の指示で無償で地元駅からのお客様をピストン輸送したという逸話があるが本当なのだろうか!?この事を迎えに来た運転手に聞いたが知らないという。


nice!(0)  コメント(0) 

非常識な客に惑わされるな [タクシー]

zsw20.jpg


以前、自由が丘で乗せたお客さんにこんな人がいた。
中年の男性客だ。スムーズに走らないタクシー運転手が多いと愚痴めいて言うのだ。よは、「信号に引っかかるな!信号で止まるな!」と暗に言っているわけだ。信号に引っかからないように走るにはスピードを出さなければならない。とんでもない非常識で危険な客である。こんな客に相槌を打つ必要などまったく必要ない。私は終始、客に「そうですか!?」としか返事をしなかった。

朝の時間帯に南青山から五番町まで年配男性にご乗車いただいた。経路は青山1丁目→権田原→四谷駅前→五番町だが、迎賓館前の学習院初等科の辺りで酷い渋滞に巻き込まれた。ようやく四谷駅前を右折できたが、前方をよく見ると警察官やらお祭りのお練りがいた。五番町の方は左折禁止になっている。やむなく迂回。目的地に到着していつもよりだいぶ高いであろう運賃を請求すると。

「あんた運転下手だね!」
こちらは何を言い出すのかとあっけに取られる。ふざけた爺の客である。いつもより高い運賃を俺の運転のせいにされても困るわな。非常識な客である。渋滞でも安全運行に変わりはない。客に急かされて事故、違反で検挙されて損をするのは運転手。客は痛くも痒くもないのだ。

タクシーが実車でスピードを出す原因の一つに非常識な客の存在がある。客に急かされて言うことを聞く必要などまったくない。逆に安全運行に支障をきたすと諭すくらいでないと駄目だ。非常識な客は一部だけで大多数の客が常識的なのである。

nice!(0)  コメント(6) 

積めない自転車 [タクシー]

IMG_6093(Edited).jpg

 

早朝、前方の車がトランク全開(空いたまま)で走行しておりました。よく見ると自転車が積んであるんですね。トランクが全開で上に上がっているから行灯が見えなかったが、やはりタクシーだった。クラウンの170型ロイヤル黒塗り車両で法人タク。個タクでよく使われている車両と同じです。恐らくハイヤーのお下がりで導入したのでしょう。

トランクを締めるゴムバンド持っていなかったようですね。これだと真後ろが見えないし、急ブレーキや事故にでもあえば積んである自転車が落下する事も考えられるので危険です。道路運送法ではトランクが閉まらない荷物はお客様に断れる事になっています。法律で断れることになっているので無理して引き受ける必要はありません。

下記の二号 当該運送に適する設備がないとき。
荷物によりトランクが閉まらない。ルームミラー等の視界を妨げるなど正当な理由になります。

道路運送法13条1項(運送引受義務)
一般旅客自動車運送事業者(一般貸切旅客自動車運送事業者を除く。次条において同じ。)は、次の場合を除いては、運送の引受けを拒絶してはならない。
一 当該運送の申込みが第十一条第一項の規定により認可を受けた運送約款(標準運送約款と同一の運送約款を定めているときは、当該運送約款)によらないものであるとき。
二 当該運送に適する設備がないとき。
三 当該運送に関し申込者から特別の負担を求められたとき。
四 当該運送が法令の規定又は公の秩序若しくは善良の風俗に反するものであるとき。
五 天災その他やむを得ない事由による運送上の支障があるとき。
六 前各号に掲げる場合のほか、国土交通省令で定める正当な事由があるとき。


nice!(0)  コメント(5) 

天下のトヨタ車どうした? [タクシー]

友人の個タク事業者が先週の金曜日にタクシー車両が故障してとんでもない事態になっている事が分かった。ブレーキ系統の故障で部品が届くまで1週間は要すると言うのだ。それから修理して営業再開は連休明けになるのではないかという。愛知県にあるトヨタ本社の拠点辺りから取り寄せるらしいのだが、外車の部品を外国から取り寄せるわけじゃあるまいしこれはまったくもって有り得ない話だ。これは部品のストックがない、品切れということであって急遽部品を生産するということではないのか!?
友人の乗っている車両は現行カムリの前の型でHV車。走行距離は10万キロを超えたところ。約4万キロくらいの程度の良い中古車を購入してタクシー仕様にした車。ご承知の通り代わりの車両が認められていない個タクは営業損失になる。天下のトヨタが一体全体どうしたのであろうか!?

友人もこれまで個タク開業からトヨタ車を3台を乗り継いできたがこんな酷い事態は初めてだと言う。私もクラウンを3台新車で購入して1日たりとも営業損失を出さずにきたのが誇りでもあった。友人のカムリHVはかなりの台数が個タクでも導入されている。そういった情報はまったくもって入らなかったという。こういう情報は積極的に収集しないと入らない。情報交換の大切さも必要である。組合がこういった車両のメンテナンス情報等にも関与していただくと組合員は安心して車両を購入できる。友人の同意を得てこの記事を掲載しました。

nice!(0)  コメント(2) 

マイルスを聴け!! [Jazz]

仕事に疲れたらマイルスの演奏が何よりの癒しになる。渋すぎる!

マーカス・ミラーは、マイルスに告白した。マイルスと初めて共演したことをタクシー運転手に自慢したが、運転手は「ヤツはいい歌手だよ!」と言った。マイルスを茶化すマーカス・ミラーが面白い。




nice!(0)  コメント(0) 

厚生労働省から苦情が入る [タクシー]

bat.JPG

苦情の概要は写真でご確認ください。
公道において、自分たちで勝手に暗黙のルールを作りタクシー乗り場にする。近距離だと乗車拒否をする。厚生労働省のここは長距離乗り場で、あそこが近距離乗り場。そんな勝手なルールを厚生労働省の職員さんに強要するのだから呆れたもんである。それも昨日今日の話ではない。長年の慣習になっている。その他総務省からも同様の苦情が入っているという。

私は霞ヶ関には付けない。1~2時間も並んで410円~5千円では採算が取れない、割に合わないからだ。鼻番になって410円のお客様でも乗車拒否は出来ないということです。並んでいる人は、それを覚悟の上で順番を待つ。それが嫌だから私は並ばない。


「改善が見られなければ契約解除を検討せざるを得ない―」ということです。契約解除になれば、少なくとも流している事業者にだって影響が出るわけです。契約しているチケットを持っているお客様が消えるわけですから大きな損失に繋がる。誰が責任を負うのか?これまでチケット改ざんでチケット契約解除もあったでしょう。それでも除名処分で組合を追い出すだけだ。組合の罰則規約に損害賠償も課すべきではないのか?そうでもしないとこういった不適正営業、乗車拒否は根絶しないだろう。例えば不適正営業により顧客から契約解除を通告されたら、組合及び組合員に損失を与えたとして、毎月10万円を10年間に渡り損害賠償を支払う等。



nice!(0)  コメント(6) 

5月14日付東京交通新聞を読んで ② [タクシー]

記事:新経連(新経済連盟)「ライドシェア新法」案 関係省庁に提出
楽天社長三木谷氏が訴えるライドシェアだが、これが認められると地方都市並びに東京特別区も確実にタクシー運転手の収入減という打撃を被るに違いない。タクシー会社、個人タクシーも存亡の危機が懸念される。

三木谷氏が提起する問題点
1.訪日外国人の対応は、東京特別区(23区・武蔵野市・三鷹市)に至っては既存のタクシー台数で足りるのではないか。近年の需要傾向として、深夜から早朝にかけての需要は少ない。稼動時間帯を日中の時間帯中心にシフトさせることにより対応できる。深夜0時から早朝6時までの稼働台数を減らし朝7時~深夜0時までの時間帯に細分化したシフトも組める。個人タクシーも協力する必要があるだろう。

2.人手不足については前回の記事の通りで、まったく需要に対して運転手は不足していない。

3.プラットフォームの責任について【無届けドライバーの仲介禁止、犯罪歴・重大事故歴の人の排除、1日当たりの運転上限時間の設定。重大事故時の諸官庁への報告、ドライバーの利用停止措置。事故被害者からの直接請求に応じる。】無届けドライバーの仲介禁止とあるが、具体的な予防策が示されていない。本人に入れ替わる等様々な違法行為が予測できる。そして一般人のドライバーの運転技量に当然ばらつきが有り、まったく不明な点。タクシーと同じ営業行為なので第二種普通自動車免許取得は必須である。また、一般人のマイカーの整備状態、自賠責保険、任意保険加入の有無等も不明。相乗りは既存のタクシーで出来る。以上のことから、まったく安心・安全が担保できず犯罪の温床となる懸念が十分ある。

歓楽街には白タクが横行している。そして飲食店が一般人のマイカーに報酬を払い店の女の子を家まで送らせる。“送り”と言われる行為がある。また、中国人による中国人観光客のための白タク行為もある。このような白タク及び類似行為が横行している中でライドシェアなど認めると大変ことになるであろう。三木谷氏はタク業界に首を突っ込み儲けようとしている。正に利己主義。利己主義とは、自己の利益を重視し、他者の利益を軽視、無視する考え方。私は個人的にネットショッピングは昔からアマゾンで楽天は幸いにも一切利用しない。これからも永遠に利用はしないだろう。




nice!(0)  コメント(12) 

5月14日付東京交通新聞を読んで ① [タクシー]

見出し一面の記事は、新経連(新経済連盟)「ライドシェア新法」案 関係省庁に提出である。新経済連盟は、三木谷浩史 楽天社長が代表理事の経済団体。

以下ウイッキペディアによると【インターネットを利用したコンテンツ産業を行う企業群が参加する経済団体。「eビジネス、ITビジネスをはじめとした様々な新産業の発展を通じ、国政の健全な運営、地域社会の健全な発展に資すること」、「新産業の公正かつ自由な経済活動の確保、促進及びその活性化による国民生活の安定向上に寄与すること」を目的とする】とある。 その他『超観光立国』の実現に向けてと具体的に持論を展開している。その中にホームシェア、ライドシェアがある。

以下東京交通新聞記事『新経連はライドシェアの必要性について訪日外国人の増加とタクシー業界の人手不足を挙げて「シェアリングエコノミー(共有型経済)によって課題を解決することが求められている。プラットフォーム、ドライバー双方に責任を課す制度設計で安全性の担保は可能』としている。『ライドシェアプラットフォームの責任として、無届けドライバーの仲介禁止、犯罪歴・重大事故歴の人の排除、1日当たりの運転上限時間の設定。重大事故時の諸官庁への報告、ドライバーの利用停止措置。事故被害者からの直接請求に応じる。』などとしている。

読んで違和感を覚えたのは、まずタクシードライバーの人手不足というところである。これはタクシー会社が長年訴え続けている愚痴にも似た言い訳で、実態とは乖離している。これが新経連に付け入る隙を与えた要因でもあろう。タクシー会社は今も昔も増車意欲が旺盛だ。台数が多ければ多いほど利益も多くなる。大手タク会社のブランド力を活かしたグループ化も良い例である。タク業界は近年様々な営業戦略を打ち出してきたが、運転手の収入はパイ(需要の総体量)の分け合いで収入は微増という程度で中々上がらない。突出した需要が上がらない限り運転手の大幅な収入増とはならないだろう。パイがさほど変わらない現状で我々運転手の収入がいったいどれだけ上がったのかと問いたい。認可を受けた台数に対してドライバーが少ない、集まらないのであれば適正な台数に戻す。未だまだタクシーの台数は多すぎると感じる。運転手の収入を上げるには台数の削減が最も効果を上げる方策である。陽気が良くなったGW明けの需要は惨たんたるものである。一昨日の深夜(5月14日)辺りは、リーマンショック時、東日本大震災時を思わせるほど人出が無かった。
長くなるのでこの新経済連盟の問題点は次回に述べたい。




nice!(1)  コメント(0)